「カッパーケーブルとlanケーブル」に近い情報
「カッ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「カッ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「カッ」に関する記事情報

日本は現金主義とはもう言えない? 増税で一変しそうなキャッシュレス事情

中国や韓国に比べてキャッシュレス後進国だといわれる日本だが、その状況が変わりつつあることが、スマートサウンド・ラボの調査レポートから分かった。さらに、増税を受けてキャッシュレス決済の利用が加速するという。その要因は? 台頭する決済サービスは?

ウェアラブルデバイスが男性の「あの悩み」を解決する?:531st Lap

活動量計やスマートウォッチに代表されるウェアラブルデバイスが普及したことで、毎日の行動を記録したり、かざすだけで電車や飛行機に乗れたりと、今まで不可能だったことが次々と可能になっている。だが、まさかこんなことまでウェアラブルデバイスで解決するとは夢にも思わなかったよ……。

AI(人工知能)の活用状況(2019年)/後編

前編で「AIに関心がある」とした層は回答者全体の約7割を占めることが分かった。しかし「現在活用しているか」と聞くと、まだ足踏み状態。「AIの活用を検討する」とした層の検討分野とは。そして、約3割が「AIを活用しない」と回答した理由とは。

負担の多い業務だけを安易にRPA化するのは間違い――皆が気付かない真実とは

「日ごろ手が掛かっている業務」を基準にユーザー企業がRPA化の対象業務を選定し、必要なロボットを検討する――。こうしたケースは珍しくありません。しかし、ここに思わぬ落とし穴が潜んでいます。

調査で分かった「日本企業のDXがいまいちな理由」デキる企業は何が違うか

「ビジネスモデル開発? イエイエ、メッソウもございません」――目先の成果を求める日本企業のDXは総じて保守的。そんな結論が調査から明らかに。この状況で成果を出す日本企業がやっていること、特徴も分かった。

5G、約7割は自分が何を知らないかも分からない――日本経営者の悲しい実態

アクセンチュアは世界の企業経営層や技術担当幹部など1828人を対象とした第5世代移動通信システムに関する調査結果を発表した。日本では約7割の経営層が5Gに関して、「何を知らないかについても分からない」と回答したことも分かった。

RPAの導入効果を高めるために 「取りあえず人気ツールを導入してみよう」がミスのはじまり

RPAの導入効果を得るためには、最低でも4つのポイントを押さえなければいけません。今回は、その内「RPAの導入目的を明確にする」「目的に応じたツールを選ぶ」の2点について専門家が説明します。「取りあえず人気のツールを入れてみよう」と考える企業は、逆に成功から遠ざかっている――?

DDoS攻撃対策「していない」が約7割 米国通信サービス事業者の闇

米国の通信サービス事業者の約7割がDDoS攻撃を緩和するための対策を講じていないことが分かった。果たして何が壁になっているのか。

調査で分かった829社のセキュリティ対策実態2019

IDC Japanは、国内企業の情報セキュリティ対策 実態調査結果を発表した。2019年のセキュリティ投資分野やCSIRTの設置状況、過去1年のセキュリティ被害状況と被害額などについて明らかにした。

今さら分かった! USBコネクターに裏表がある理由:519th Lap

1990年代終盤に登場した「USB」。PC周辺機器の接続インタフェースをほぼ統一した、ありがたい存在だ。同時にプラグアンドプレイも実現し、複数機器を接続するのも容易だ。最近はモバイル機器などに電力を供給するACアダプターのように使われることも少なくない。

「カッ」に関するIT製品情報

オンプレ監視システムの「録れていなかった」をクラウドで解決

株式会社朝日ネット

従来は、カメラ+レコーダーで構成される監視システムをオンプレミスで運用していたが、最近、カメラの映像データを直接クラウド上に蓄積するソリューションが登場し人気を集めているという。

調査で分かった「RPA」活用の実態、導入/本格展開それぞれにおける課題とは?

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

部分導入にとどまらず、全社的な展開を進める企業も増えてきたRPA。特に活用が進んでいる従業員1000人以上の企業を対象に実態調査を行ったところ、RPAの導入/運用に関する課題や、製品選定で重視すべきポイントが明らかになってきた。

企業アンケートで分かった、無線LAN導入で一番に解決すべき重要課題とは?

株式会社ソリトンシステムズ

軽量コンパクトなモバイル端末の浸透を背景に、無線LANは今や企業活動において欠くことのできないインフラとなった。400社の情報システム担当者を対象に実施したアンケート結果から、無線LANが抱える課題とその解決策を探る。

100日以内で基幹システムをクラウド移行、次世代ERPがもたらす利益とは?

日本オラクル株式会社

従来、ERPは導入にも、その効果を享受するにも時間がかかることが多かった。そこで注目されているのが、ゼロからのERP移行を100日以内で実現でき、導入初日から役職・役割に応じた環境が利用できるクラウドERPだ。

オールフラッシュアレイ選定ガイド:12社25製品を比較して分かった推奨製品

日本ヒューレット・パッカード株式会社

優れたパフォーマンスやTCOの削減効果から導入が広がるオールフラッシュアレイ。ただ、市場に多数の製品が出そろったことで、その評価も難しくなっている。そこで80以上の製品を比較評価し、特に優れた製品を抽出した。

「カッ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。