「インデント開発」に近い情報
「インデ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「インデ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説開発とは?

ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大に伴い、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレーターが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。 一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアに掛かるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守に掛かるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

「インデ」に関する記事情報

NTTデータが語る、デジタル時代の8つの技術トレンド

膨大なデータから有益な知見を見つけ出すために、自動車レース「インディ500」でNTTデータが取り組んだこととは?

Officeソフトウェアの利用状況(2016年)/後編

キーマンズネット会員564人を対象にアンケート調査を実施した。Officeソフトの「何」をメインで使っているか、今後どのような機能がほしいかが明らかになった。

Web会議もセキュリティも、シスコ低価格ラインアップの本気度

シスコの中小企業向け製品ラインアップ「Cisco Start」の第2弾が登場。見積もりをオンラインで請求できる「Cisco SMBマーケットプレイス」も開設した。

「インデ」に関するIT製品情報

本人確認をオンラインで完結、「eKYC」を導入するメリットとは?

株式会社ポラリファイ

犯罪収益移転防止法の施行規則改正により、オンライン上での本人確認「eKYC」が認められたが、2020年4月からは、郵送を介する従来の確認方法は厳格化される。銀行やカード会社だけでなく、宅建業なども向き合うべき課題とは?

「Web接客」でECサイトの売り上げ向上、マーケティング施策を最適化するコツ

Repro株式会社

EC市場の拡大を受けてWebサイトの重要性は高まり続けているが、CVR向上のための施策の効果が出ないなど、改善に至らないケースは多い。この課題を解決するには、オンラインでも実店舗と同様の“おもてなし”を提供する仕組みが必要だ。

そのマーケティングはなぜ効果が出ない? 売れる理由をつかむデータ分析とは

日本オラクル株式会社

マーケティングオートメーションをはじめ顧客アプローチは進化し続けているが、想定ほどには成果が上がらないという企業が少なくない。成否を分けるポイントは、データを視覚化し、“売れる理由”をつかむことだ。

ビジネス部門自らがデータ活用で問題解決、事例に学ぶ“現場も納得”のBI導入

Tableau Japan株式会社

ゴルフファン向けのポータルサイトを運営するゴルフダイジェスト・オンラインでは、データ活用の足回りの悪さに課題を抱えていた。これを解消すべく、組織内データの一元化と可視化、可読性向上を目指した同社の取り組みを紹介する。

Pマーク取得に向け、ファイルサーバのアクセスログ管理を強化

株式会社ラネクシー

システムブレインでは、Pマーク取得にあたり、機密データを保管したサーバへのアクセスログや権限の厳密な管理体制が求められたため、操作ログ管理ソフトを導入した。

「インデ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。