「オフィス365 活用」に近い情報
「活用」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「活用」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「活用」に関する記事情報

全力すぎるRPA導入 月316時間を効率化した運用ポイント

ディー・エヌ・エー(DeNA)はRPAを2017年6月に導入した。外部コンサルタントに頼らず、社内リソースでRPAの活用を定着させたことが大きな特徴だ。同社はどのようにRPAを運用しているのか。

肩越しに手元を見ながら作業を教えてくれる 「遠隔操作ロボット二人羽織」って何?

まるで自分の両手のように自在に動く「二人羽織」ロボット。今後、どういった活用が期待されるのだろうか。開発の背景を聞いた。

AI-OCRとは? OCRとの違い、選定ポイントと導入の注意点

RPAと連携することで自動化の範囲を押し広げるOCR(光学的文字認識)技術に注目が集まる。近年は、機械学習や深層学習といったAI技術を活用するAI-OCRが話題だ。果たしてその実力とは? OCRとの違いや失敗しない製品選定のポイント、導入の注意点を解説する。

裾野拡大が急務となるAR/VRのビジネス利用動向

 VR(Virtual Reality:仮想現実)やAR(Augmented Reality:拡張現実)の技術が広がりつつあるが、実際の法人活用はどんな状況かのか。ビジネス領域におけるAR/VR動向を見ていく。

今のAIブームは単なるお祭り騒ぎか 1541人に聞いたAIビジネス利用実態

第3次AIブームと呼ばれる現在、RPAと並び企業の関心が高いAI。今のブームは一時的な盛り上がりなのか、それとも定着の前段階なのか。それを探るために、1541人の読者に対して勤務先でのAI活用状況について聞いた。

VRとARのビジネス活用はこの1年でどこまで進んだか

IDC Japanは、VR(仮想現実)とAR(拡張現実)の国内ビジネス利用に関する調査を実施した。2017年に実施した調査結果から状況はどう変わったのか。また、VRとARの今後のビジネス活用を阻む要因とは何か。

国内働き方改革ICT市場、順調な市場拡大の裏にある懸念

2017年の働き方改革ICT市場は、2兆2769億円だった。働き方改革を背景としたICT活用が進み、市場は順調に拡大すると予測できる。

RPA×AI連携を数クリックで――Connected-RPAが実現する世界

大手製薬会社のファイザーが、RPAとOCRの連携で22万時間分もの作業を削減しました。AIとの連携でも大きな成果を上げています。また、ある企業はSAPの2025年問題の解決策としてRPAの活用を考えています。RPAを上手に使っていく上で重要なトレンドを紹介します。

Googleドライブで業務効率をアップするための4つの手順

G Suite(旧Google Apps)の中心機能であるGoogleドライブの共有権限を活用して、社内や社外のプロジェクトチームでスムーズに仕事を行うことは業務効率の改善につながります。そのための4つの手順を紹介します。

何でもRPA化で無法地帯……秘伝のロボ術で起死回生した百貨店企業

2016年からRPAを導入し、年間4600時間分の削減したJ.フロント リテイリング。しかし、その過程では「IT部門が関与しないところでRPAが作られ、“無法地帯が生まれる」といった苦労を経験した。苦労の中で編み出した、秘伝のロボット活用術を紹介する。

「活用」に関するIT製品情報

明治座の「基幹システム再構築プロジェクト」に欠かせないと評されたツールとは

JBCC株式会社

東京で長い歴史を誇る劇場、明治座の基幹業務システムを20年以上支え続けたあるツールは、次の再構築プロジェクトでもフル活用が予定されているという。そのツールの実力と今後の展望を、同劇場のIT部門責任者に語ってもらった。

サイバー脅威インテリジェンス入門:種類別特徴と効果

ファイア・アイ株式会社

セキュリティの向上には、脅威情報の活用が欠かせない。中でも有用と目されるのがサイバー脅威インテリジェンス(CTI)だが、ベンダーごとの定義にいまだブレが残る。そこで真に役立つCTIを見極めるための要件を解説する。

Salesforceのデータ入力を月100時間削減、ベネッセコーポレーションの実現法は

グレープシティ株式会社

SFAを活用して顧客/案件管理を行うようになっても、Excel業務から完全に脱却できていなかったベネッセコーポレーション。慣れ親しんだExcelでの入力・管理と、Salesforceをつなげるため、同社が採用した仕組みとは?

データ主導の意思決定のために、IT部門が受け入れるべき「3つの発想転換」

Tableau Japan株式会社

データ量の急増、クラウドからのデータ統合、セルフサービス型データ分析の普及などにより、データ活用は困難になるばかりだ。この環境下でデータに基づく意思決定を実現するには、IT部門に「3つの発想転換」が求められるという。

「セルフサービスBI」の普及と、規模に応じたガバナンスの実施を両立する方法

Tableau Japan株式会社

シアトル小児病院はセルフサービスBIを導入することで、スタッフの疑問を迅速に解決し、リソース配分の優先順位付けや効率的な治療を可能にしている。同病院が導入したBIプラットフォームから、データ活用を成功させるポイントを探る。

「活用」に関する新着セミナー

【導入検討企業限定】SIer不要、自社でRPAを導入・活用するためには?

株式会社オープンソース活用研究所

2019/04/12(金)15:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員18名 | 開発

BtoB企業の戦略的ウェブサイト活用セミナー

株式会社日立システムズ

2019/05/16(木)14:30~17:45

  • 東京都
無料 | 定員30名 | WEB構築

使えるOffice 365活用事例SharePointでの文書管理のコツ

ディスカバリーズ株式会社

2019/04/11(木)15:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員10名 | 情報共有システム・コミュニケーションツール | WEB構築

「活用」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。