「カシャット」に近い情報
「カシ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「カシ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「カシ」に関する記事情報

他人の業務をワガゴト化するために中小ゼネコンが考えた秘策

「つくるひとをつくる」を経営理念に掲げる三和建設は、組織と従業員の関わり方を重視する。しかし、メンバー層から上司への業務報告は一方通行で、経営理念と実際の現場の状況は懸け離れていた。

あの大物がパスワードを解析されたのに大喜び、その理由とは?:534th Lap

最近は生体認証の発達と普及によってパスワードの入力が不要なシーンも見られる。しかし、まだまだパスワードから離れられないのが現実だ。パスワード不要の世界は来るのだろうか……。

データの地産地消で地域福祉に貢献する「すれ違いIoT通信」って何?

「あのお宅のご老人、最近外で見掛けないけど大丈夫かしら」などと心配してくれるご近所の代わりをIoTデバイスが務める地域の見守りシステムが誕生しそうだ。Wi-SUNとWi-Fiなどを組み合わせた「データの地産地消」により、高齢者見守りなどを低コストに適時実施できるようにするのが「すれ違いIoT通信」。一体どのような仕組みなのか。同技術を開発した国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)に取材した。

RPAを現場主導で導入した企業が陥りやすい落とし穴とは

RPAを現場主導で導入した企業ではRPAの効果を継続的に出すために重要な「あること」が欠けている傾向にあります。それは何か、誰が率先してやるべきことなのか――解説します。

電子帳票に挑む、ある中小メーカーの取引先を巻き込んだペーパレス計画

発注書や請求書、伝票などの電子帳票化が進んでいる。しかし、帳票の電子化を進めようとなると突き当たるのがシステム周りの問題だ。中小企業は大手企業ほどの予算も人材もない。本記事では、ある中小企業の事例を基にスグに始められるカンタン電子帳票化メソッドを紹介する。

AI(人工知能)の活用状況(2019年)/後編

前編で「AIに関心がある」とした層は回答者全体の約7割を占めることが分かった。しかし「現在活用しているか」と聞くと、まだ足踏み状態。「AIの活用を検討する」とした層の検討分野とは。そして、約3割が「AIを活用しない」と回答した理由とは。

どん底の町工場が手組みの基幹システムでV字回復、過去最高益を出せたワケ

従業員約30人で事業を支える今野製作所。リーマンショックの打撃で売り上げが激減、窮地に立たされた。業績回復に向け取り組んだのは特注品製造の強化。しかし、そのためには生産工程の合理化が必須だった。そこで、SIに頼らず自力で基幹システムの開発に乗り出した。

スマホやSNS、若者のメンタルに危険? 安全? 最新研究が予想外の結論を導き出して話題に:527th Lap

スマホで動画サイトやSNSにかぶりつきの子供たち。どう考えても心に悪影響がありそうだけれど、最新の研究成果はが斜め上の結論を導き出して話題に。もしかして、非デジタルネイティブ世代の妄想だった………? 真相やいかに。

負担の多い業務だけを安易にRPA化するのは間違い――皆が気付かない真実とは

「日ごろ手が掛かっている業務」を基準にユーザー企業がRPA化の対象業務を選定し、必要なロボットを検討する――。こうしたケースは珍しくありません。しかし、ここに思わぬ落とし穴が潜んでいます。

“ポケモン”の管理はもう限界……G ドライブでもファイルサーバでもなくBoxにしたワケ

ファイルサーバでのデータ共有に限界を感じていたポケモンのBox導入の裏側を同社のIT部門が明かした。Boxと連携すると便利な外部ツール、複数のクラウドストレージの使い分けといった「試行錯誤の上で見いだした」ポイントも伝授する。

「カシ」に関するIT製品情報

“先読み防御”で未知の脅威を防ぐ、次世代エンドポイントセキュリティの実力

株式会社FFRI

テレワークや在宅勤務の普及などにより、サイバーセキュリティのトレンドは境界監視型からエンドポイント監視型へと移り、その手法もNGAVやEDRへと移行した。しかし、コストや運用の懸念はいまだ根強い。これを解決する方法とは?

個人情報の共有も“Webブラウザだけ”で実現、安全で手軽な閲覧環境の実装法

株式会社ラネクシー

あらゆる業種・業態の企業において、ビジネスで利用する機密情報を含むドキュメントを、情報漏えいなどのリスクから守る必要性がある。しかし、業務における利便性を損なわずにセキュリティを確保するのは難しい。

実は簡単、SOC運用が被害最小化とセキュリティコスト削減に効く理由

サービス&セキュリティ株式会社

近年、セキュリティ対策における「運用監視」の重要性が増しているとはいえ、まだ多くの企業や組織がSOC運用は困難と判断している。しかし、「被害の最小化」と「全体的な対策コストの削減」の観点からも十分に検討に値する選択肢はある。

営業報告の理想と現実、営業力を弱体化させる情報共有の「3つの課題」とは?

アステリア株式会社

営業活動を組織としてレベルアップし、的確にマネジメントするには情報共有が欠かせない。しかし、現実には、報告が遅れがちだったり、報告の質が悪かったりと課題を抱えがちだ。そこで、営業に最適な情報共有の在り方を探る。

インフラの構成管理はExcelから自動化へ、ハイブリッド時代の最適解は?

日本ヒューレット・パッカード株式会社

インフラの構成管理を、Excelで行う技術者は少なくない。しかし、ハイブリッドクラウド環境が一般化し、管理・運用対象が増える今、Excel管理では作業が追い付かない。構成情報の収集・管理といったルーティン作業の自動化を図りたい。

「カシ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。