「インシデント事例」に近い情報
「インシデント」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「インシデント」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「インシデント」に関する記事情報

EDRやSDPの動向は? 2020年以降のセキュリティトレンド大解剖

スマートフォン決済サービスへの不正アクセス被害や大量の情報漏洩(ろうえい)など、2019年もさまざまなセキュリティインシデントが発生し、あらためてセキュリティ対策の重要性が浮き彫りになった年だった。そこで今回は、2019年上半期に行った国内情報セキュリティ市場予測について見ていきながら、各カテゴリーでの動きや今後のセキュリティにおいて重視すべきポイントなどについて紹介する

あのHDD転売事件はどうすれば防げたか? フェーズごとの対応ポイント

神奈川県庁で起きたHDD不正転売事件のようなインシデントを起こさないためには、機器の排出者はどういった対策を講じるべきか。専門家が6つのポイントに分けて説明する。

「なぜIT機器の転売事故は繰り返されるのか」を過去の事例から読み解く

排出者に責任が問われるのはどういったケースか。そうしたIT機器処分における基礎知識をどこまで理解しているだろうか。2019年12月に発生した神奈川県庁のHDD不正転売事故のようなインシデントを起こさないために、知っておきたいIT機器処分の“オキテ”を説明する。

O365やG Suiteのメールアーカイブもクラウドで――Aecserveがクラウドサービスを拡充

クラウドメールのアーカイブを安心して長期保存するには、メールシステムと別でメールアーカイブを持つ必要がある。監査や訴訟、インシデント対応に必須のシステムをシンプルに利用できるサービスが登場した。

56%の企業はインシデントレスポンスが遅れて撃沈、カスペルスキーが激白

カスペルスキーが2018年に対処したインシデントレスポンスのうち、50%超がサイバー攻撃による損害後に依頼を受けたものだった。なぜ企業の対応が遅れるのか。同社がその原因とともに、インシデントに対して効果的に対応するための7つのポイントを解説する。

セキュリティビッグデータを視覚化、隠れた脅威を解明する「CURE」誕生

セキュリティ対策の専門組織として企業内での運用が進むSOCやCSIRTだが、組織として最も求められているのが、セキュリティ脅威の早期発見や攻撃行動が判明した場合の対応優先順判断(トリアージ)。膨大なセキュリティアラートや脅威情報の中から、ハイリスクなインシデントを発見して対処するスピードが重要となるが、そのスピードアップに貢献するのが「セキュリティ情報融合基盤」として開発された「CURE」だ。一体どんなものなのだろう。

GDPRの「72時間ルール」、この3日間で企業は何を求められるのか?

個人データの安全管理措置とインシデント発生時の対応について解説する。GDPRで定められる「72時間ルール」。インシデント発生時に企業はこの3日間で何をしなければならないのか。

寝ている間にインシデント対応完了、ここまで進んだネットワーク管理の自動化

SDNが使えるとITインフラの管理業務はどう変わる? 目的別に使いどころや、情報システム運用管理担当者の業務改善のポイントを紹介する。

実際に成功した攻撃の85%はよく知られた脆弱性のトップ10を悪用

ベライゾンが約10万件のインシデントを分析した調査報告書を発表。攻撃の85%は、長年にわたってよく知られている脆弱性を悪用したものだった。

「インシデント」に関するIT製品情報

大学へのサイバー攻撃が多発、文科省も求めるセキュリティ強化への有効策とは

トレンドマイクロ株式会社

さまざまなセキュリティインシデントがメディアを賑わす近年。大学においてもサイバー攻撃は大きな経営リスクとなっている。文部科学省の「通知」を基に、講じるべきセキュリティ対策と、実効性ある体制を構築する方法について解説する。

クラウドのセキュリティ課題、設定ミスや未申告利用の見落としをどう防ぐ?

株式会社日立ソリューションズ

クラウドのセキュリティインシデントを防止するには、要因となる設定ミスや未申告のサービス利用をいかになくすかということが重要だ。人的ミスやチェック漏れのリスクを低減し、IaaS/PaaSの安全かつ効率的な運用を実現する方法とは?

自律型システム運用管理ツール「Senju/ASM」

株式会社野村総合研究所

複数のシステムから発報される監視メッセージを集約し、多段階でフィルタリング。対応が必要なインシデントに対し、対応内容をレコメンド。

年間平均被害額は4年連続2億円超、最新調査で見えた法人組織のセキュリティ実態

トレンドマイクロ株式会社

2019年にセキュリティインシデントを経験した法人組織は57.6%に上り、年間平均被害額は4年連続で2億円超という結果となった。経営層の関与状況や、業種特融のインシデントなどを調査したレポートを基に、今後組織が取るべき対策を探る。

高度化するサイバー攻撃を低コストで-死角のないセキュリティ対策の実現法とは

日本情報通信株式会社

インシデントの検知と対応の迅速化に欠かせないSIEM製品。しかし、従来の製品は専門スキルを要することが導入のハードルとなっていた。そこで低コストかつ、セキュリティアナリストによる導入サポートも付随したサービスが注目されている。

「インシデント」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。