「オラクル cti」に近い情報
「オラクル」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「オラクル」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説コールセンター/CTIとは?

CTI(=Computer Telephony Integration)は、もともとはコンピュータと電話を統合的に扱うためのテクノロジーで、企業が顧客対応を行うための各種接点で利用されている。従来CTIの導入に当たっては、PBXをコールセンタごとに設置する必要があったが、その後PBXが不要なunPBXタイプやソフトスイッチタイプのソリューションが登場した。

「オラクル」に関する記事情報

6割以上が「信頼できるのは上司よりもロボット」、マネジャーの役割とは

日本オラクルが発表した「職場におけるAI(人工知能)」に関する調査結果によると、「マネジャーよりもロボットを信頼する」と回答した割合は64%に上った。マネジャーに新たに求められる役割とは。

クラウド時代はIDがますます重要に、オラクルが新サービスを提供

クラウド普及に伴って重要性が高まるアイデンティティー管理を、オラクルのクラウド基盤上で実現する2つの新製品を投入する。

もうDBだけじゃない、7支社でSaaS販売網を強化する日本オラクル

オラクルが2017年度の事業戦略を発表。地方での営業力を強化するため国内7支社体制を敷き、特にERP Cloudに注力するという。

「オラクル」に関するIT製品情報

シミュレーション速度が約6倍に、デンソーテクノに学ぶ“ものづくり”の進化

日本オラクル株式会社

製造業の設計においてシミュレーションの役割が大きくなるとともに、HPCの重要性も高まっている。HPCというとオンプレミスが一般的だが、自動車関連の設計を手掛けるデンソーテクノはクラウドに切り替えた。その理由は何だったのか。

下関の冠婚葬祭業社「日本セレモニー」が、勝つためのデータドリブン経営に挑戦

日本オラクル株式会社

現代のビジネスを勝ち抜くためには、データドリブン経営の実践が欠かせない。しかし、M&Aや業務拡大によりシステムの複雑化やデータの分散が生じれば、その実現は困難となる。日本セレモニーがこの課題を克服するために選んだ方法とは?

「攻めのIT」でDXを加速、ウィルグループが基幹システムに選んだクラウドとは?

日本オラクル株式会社

人材派遣事業を主力とするウィルグループでは、オンプレミス環境で稼働する基幹システムの運用負荷の高さに悩んでいた。そこで同社は、「攻めのIT」への投資を増やしDXを加速すべく、同システムのクラウド化を決意する。

40万レコード/日のデータ管理を自動化、全療機が選んだクラウド基盤とは?

日本オラクル株式会社

手技療法を行う施術所に対し、ITを活用した経営支援を行う全国療養費支払機構では、経営支援システムの構築に当たり、膨大なデータの管理と活用が課題となった。負担とコストの大幅な抑制を実現すべく、同機構が選んだクラウド基盤とは?

動画の高画質化で増加するデータ転送量、動画制作会社が選んだクラウドは?

日本オラクル株式会社

B2Bの動画配信サービスを提供するヒューマンセントリックスでは、データ管理と配信システムの安定性に課題を抱えていた。特に悩ましいのが急増するデータ転送量だ。同社はこれらの課題解決のため、あるクラウドサービスに移行したという。

「オラクル」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。