「クラウド バックアップ サービス」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「クラウド バックアップ サービス」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説バックアップとは?

バックアップとは、万一、ITシステムに障害が発生したときに迅速に元の状態にシステム情報やアプリケーションデータをリカバリー(またはリストア)できるように、別のストレージ領域にこれらの情報の複製を保管しておくこと。また、バックアップツールとは、こうした作業を円滑かつスピーディーに行うための機能を備えた専用ソフトのことを指す。従って、バックアップ機能だけでなくリカバリーの機能も含めてバックアップツールと呼ばれている。通常、バックアップは複数のバックアップ対象サーバから同時に実行することができる。リカバリーしたい場合、バックアップサーバのディスク上にデータが保存されているときはディスクからリカバリーされ、ディスク上に無い場合にはテープからリカバリーされる。バックアップでは、バックアップすべき頻度、ハードウェア環境(Backup to Tape、Backup to Disk、D2D2Tなど)、ネットワーク環境(帯域、WAN経由、LAN経由、SAN経由など)により、テープバックアップやバックアップサービスなどを使い分けることで作業効率が改善される。

「クラウド バックアップ サービス」に関する記事情報

Arcserveが国内でクラウドバックアップ/DRサービス強化、自前でDCを提供

Arcserve Japanがクラウドバックアップ、ディザスターリカバリー(DR:災害復旧)施策を強化。自前のデータセンター提供の他、小規模拠点やエッジデバイスの一元バックアップを視野に入れたサービス提供を開始する。

Office 365のデータを無制限バックアップ、NTT Comが発表した新サービスとは

「Office 365のデータはクラウドにあるから安心でしょ?」と思うユーザーも少なくない。だが、万が一データが消失したときのことを考えているだろうか。NTT ComはOffice 365ユーザー向けに新バックアップサービスを発表した。

「クラウド バックアップ サービス」に関するIT製品情報

クラウドバックアップの難題、コストと機能のトレードオフをどう解消する?

株式会社ネットワールド

近年導入が進んでいるクラウドバックアップで利用されるクラウドストレージにもクラウドサーバ(IaaS型)にも一長一短がある。そこで注目したいのが、従来型クラウドバックアップの課題を解消する新たなクラウドサービスだ。

DR/BCP対策にも最適、検証で見えたクラウドバックアップサービスの実力とは

株式会社ネットワールド

バックアップやレプリケーションの環境をクラウド上に構築するソリューションが注目されているが、操作感や性能に不安がある企業は少なくない。操作感やスループット実測値に関する検証結果を基に、その実力を探る。

バックアップの堅牢性やコストの課題、その解決策として「AWS」が選ばれる理由

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

拡張性や運用コストなど、バックアップシステムが抱える多数の課題を解決する手段として、クラウドサービスが選ばれるケースが増えている。中でも堅牢性やコスト面で優れているのが、AWSを利用した国内バックアップサービスだ。

IT専門担当は不要、AWSの導入/運用にまつわる不安を解消するサービスとは?

ファーストサーバ株式会社

企業のクラウドサービス利用率が右肩上がりに上昇する中、社内リソースやコスト、バックアップ、セキュリティなどの懸念から導入に踏み切れない企業も多い。そうした企業のクラウド導入を後押しする、強力なマネージドサービスを紹介する。

クラウドバックアップサービス

日本電気株式会社

パブリッククラウドでも安心のセキュリティ対策

「クラウド バックアップ サービス」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。