「インフラ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「インフラ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「インフラ」に関する記事情報

アナリストが解説、二桁成長が期待される「HCIの最新トレンド」

仮想化基盤として企業での導入検討が進んでいるHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)。運用管理や拡張性の面でメリットが得られるHCIについて、企業における利用状況や今後の成長率について概観しながら、最新動向を見ていく。

合成開口レーダー(SAR)って何? 日本でも本格化する衛星データ活用

もはや社会インフラとも言える通信環境。過去の広域災害時には、復旧のための人員配置や資材輸送などのオペレーションの課題が指摘されたこともある。この問題を解消するために、宇宙からの情報を活用する動きが本格化しはじめた。使うのは国産の衛星データなどだ。

5Gの“幻滅期”間近? 最新のITインフラ技術トレンドをガートナーが発表

ガートナーは2020年9月10日、国内のインフラ技術に関するハイプ・サイクルを公開した。2020年に本格展開が期待されている5Gは過度な期待のピークに位置し、これから幻滅期へと向かっていくという。

改善傾向を見せるIT市場、新型コロナの影響は2020年下半期以降どうなる?

IDC Japanは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響によるIT市場予測の、上方修正を発表した。2020年5月7日の予測からインフラストラクチャ関連が最も大きく改善した。

「エンタープライズインフラ」シェア(2019年)

IDC Japanは国内エンタープライズインフラ市場のベンダーシェアを発表した。上位6ベンダーのうち、3社が二桁増の高成長を達成したという。その3社とは。

今後IoTデータは5.8倍に? 膨らむデータとともに重要性を増すIoTインフラ市場

IDC Japanは、IoTのエンドポイントデバイスが生成するデータ量は2018年の13兆6億GBから2025年には79兆4億GBに達するという。

いよいよ始まる「ローカル5G」、何がどうなる?

「ローカル5G」がにわかに話題になり始めた。キャリアがインフラを整備する5Gと異なり、ローカル5Gは企業や自治体などの単位で地域や建物を限定して運用できる仕組みだ。2019年12月24日には総務省によるローカル5G事業者の免許申請受付が始まり、初日には10の企業や自治体が申請した。

「Cisco Meraki」はどこまで使える? AWSとの相性は? 導入企業4社が本音で激白

企業が持つさまざまなシステムがクラウドに移行する中、ネットワークインフラもクラウド的なオペレーションが求められるようになった。「Cisco Meraki」はこうしたニーズをひろう製品の一つとされるが、実際にどこまで「使える」のだろうか。先行する導入企業が本音で語った。

IT責任者が抱く「分散型クラウド」「IoT」「5G」への期待と懸念

分散型クラウドやIoT、5Gへの期待が寄せられる中、サービスプロバイダーが自社のセキュリティインフラに強い懸念を抱いていることが明らかになった。

企業におけるBCPの策定状況(2019年)

自然災害が多発する昨今、社会インフラの寸断など、業務の継続が難しくなる事態を想定した対策の必要性がますます高まっているが、対策「していない」とする企業の割合を見ると課題が山積していることがわかる。

「インフラ」に関するIT製品情報

都市型データセンター「WebARENA Symphony」

株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ

ISPサービスを提供する事業者だからこそ実現できる、高速・低遅延・セキュアなネットワークを備えた都市型データセンター。システム運用に最適なインフラ環境を提供する。

HCI導入検討時の最大の疑問、「最良の選択肢」となるかどうかはどう見極める?

日本電気株式会社

仮想化環境の運用管理におけるさまざまな課題を解消するものとして注目されるハイパーコンバージドインフラ。その導入を検討する企業が一番に知りたい、「他の選択肢とのメリットの違い」や「HCI導入で狙った効果を得る方法」を解説する。

ネットワークモダン化の近道、自動化&アナリティクスで得られる3つの価値とは

エイチ・シー・ネットワークス株式会社

レガシーなネットワークを改善する手段として、次世代のスイッチングインフラと管理ツールに目を向ける企業が増えている。自動化とアナリティクスの導入により、生産性やセキュリティはどれだけ向上するのか、その価値を探る。

CaaSに欠かせないクラウドネイティブなインフラ、実現に必要な3つの要件とは

三井情報株式会社

アプリケーションの可搬性と一貫性を維持するコンテナ技術は、今やビジネスに不可欠な存在となりつつある。ただ、Kubernetesを利用するだけではコンテナの強みを生かしきれない。インフラ全体をクラウドネイティブに進化させる必要がある。

コンテナ基盤の運用は楽になる? 「VMware Enterprise PKS」の使い勝手を検証

三井情報株式会社

仮想化基盤に続く次世代インフラと目されるコンテナ環境。ただ、代表的な運用ツールのKubernetesでは不足する機能も多い。そこでエンタープライズレベルの運用ツールの1つ、「VMware Enterprise PKS」を使い、運用負担の変化を検証した。

「インフラ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。