「エンクロージャーとは」に近い情報
「エン」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「エン」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「エン」に関する記事情報

「エンタープライズインフラ」シェア(2019年)

IDC Japanは国内エンタープライズインフラ市場のベンダーシェアを発表した。上位6ベンダーのうち、3社が二桁増の高成長を達成したという。その3社とは。

日揮グローバルのエンジニアリング環境は? 「すぐ動く」情シスの経済的な合理性の考え方

PoCのコストと本番テストのコストはどちらの負担が大きいか。トライアンドエラーを重視する日揮グローバルのIT投資で選んだ経済性とは。

「外付型ストレージ」シェア(2019年第4四半期、2019年通年)

IDC Japanは国内外付型エンタープライズストレージ市場の2019年第4四半期(10月~12月)および2019年通年実績を発表した。調査開始以来、国内大手3社の合計シェアは最低となった。

スマホ経由の集合知でどうセキュリティリスクを低減? モバイル版「タチコマSA」登場の意義

Web媒介型攻撃対策プロジェクト「WarpDrive」が提供してきたエンドユーザー向け対策ソフトウェア「タチコマSA」のモバイル版「タチコマ・モバイル」が公開された。今までの防御策と何が違うのか。一体どんなものなのだろう。

「顧客体験」に基づくビジネス、成功のカギはどこに?

購買行動に大きく影響を与える顧客体験、いわゆるCX(カスタマーエクスペリエンス)はマーケティング戦略の重要な要素の一つだ。CXの定義、取り組む企業が留意すべき点について考える。

今後IoTデータは5.8倍に? 膨らむデータとともに重要性を増すIoTインフラ市場

IDC Japanは、IoTのエンドポイントデバイスが生成するデータ量は2018年の13兆6億GBから2025年には79兆4億GBに達するという。

花王データサイエンス室が考える「10年使えるデータ活用基盤」の思想とデザインとは

花王のデジタルマーケティング施策を支えるデータサイエンス室は「10年使えるデータ活用基盤」を構築を目指す。ポイントは現場との議論の積み上げ方にあるという。その思想とデザインを聞いた。

「Power Automate」とは? 無料で使えるMicrosoft公式の脱Excel RPAツールでできること

Microsoft純正のエンドユーザーコンピューティング基盤の製品群が「Power Platform」だ。脱Excelツール、セルフサービスBI、RPA……と、今までマイクロソフトテクノロジーの周辺技術とされてきた内容を丸ごと取り込んだ機能の全体像を把握しておこう。

2020年は何が“来る”のか? エンタープライズITを占う10大予測

2020年は「as a Service」の考え方はSIerにも求められ、働き方改革も次のフェーズへと移るだろうとIDC Japanは考える。これに対して、組織は何を考え、どう意識転換するべきか。

“セクシー”からは程遠い? データサイエンティストのぶっちゃけ話

何だか難しいイメージのある「データサイエンス」。そもそもAIとは何が違うのか。自社で実践する際のポイントは? 宇宙物理学を研究していたデータサイエンティストが、華やかに見える職業イメージとのギャップや業務の苦労話を通じて、データサイエンスのツボを余すところなく解説した。

「エン」に関するIT製品情報

追加開発なくSAP ERPと新システムを連携し業務改革を実現

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社

学研は出版物流パッケージをSAP ERPのフロントエンドとして機能させるために、SAP用コネクターを備えた連携ツールを採用。市販受注業務の効率と品質が向上した。

顧客体験を左右するネットワーク、適切なプロバイダーを選ぶ「5つの指標」とは

Twilio Japan合同会社

顧客エンゲージメントを高めるためには高信頼な通信ネットワークが不可欠だが、多様な選択肢がある中、適切なプロバイダーを選ぶことは簡単ではない。そこで各通信ネットワークの長所/短所を評価するための「5つの指標」を解説する。

コンテナ基盤の運用は楽になる? 「VMware Enterprise PKS」の使い勝手を検証

三井情報株式会社

仮想化基盤に続く次世代インフラと目されるコンテナ環境。ただ、代表的な運用ツールのKubernetesでは不足する機能も多い。そこでエンタープライズレベルの運用ツールの1つ、「VMware Enterprise PKS」を使い、運用負担の変化を検証した。

侵入後の対処が重要に、エンドポイントセキュリティとEDRの統合が必要な理由

トレンドマイクロ株式会社

サイバー攻撃が巧妙化し、EPPによる予防に加え、EDRによる事後対処の必要性も高まっている。しかしEPPとEDRを異なるベンダー製品で運用してしまうと、運用負荷の増大と非効率化という課題を生む。両者を効率的に機能させる方法とは。

トロイの木馬から進化し続けるEmotet、業種や規模を問わない脅威への対抗策は

フォーティネットジャパン株式会社

単純なトロイの木馬として登場した「Emotet」は、強力な拡散力を持つ脅威へと進化し、2020年に入った今もなお国内企業に被害を与えている。この大きな脅威から組織のエンドポイントやメールを効果的に保護する手法を探る。

「エン」に関する新着セミナー

データサイエンティストの可能性を最大化!AI運用におけるBPOサービスの活用

マクニカネットワークス株式会社

2020/07/21(火)17:30~18:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | データ分析

データサイエンティストの可能性を最大化!AI運用におけるBPOサービスの活用

マクニカネットワークス株式会社

2020/07/31(金)15:00~15:30

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | データ分析

製造業様向けエンドポイントセキュリティ対策ウェビナー ランサムウェア脅威を正しく理解し、組織が今スグ対策できること

グローバルセキュリティエキスパート株式会社

2020/08/05(水)10:30~12:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | 情報システム | ネットワークセキュリティ | エンドポイントセキュリティ

「エン」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。