「グーグルストレージ 消費税」に近い情報
「消費税」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「消費税」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説ストレージとは?

「ストレージ」とはプログラムやデータを記憶する媒体と装置のこと。「HDD(ハードディスクドライブ)」や「テープストレージ」「フラッシュストレージ」のような半導体記憶装置の他、「記録型CD」や「記録型DVD」といった光学ディスクメディアにデータを読み書きする「光学ディスクドライブ」もこれにあたる。ストレージをネットワーク経由で利用する「ネットワークストレージ」技術や製品、サービスも数多く登場しており、「NAS」「SAN」「ストレージ仮想化」「iSCSI」などがネットワークストレージに関連する。さらに、インターネットやクラウドを介してストレージを利用できるオンラインストレージやファイルストレージ、クラウドストレージサービスもある。

「消費税」に関する記事情報

インボイス制度とは? 適格請求書の書式や発注者側の準備、実施スケジュールのまとめ

2023年10月よりインボイス制度がスタートする。正確には「適格請求書等保存方式」。大まかに言えば「課税事業者」が発行する適格請求書(インボイス)に記載された消費税の税額しか仕入税額控除ができなくなる。どんな影響があるのか? インボイス制度について分かりやすく説明していこう。

あと2カ月! 増税対策「ほとんどできていない」業界が明らかに

帳簿の変更、インボイス制度、軽減税率対策………。消費税のルール変更まであと約2カ月。対策はどのくらい進んでいるだろうか。アドビ システムズの調査から、現段階の対策状況はまだ不十分であることが明らかになった。さらにその中でもある業界の対策が遅れているという。

増税後の「“2階建て”請求書」 何がどうなる? 税理士が解説

「10%か、8%か」だけではない。2019年の消費税率引き上げをきっかけに、企業にとっては仕入れや請求書の発行、帳簿の記録を大幅に見直す必要がある大規模なルール変更が待ち構えている。猶予期間や救済策はどうなっているか、順を追って整理しておこう。

中堅・中小企業のIT支出、プラス成長は2019年までか

国内の中堅・中小企業(SMB)向けIT市場は、2019年までプラス成長が予想される。しかし、2020年以降は、消費税の増税などによって成長が鈍化する可能性が高い。

消費増税と販売管理システムの関係

2014年4月から8%に増税される消費税。2015年には10%に上がることも計画されるが、システム変更を余儀なくされるのが、会計はもちろん請求書発行や仕入管理などを行う販売管理システムだ。果たしてその影響とは?

「消費税」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。