「エイケア」に近い情報
「エイ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「エイ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「エイ」に関する記事情報

テレワークで注目のZoomに情報漏えいや乗っ取り? 脆弱性問題とは:557th Lap

テレワーク需要で急速にユーザーが拡大した「Zoom」に発見された脆弱性とは?

EDRやSDPの動向は? 2020年以降のセキュリティトレンド大解剖

スマートフォン決済サービスへの不正アクセス被害や大量の情報漏洩(ろうえい)など、2019年もさまざまなセキュリティインシデントが発生し、あらためてセキュリティ対策の重要性が浮き彫りになった年だった。そこで今回は、2019年上半期に行った国内情報セキュリティ市場予測について見ていきながら、各カテゴリーでの動きや今後のセキュリティにおいて重視すべきポイントなどについて紹介する

2社の事例から学ぶ、組織の情報を守るためのIT機器処分の最善策とは?

ちょっとした手間をかけることでIT機器の処分フェーズにおける情報漏えいリスクは抑えられる。具体的にはどういった対応をとれば良いのだろうか。2社の事例を交えて説明する。

調査で分かった「日本企業のDXがいまいちな理由」デキる企業は何が違うか

「ビジネスモデル開発? イエイエ、メッソウもございません」――目先の成果を求める日本企業のDXは総じて保守的。そんな結論が調査から明らかに。この状況で成果を出す日本企業がやっていること、特徴も分かった。

ついに発生、USBキラーがもたらした「大量殺りく事件」とは?:511th Lap

企業からのデータ漏えいの「主犯格」としてUSBメモリが糾弾されて久しい。カンタンに社内のデータを持ち出せるし、バックアップのつもりで重要データを保存したUSBメモリをウッカリ落としたり紛失したりもする。

エイベックスが「ヒットし続けるエンタメ企業」を目指し奮闘した組織改革の裏側

90年代からヒットを生み続け、2018年も大きなヒットに恵まれたエイベックスグループ。音楽業界は再成長期に差し掛かる中、組織を再編するために構造改革を決意した。同社が目指すは「非連続成長を遂げる企業」だ。

業務効率を落とすことなく情報漏えい対策を徹底する方法とは

「情報管理の対策はやっている」が、それでも「情報漏えいを前提とした対策が不十分」という課題を抱える企業は多い。ユーザーの業務効率を落とさずに打てる対策はないだろうか。

情報漏えい対策、「モバイルデバイス」でできること

不用意にUSBメモリに個人情報を入れまま紛失してしまい、情報漏えいにつながる事件が後を絶たない。すぐできる対策5項目を紹介する。

絶対に理解できる「FIDO」の話 パスワードの弱点を克服する認証

パスワードを使った認証の仕組みは時代に追随できなくなっています。パスワードを契機として15億件の情報漏えいが発生した事例もありました。そこで、FIDO認証という手法に注目が集まっています。その仕組みとは。

業務PCバックアップに「組織として対応」すべき理由

情報漏えいやデータ喪失、訴訟リスクは企業のIT予算の割合とは関係なしにやってくる。万一の自体に、組織として誠実に対応するために手軽で効率よくデータを保護する方法を考えよう。

「エイ」に関するIT製品情報

ネットワークモダン化の近道、自動化&アナリティクスで得られる3つの価値とは

エイチ・シー・ネットワークス株式会社

レガシーなネットワークを改善する手段として、次世代のスイッチングインフラと管理ツールに目を向ける企業が増えている。自動化とアナリティクスの導入により、生産性やセキュリティはどれだけ向上するのか、その価値を探る。

クラウドストレージの利便性とセキュリティを両立する「暗号化DRM」の要件

株式会社DataClasys

企業が保存するデータの肥大化を受け、クラウドストレージの利用が拡大している。そこで悩ましいのが情報漏えいリスクへの対策だ。万が一、データが流出した際に最後の砦となる「暗号化」の要件を押さえておこう。

国内でも「特権IDの不正利用」が増加、その早期検知と遮断のために必要な対策は

マクニカネットワークス株式会社

国内においても、特権IDの不正利用による情報漏えいが増加傾向にある。クラウドなどの浸透により、どの組織でも人的リソースが不足する中、特権ID不正利用の早期検知と、攻撃の遮断ができる体制を構築するには、どうすればいいのか。

高精度の検知を手軽に実現、Webサイトの脆弱性リスクを排除するクラウド型WAF

株式会社インターネットイニシアティブ

Webページ改ざんや情報漏えいが問題視される中、その原因の1つであるWebアプリケーションの脆弱性対策が多くの企業で課題となっている。そこで注目したいのが、運用管理を含めオールインワンのセキュリティ機能を提供するクラウド型WAFだ。

ネットワークフォレンジックサーバ 『NetEvidence Ax Ver.4.0』

株式会社オーク情報システム

情報漏えいの原因を追究、証拠を保全できる!

「エイ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。