「コトヴェール」に近い情報
「コト」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「コト」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「コト」に関する記事情報

全力すぎるRPA導入 月316時間を効率化した運用ポイント

ディー・エヌ・エー(DeNA)はRPAを2017年6月に導入した。外部コンサルタントに頼らず、社内リソースでRPAの活用を定着させたことが大きな特徴だ。同社はどのようにRPAを運用しているのか。

3分で知る、ディープラーニングで「できること」「できないこと」

従来の機械学習に比べて、圧倒的な精度を誇る深層学習。しかし、なぜそれが可能なのでしょうか。その仕組みを知ると、深層学習の「できること」「できないこと」が見えてきます。

電通が考える「なぜAI開発は失敗するのか」つまずいて分かった4つのワナ

気が付けば、AIを取り入れることが目的化している。そういったケースは往々にしてあることだ。しかし電通はそうした「自己満足のAI開発」に警鐘を鳴らし、これからのAI開発に必要な視点を語った。

新しい「Windows」が誕生? マイクロソフトの狙いとは:504th Lap

マイクロソフトの方針が「Windows 10」を1つの完成型として定期的なアップデートを繰り返すことで「最新版」を提供するものになったのはご存じの通り。ここにきて新しいWindows投入というウワサがささやかれている。

現場にルールを浸透させるためのテクニック

セキュリティポリシーも含めたルールを全社に浸透させるには、ある程度のコツやノウハウが必要です。まずは受け入れてもらいやすい環境を作ることから始めてみましょう。

AI-OCRとは? OCRとの違い、選定ポイントと導入の注意点

RPAと連携することで自動化の範囲を押し広げるOCR(光学的文字認識)技術に注目が集まる。近年は、機械学習や深層学習といったAI技術を活用するAI-OCRが話題だ。果たしてその実力とは? OCRとの違いや失敗しない製品選定のポイント、導入の注意点を解説する。

部下をつぶす、その言動

部下とはきちんと対話できている――そう思っているのは上司だけかもしれません。コミュニケーションのない職場は、ときに部下の病気を引き起こすこともあります。まずはチェックリストで診断してみましょう。

RPAのテストは難しい? 必ず押さえたいポイント

RPAがよく止まるという悩みを抱える企業は多い。原因の1つは、行うべきテストができていないことにある。必要な情報や条件を整理することが難しいテストを、ユーザー部門や開発担当者がどう行えばよいのか――ポイントを解説する。

8文字パスワードもあっさり陥落、次世代のパスワードはこれだ:502nd Lap

Windowsのログオンや各種サービスの利用にパスワードが欠かせない。「8文字以上の大小文字と数字の組み合わせ」であることが多く、「記号の使用も必須」という場合もある。

BIツールの導入状況(2019年)/前編

様々な経営指標を一意に可視化できるBIツール。定例の業務進捗報告などの無駄を解消するツールとして注目を集めたこともあるが、普及の状況はどうなっているだろう。調査ではいっこうに業務が楽にならない現場リーダーの苦悩が垣間見られる状況が明らかになった。

「コト」に関するIT製品情報

失敗しない基幹業務アプリのクラウド移行、3つの選択肢からどれを選ぶべき?

ワークデイ株式会社

企業におけるクラウド利用が年々増加する中、基幹業務アプリケーションのクラウド移行も進んでいる。だが、そのメリットを最大限に享受するには、まずは基盤となるアーキテクチャの特長を把握し、最適なアーキテクチャを選ぶことが重要だ。

重複排除で容量は4分の1以下に、関電システムソリューションズが選んだHCIは?

日本ヒューレット・パッカード株式会社

関電システムソリューションズは、社内のコミュニケーション基盤として構築した3Tier環境を刷新してHCIに移行したことで、バックアップ・リストア環境が大きく改善し、重複排除機能で全体容量は4分の1以下になったという。

「セルフサービスBI」の普及と、規模に応じたガバナンスの実施を両立する方法

Tableau Japan株式会社

シアトル小児病院はセルフサービスBIを導入することで、スタッフの疑問を迅速に解決し、リソース配分の優先順位付けや効率的な治療を可能にしている。同病院が導入したBIプラットフォームから、データ活用を成功させるポイントを探る。

サービスの可用性を劇的に改善、ITオペレーションマネジメントツールの要件とは

ServiceNow Japan 株式会社

多くの組織が抱えるサービスのダウンタイムリスクを解消するためには、IT環境の可用性を追求することが欠かせない。そこで必要となるのが、アラート対応やリソースの割り当てを効率化する、ITオペレーションマネジメント(ITOM)だ。

IT運用管理の“悪循環”の原因、サイロ化と属人化を一挙に解消する方法とは?

ServiceNow Japan 株式会社

IT予算の8割以上が現行業務を回すことに費やされ、デジタル変革に手を付けられないケースが多い昨今。この現状を打破するには、複数の管理ツールによるサイロ化と、アラート対応の属人化という、運用管理の2大課題を解消する必要がある。

「コト」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。