「イリイ株式会社」に近い情報
「イリ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「イリ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「イリ」に関する記事情報

5分で約300件の怪しいリストを作成 富士通製「“転売er”捜索ロボ」の仕事ぶりは?

川崎フロンターレと富士通は、チケットの不正転売をRPAによって自動的に発見する実証実験を行った。5分で最大約300件の不正転売チケットをリスト化したというが、その仕組みは?

バックアップツールの導入状況(2019年)

バックアップツールの満足度調査はいつも「満足」とする回答者が多い。だが満足の中身を見てみると、あまり使いこなしていないからこそ満足なのかもしれない。リプレース意欲を積極的に発信した回答者はどのくらいいただろうか。

セキュリティビッグデータを視覚化、隠れた脅威を解明する「CURE」誕生

セキュリティ対策の専門組織として企業内での運用が進むSOCやCSIRTだが、組織として最も求められているのが、セキュリティ脅威の早期発見や攻撃行動が判明した場合の対応優先順判断(トリアージ)。膨大なセキュリティアラートや脅威情報の中から、ハイリスクなインシデントを発見して対処するスピードが重要となるが、そのスピードアップに貢献するのが「セキュリティ情報融合基盤」として開発された「CURE」だ。一体どんなものなのだろう。

何でもRPA化で無法地帯……秘伝のロボ術で起死回生した百貨店企業

2016年からRPAを導入し、年間4600時間分の削減したJ.フロント リテイリング。しかし、その過程では「IT部門が関与しないところでRPAが作られ、“無法地帯が生まれる」といった苦労を経験した。苦労の中で編み出した、秘伝のロボット活用術を紹介する。

知らぬ間に違法リスクも、個人情報保護法およびGDPR対策

2018年5月施行のGDPR、2017年の改正個人情報保護法など、個人情報保護のルール改正が続く。特にGDPRでは単純な商取引の実態だけでは判断しきれないリスクがある。

サービスによって大きく乖離(かいり)する「クラウドPBX」選択の勘所

事務所移転や働き方改革の推進などによってPBX機能をクラウドに移管する「クラウドPBX」が脚光を浴びているが、PBXの機能継承やコミュニケーション基盤連携などサービス選びには落とし穴も。その勘所とは?

コラボレーションツール選定時にコスト面で注意したいポイント

コラボレーションツールは企業やチームの結び付きを強め、時間や場所を問わないリアルタイムのコミュニケーションを実現する。ツール選定時に「コスト面」で注意すべき点は何か。

リチウムイオン電池の7倍も濃い「リチウム高級酸化物電池」とは?

リチウムイオン電池の7倍のエネルギー密度を実現する新たな二次電池が登場した。これまでにない大容量電池の未来とは。

ワークフローツールの利用状況(2014年)

ツールの導入状況や導入目的、満足度など、323人を対象にアンケート調査を実施した。ワークフローツールの利用率は、中小企業と大企業の間に大きな乖離(かいり)がある。

メール誤送信防止ツールの法的解釈はいかに?

メール誤送信は情報漏えい事件の原因の大きな割合を占めるが、実際起きた時の法的リスクについて語られる機会が少ない。リスク回避の最適解は? 専門家の意見を基に徹底解説する。

「イリ」に関するIT製品情報

働き方やデバイスの多様化により散在する連絡先、一元管理するための最適解は?

KDDI株式会社

テレワークをはじめとする働き方の多様化は、顧客や社員の連絡先情報の分散も招きやすい。情報漏えいリスク対策とスムーズなコミュニケーションを両立するため、注目されているのがクラウド型アドレス帳という解決策だ。

海外で増すシャドーITの懸念、クラウドサービス単位のリスクをどう可視化する?

株式会社IIJグローバルソリューションズ

クラウドサービスの利用拡大とともに、情報漏えいリスクも増加している。特に海外展開する企業にとって懸念されるのがシャドーITだ。日本で知られていないサービスが海外拠点で利用されるケースも多く、対策が喫緊の課題となっている。

メールの不便さと個人向けツールの危険を解消、ビジネスチャット選びのポイント

Chatwork株式会社

ビジネスにおけるメールの不便さを理由に、個人向けチャットツールのビジネス利用が増えており、情報漏えいリスクの発生が懸念されている。ビジネス用途に合ったチャットツールを選ぶには、どのようなポイントを重視すべきか。

Office 365/Box/LINE WORKSの安全性を強化、利用アカウント制御のポイントは

A10ネットワークス株式会社

企業内でのOffice 365やBox、LINE WORKSなどの利用において、従業員が個人/無料アカウントでログインすることによる情報漏えいリスクを懸念する声は多い。クラウドサービスの利便性を損なわず、利用アカウントを制御する方法はあるのだろうか。

境界防御の弱点を低コスト&少ないリソースで解決、エクセディが選んだEDRとは

サイバーリーズン・ジャパン株式会社

セキュリティ診断により、自社境界防御のウイークポイントを指摘されたエクセディ。コスト/人員不足の課題を抱えていた同社が選択した、新たなセキュリティ対策は、少ないリソースでも効率的に導入/運用が可能なEDR製品だった。

「イリ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。