「エンケース」に近い情報
「エン」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「エン」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「エン」に関する記事情報

AI対応の期待膨らむクラウドコンタクトセンターの現在地

顧客接点が多様化するなか、最適な顧客体験、いわゆるユーザーエクスペリエンスを生み出すコンタクトセンターが注目されている。このコンタクトセンターの領域にもAI技術の実装が期待されているが、どんな形で実装されているのだろうか。そんなクラウドコンタクトセンターの今に迫る。

エイベックスが「ヒットし続けるエンタメ企業」を目指し奮闘した組織改革の裏側

90年代からヒットを生み続け、2018年も大きなヒットに恵まれたエイベックスグループ。音楽業界は再成長期に差し掛かる中、組織を再編するために構造改革を決意した。同社が目指すは「非連続成長を遂げる企業」だ。

「外付け型ストレージ」シェア(2018年第3四半期)

外付け型エンタープライズストレージシステムの国内支出額は、前年同期比5.6%増の449億5600万円だった。ストレージベンダーがシェア拡大に求められるものとは。

【BI導入事例】2倍の受注に「2倍働く」以外の答えを作る――名古屋のものづくり企業が選んだ方法を取材した

製造工程が「ぶっ通しで20時間」もかかるエンジンを取り扱う三菱重工航空エンジン。受注が増える中でサプライヤー管理や品質管理、需要管理の工程を効率化した。IoTなどの未来志向の技術を、現場の効率化に還元する。何にどう効果があったのか。

ERPの導入状況(2018年)/前編

主要パッケージ製品やバックエンドのサーバ製品の保守サポート終了やクラウドサービスの隆盛など、ERPを取り巻く環境は節目を迎えつつある。加えて工数やコストを抑えて導入できるクラウドERPの選択肢も増えてきた。約1年前の調査と比較して変化はあっただろうか。

「外付け型ストレージ」シェア(2018年第2四半期)

外付け型エンタープライズストレージシステムの国内支出額は、前年同期比0.2%増の383億6200万円だった。前年同期と比べて1位以外の順位が全て入れ替わった。

まだ現役だったの? ついに「ポケベル」終了も血脈は死なず:492nd Lap

1990年代半ばに爆発的に普及した通信サービスが終焉(しゅうえん)を迎える。「ははん、ポケベルね」と思ったあなたは鋭い。しかしそれは半分正解で半分間違っている。

「エンタープライズインフラ」シェア(2017年)

サーバとストレージを合算したエンタープライズインフラの2017年国内市場規模は6346億円だった。トップシェアのベンダーはどこ?

AIが学生を審査? “採用”に踏み込む最新のAIサービス

機械学習や深層学習といったAI技術を採用に活用するケースが増えてきた。本来は、人が担うべき領域と考えられていた採用活動になぜいまAI(人工知能)が乗り出しているのか。具体的なサービスとともに紹介する。エントリーシートの審査や一次面接にとって代わるようなサービスや、AIが自社で活躍できるポスト「ハイパフォーマー」を探し出すサービスもある。

「外付け型ストレージ」シェア(2018年第1四半期)

外付け型エンタープライズストレージシステムの国内支出額は、前年同期比5.4%増。前回調査から半年で上位2社が逆転した。

「エン」に関するIT製品情報

真に統合されたマルチクラウドを実現するために整備すべき「3つのレイヤー」

ジュニパーネットワークス株式会社

マルチクラウドへの移行を検討する企業は多いが、単一のクラウドと同様にシンプルにワークロードをエンドツーエンドで接続・保護することは容易ではない。その実現のために、3つのレイヤーからマルチクラウド設計を考えたい。

エンドポイント保護製品選定ガイド:攻撃の進化に遅れないための5つの機能

ファイア・アイ株式会社

ウイルスやマルウェアの対策に欠かせないエンドポイントセキュリティだが、日々進化する攻撃に常に対応することは困難だ。従来型ソリューションの問題点を指摘しながら、新たなツール選定において重視すべき5つの機能を紹介する。

攻撃可能範囲の急拡大にどう備える? エンドポイントセキュリティの4つの要点

ファイア・アイ株式会社

ビジネスに欠かせないセキュリティだが、従来のネットワークを重視したアプローチは最も脆弱なPCやサーバなどが考慮されていない。エンドポイント保護を目的としたセキュリティ戦略を策定するにあたり、考慮すべき要素とは何か。

運用管理の自動化に必要な観点――ポイント製品組み合わせの“落とし穴”とは?

ServiceNow Japan 株式会社

にわかに関心を集めるシステム運用管理の「自動化」だが、ポイントソリューションの組み合わせでは根本的な解決にならない。重要なのは、パッチ当てなどの作業にとどまらず、可能な領域をエンドツーエンドで自動化することだ。

クローズド環境下で、AIを活用したエンドポイントセキュリティは構築できるのか

NECソリューションイノベータ株式会社

マルウェアをはじめとするサイバー攻撃の侵入経路はインターネットからとは限らず、ネットワークに接続しないクローズド環境でも脅威対策はしておきたい。こうしたニーズに応える最新エンドポイントセキュリティはあるのだろうか。

「エン」に関する新着セミナー

デジタル先進企業の事例に学ぶ クラウドセキュリティ対策セミナー

サイバネットシステム株式会社

2019/04/12(金)14:30~16:20

  • 東京都
無料 | 定員50名 | エンドポイントセキュリティ

エンジニア向けIPv6技術解説

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

2019/04/18(木)10:00~12:00

  • 東京都
5000円(税込) | 定員30名 | ネットワーク機器 | 通信サービス | 運用管理

脅威解析のプロが語る、2019年度サイバーセキュリティ予測

テクマトリックス株式会社

2019/04/12(金)15:00~17:30

  • 東京都
無料 | 定員40名 | エンドポイントセキュリティ

「エン」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。