「ガントチャート 開発」に近い情報
「開発」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「開発」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説開発とは?

ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大に伴い、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレーターが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。 一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアに掛かるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守に掛かるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

「開発」に関する記事情報

「クラウドRPA」とは? オンプレミス型との違い、3つのタイプを整理

「RPAのコストが高すぎる」「RPAの対象業務が少ないない」「開発や運用を担える人材がいない」――課題の解決を目指した「クラウドRPA」がブームとなりつつある。クラウドRPAの利用形態と、それぞれのメリット・デメリットを整理した。

RPAで店内の売り場チェックも効率化――西友が情シス主導で2万時間削減した舞台の裏側

情報システム部がけん引するRPAプロジェクトで2万時間に上る業務時間を削減した西友。情報システム部が主導するメリットや開発フローのポイントなどを「BizRobo! LAND 2019 TOKYO」で語った。

データの地産地消で地域福祉に貢献する「すれ違いIoT通信」って何?

「あのお宅のご老人、最近外で見掛けないけど大丈夫かしら」などと心配してくれるご近所の代わりをIoTデバイスが務める地域の見守りシステムが誕生しそうだ。Wi-SUNとWi-Fiなどを組み合わせた「データの地産地消」により、高齢者見守りなどを低コストに適時実施できるようにするのが「すれ違いIoT通信」。一体どのような仕組みなのか。同技術を開発した国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)に取材した。

NPSは顧客満足度(CS)と何が違うか? KDDIが採用した法人顧客エンゲージメントの新指標、その意味と意義

顧客の満足度を測る新しい指標「NPS」は、今までの顧客満足度(CS)と何が違い、どう効果を生むのだろうか。効率の良いサービス開発に向け、顧客エンゲージメント指標を採用したKDDIの狙いを聞いた。

どん底の町工場が手組みの基幹システムでV字回復、過去最高益を出せたワケ

従業員約30人で事業を支える今野製作所。リーマンショックの打撃で売り上げが激減、窮地に立たされた。業績回復に向け取り組んだのは特注品製造の強化。しかし、そのためには生産工程の合理化が必須だった。そこで、SIに頼らず自力で基幹システムの開発に乗り出した。

Twilioが日本法人設立、電話APIを軸にコミュニケーションサービス開発の支援に本気

クラウド型次世代コンタクトセンターソリューションとして、既に多くの実績を持つTwilioが日本法人を設立。国内企業のデジタル変革(DX)拡大を商機とみて日本市場のDXニーズを拾う作戦だ。SIパートナーを拡大し、技術者育成も急ぐ。

調査で分かった「日本企業のDXがいまいちな理由」デキる企業は何が違うか

「ビジネスモデル開発? イエイエ、メッソウもございません」――目先の成果を求める日本企業のDXは総じて保守的。そんな結論が調査から明らかに。この状況で成果を出す日本企業がやっていること、特徴も分かった。

セキュリティビッグデータを視覚化、隠れた脅威を解明する「CURE」誕生

セキュリティ対策の専門組織として企業内での運用が進むSOCやCSIRTだが、組織として最も求められているのが、セキュリティ脅威の早期発見や攻撃行動が判明した場合の対応優先順判断(トリアージ)。膨大なセキュリティアラートや脅威情報の中から、ハイリスクなインシデントを発見して対処するスピードが重要となるが、そのスピードアップに貢献するのが「セキュリティ情報融合基盤」として開発された「CURE」だ。一体どんなものなのだろう。

“野良Slack”を組織に取り込み決裁時間を大幅削減 DeNAの現場はどう変わったか

エンジニアのコミュニケーションツールとして人気に火が着いた「Slack」。今では、開発の現場だけでなく業務部門での利用も進み、システム連携により業務を効率化するツールとしても存在感を増す。DeNAはSlackの利用を現場から組織に拡張したことで、現場の業務は大きく変わったという。

BIツール単独でデータの前処理やAIサービスとの接続も可能に、Domo新プラットフォーム

ドーモは、同社が開発するBIツール「Domoプラットフォーム」の機能を拡張した。機械学習機能やAmazon SageMakerとの統合機能、IoT対応機能などを追加した。

「開発」に関するIT製品情報

帳票ツールかBIツールか? 「紙の帳票」がまだ必要なら考えたい効率化の選択肢

株式会社ラキール

ペーパーレス化が進む中でも根強く残る、紙をベースとした帳票業務。その効率化や自動化を課題とするものの、帳票開発ツールの導入や帳票システムの独自開発は、コスト面・技術面で難しいという企業が「BIツール」に注目すべき理由とは?

業績を左右する人材開発、企業の将来を支えるタレントマネジメントの在り方とは

SAPジャパン株式会社

2700人以上の経営幹部を対象としたグローバル調査によると、企業の業績と人材開発には強い相関関係があるという。各企業による要員管理の傾向やリーダーシップ開発への取り組みから、将来のタレントマネジメントの在り方を探る。

モバイルアプリ活用マーケの成否は開発前に決まる? 企画段階の5つの検討項目

株式会社ランチェスター

モバイルアプリ開発の成否を分けるポイントは、実は社内で検討を始める“企画の初期段階”にある。アプリをただ導入するだけでなく、その後のマーケティングでビジネスを成長させるために、知っておくべき「5つの項目」を紹介する。

SIも運用もアウトソース、三菱商事RtMジャパンの取引リスク管理システム刷新術

キヤノンITソリューションズ株式会社

取引リスク管理システムの運用課題に加え、システム基盤の見直しが迫っていた三菱商事RtMジャパン。そこで選ばれたのが、ハイブリッドクラウド基盤やアプリケーション開発、ヘルプデスクを包括したフルアウトソーシングだった。

印刷時間・紙の費用・外注費を削減、帳票業務の無駄をなくす設計・出力ツール

インフォテック株式会社

帳票業務において、印刷作業に多くの時間を奪われていたり、大量の紙を無駄にしていたりするような企業は今も多い。また、帳票開発を内製化できず、多くの外注コストが生じている企業も見られる。こうした無駄はどうすれば解消できるのか?

「開発」に関する新着セミナー

【Jtestハンズオンセミナー】ツールで行う単体テストの効率化

テクマトリックス株式会社

2020/01/10(金)13:30~17:30

  • 東京都
無料 | 定員8名 | 開発

【Jtestハンズオンセミナー】ツールで行う単体テストの効率化

テクマトリックス株式会社

2019/12/03(火)13:30~17:30

  • 東京都
無料 | 定員8名 | 開発

テスト管理ツール「TestRail」日本語版のご紹介 (Web上セミナー)

テクマトリックス株式会社

2019/12/17(火)13:00~14:00

  • 東京都
無料 | 定員20名 | 開発

「開発」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。