「オンプレミス ワークフロー」に近い情報
「オンプレミス」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「オンプレミス」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説ワークフローとは?

ワークフローツールとは、上長や他部門に対して行われる稟議申請といった業務上の手続きを、事前に定義したフローに沿ってシステム化することが可能なツールのこと。主な用途としては稟議申請や経費精算などで、例えば稟議申請は企業ごとに大きくその運用が異なるが、基本的にはこれまで紙で行ってきた運用を電子化することが前提となるため、稟議内容によっては複雑なルートをたどることもある。また経費精算の場合は、会計システムとの連動が行われることが多いが、事前に設定するフローはシンプルで、複雑なルートをたどることは少ない。

「オンプレミス」に関する記事情報

オンプレミス vs. クラウド、AIの解析に使うインフラはどちらが人気?

AI(人工知能)を利用している企業は、AIによる推論用のITリソースとして、オンプレミスとクラウドのどちらを選んでいるのか。その理由は? IDC Japanが900の組織を対象に調査した。

広がるクラウド財務会計の実力

クラウド化が進む財務会計システムだが、オンプレミスとの違いや注意すべきポイントがある。クラウド環境で利用できる財務会計システムを解説する。

CRMシステムが備える「4つ」の基本機能とは?

大企業向けと中小企業向け、クラウド型にオンプレミス型など、数あるCRMシステムに備わる機能も多種多様だ。しかし、ほぼ全ての製品が共通して備える機能がある。

費用はどれくらいかかるの? 「グループウェア」のコスト感

どうしても気になるのが「導入にどれぐらい金額がかかるのか?」という点。月々支払う「クラウドタイプ」と、一括購入する「オンプレミスタイプ」。さらに、欲しい機能によってさまざまなメニューがあって戸惑いますよね。

オンプレミス型グループウェアからクラウドへの移行手順を考える

「レガシー型のグループウェアから、コストや使い勝手を理由に脱却したい」歴史の長いNotesからの移行を試みるもなかなか抜け出せない企業も多い。

クラウドメールは機能性とUIで選ぶ

誰もが業務に欠かすことのできないメール。オンプレミスのメールサーバでは運用管理に悩む企業も多いはず。クラウドメールサービスの導入における不安を解消する術や留意点を紹介する。

「統合運用管理ツール」大全、ハイブリッド環境で何が変わる?

クラウドファーストが浸透する中で運用管理の問題に直面する。オンプレミスとクラウドの混在環境で異なる運用の仕組みが並立し、サポートデスクも分断といった課題を解決するツールとは?

クラウド新機軸「IDaaS」は広まるか? ID管理がたどる道

ユーザー管理やセキュリティ対策の根幹にあるID管理は、オンプレミスに閉じた環境からクラウドへの展開を加速させる。企業におけるID管理の最新動向を紹介しつつ、数年先を見据えたID管理の最適解を探る。

「統合運用管理ツール」シェア(2013年度)

オンプレミス・クラウドのハイブリッド環境が普及する中でツールがの果たす役割も大きくなるとみられる同市場。シェア情報を紹介する。

「オンプレミス」に関するIT製品情報

担当するサーバは1人当たり平均59台、調査で判明したITインフラ管理の優先課題

Splunk Services Japan

オンプレミスかクラウドかを問わず、ITインフラの規模と複雑さに起因する問題から、運用能力に不安が残る企業が増えているという。2497人を対象に行ったグローバル調査で判明した「ITインフラ管理における最大の課題」とは。

オンプレミスの専有性とクラウドの拡張性を両立、ベアメタルサーバの活用法とは

KDDI株式会社

複雑化した仮想化基盤をクラウドへ移行する機運が高まっているが、既存システムとの相性やネットワーク費用などハードルは少なくない。そこで注目したいのが、オンプレミスとクラウドの利点を兼ね備えた「KCPS ベアメタルサーバー」だ。

マルチクラウドでもサポートの一元化・運用のシンプル化を可能にする考え方とは

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

オンプレミス、クラウドを問わず適材適所のIT基盤を利用できるマルチクラウド環境。これからの情報システム部門は、そのメリットを享受するため、複雑化した基盤運用に取り組まねばならない。マルチクラウド時代の運用体制を考えてみよう。

ハイブリッドクラウドの課題、細分化するインフラや運用ツールをどう統合する?

ヴイエムウェア株式会社

オンプレミスとクラウドとの併用が一般的になってきた中、サイロ化を避けつつ、多様な環境全体を管理するには、ハイブリッドクラウドの実現が欠かせない。そのためには、さまざまなタイプの“統合”が必要になる。

VMware製品による仮想化環境のクラウド移行、サービスに違いはあるのか

日本アイ・ビー・エム株式会社

VMware製品による仮想化環境をクラウドに移行する製品やサービスが発表され、オンプレミスのシステムをハイブリッド環境へと拡張するのは現実的になってきた。そこで気になるのがベンダーによるサービスの違いだ。どのような差があるのか。

「オンプレミス」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。