「クラウドファイルサーバ 比較」に近い情報
「クラウドファ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「クラウドファ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説ファイルサーバとは?

複数のユーザーでファイルを共有できるようになっているネットワーク上のサーバのこと。ファイルサーバでは演算処理などを行わないので、古いコンピュータに容量の大きいストレージを取り付ければ十分使える。ストレージ製品の中にはファイルサーバ機能を内蔵した「NAS」製品も数多く提供されている。

「クラウドファ」に関する記事情報

国内パブリッククラウド市場、2020年には1兆円規模に

「クラウドファースト」から「パブリッククラウドファースト」に。2018年の国内パブリッククラウドサービス市場規模は、前年比27.4%増の6663億円となった。

クラウドファースト時代のバックアップ&リカバリー運用術

大量の仮想マシンが並ぶ環境を効率よくバックアップするには? 運用の極意とリカバリーの新技術を紹介する。

クラウドファーストからクラウドマストへ、大きく変わるデータセンターの選定基準

どうしても自社でIT資産を保有しなければならないという場面が減ってきている。クラウドマスト時代のデータセンターに求められる要件とは一体何か? 2つの視点で紹介する。

「統合運用管理ツール」大全、ハイブリッド環境で何が変わる?

クラウドファーストが浸透する中で運用管理の問題に直面する。オンプレミスとクラウドの混在環境で異なる運用の仕組みが並立し、サポートデスクも分断といった課題を解決するツールとは?

「クラウドファ」に関するIT製品情報

今の環境で十分? クラウドファースト時代のBCP/DRソリューションの選び方

arcserve Japan合同会社

クラウドファースト時代では、どのようなクラウドサービスを選択し活用するかは企業にとって重要な課題である。このことは、バックアップやリカバリー環境を構築する上でも同じこと。クラウド選択の課題を解決するための最適解を探った。

クラウドERPの5つのビジネス価値:コストやコンプライアンスにもたらす変化とは

SAPジャパン株式会社

クラウドファースト戦略を多くの企業が進める中、基幹システムを担うERPにもその波が押し寄せている。そこでコストやコンプライアンスなど5つの側面から、クラウドERPがもたらすビジネス価値を考察する。

クラウドファースト時代のデータ管理に必須、「次世代iPaaS」の8つの要件とは?

インフォマティカ・ジャパン株式会社

デジタル変革でデータが増大する中、スピードや拡張性に優れたクラウドの導入を考える企業が増えている。そのメリットを生かすためのデータ管理アーキテクチャにふさわしいのが、クラウド統合ハブなどの機能を備えた“次世代iPaaS”だ。

Oracle DB環境をワンクリックで構築――DBのクラウド移行における最適解とは

富士通株式会社

クラウドファーストを方針にICT環境の刷新に取り組むカネカだが、利用しているOracle Databaseのクラウド移行には技術や運用に伴う課題が浮上していた。解決策となったのは、クラウド上でOracle Databaseの全機能を提供するPaaSだった。

“次世代iPaaS”で革新する、クラウドファースト時代のデータ管理術

インフォマティカ・ジャパン株式会社

クラウドファースト時代の現在でもデータの重要性は変わらないが、データ量の増 加やソースの多様化により旧来の管理方法は限界を迎えている。そこで注目したい のが、オンプレミスやクラウド、ビッグデータにも対応する次世代の管理方法だ。

「クラウドファ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。