「アーサー サミュエル」に近い情報
「アー」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「アー」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「アー」に関する記事情報

セキュリティビッグデータを視覚化、隠れた脅威を解明する「CURE」誕生

セキュリティ対策の専門組織として企業内での運用が進むSOCやCSIRTだが、組織として最も求められているのが、セキュリティ脅威の早期発見や攻撃行動が判明した場合の対応優先順判断(トリアージ)。膨大なセキュリティアラートや脅威情報の中から、ハイリスクなインシデントを発見して対処するスピードが重要となるが、そのスピードアップに貢献するのが「セキュリティ情報融合基盤」として開発された「CURE」だ。一体どんなものなのだろう。

図解で分かるソフトウェアアーキテクチャ 「MVVM」のテスタビリティーと3つの特長

アーキテクチャを選定する上で重要な視点の一つにテスタビリティ―がある。「MVVM」はMVCやMVPとどこが違い、何に優れているのか。図を交えて解説する。

5分で分かる「MVP」アーキテクチャ基礎解説

1980年代初頭に登場したアーキテクチャ「MVC」。MVCには各モジュール間の依存が強く、変更に対する柔軟性が低いという問題点があった。そこで登場したのが「MVP」。MVPはMVCよりも何がイイのか。

検索エンジンに求人してもらう方法~Google for Jobs(Googleおしごと検索)は使える?

「あー転職したい!」と思った求職者が最初に使う道具は何か。SNSでも求人サイトでもなく、企業の求職情報を直接検索できたとしたら、求職者も求人企業も使わない手はない。人手不足解消に企業側で何ができるかを紹介する。

開発者を悩ます「ソフトウェアアーキテクチャ選定」 迷った時に使える3つの判断基準

さまざまなソフトウェアアーキテクチャが存在する中で、プロジェクトに合ったものを選ぶには何をよりどころにすれば良いのか。こうした開発者の悩みに対して、本連載を通してその答えを探る。新規アプリ開発を発注するなどプロジェクトに関わる際の参考としてほしい。

サーバレスアーキテクチャ比較、Lambda、Cloud Functions、Azure Functionsのどれを選ぶ?

サーバレスアーキテクチャの導入を検討する際に留意すべきポイントや、サービスを選ぶ際の選定ポイント、効果が表れやすいユースケースなどについて解説する。

徹底解説、サーバレスアーキテクチャの仕組みとメリット

にわかに脚光をあびるようになった「サーバレスアーキテクチャ」の基礎講座として、用語の定義やメリットを紹介する。AWS Lambda、Cloud Functions、Azure Functionsといったサービスを勉強したい人も注目したい。

退職者のPCをフォーマットしてはならない、自社を守るバックアップ製品の選び方

自社を訴訟リスクから守るバックアップ製品やアーカイブ製品にはどんな種類があるだろうか。リスクの種類や製品ごとの特性の違いから、選び方を見ていく。

アーカイブ需要に復権をかけるテープストレージの今

テープ運用の経験がない、そんな世代も珍しくないテープストレージが活路を見いだすアーカイブ需要。テープの復権はあるのか?

IoTを実現するためのITアーキテクチャと必要な技術要素

商用サービスとして徐々に動き出す中、IoTサービスを実現する上で必要なITアーキテクチャのあるべき姿や、IoTサービスに必要な技術要素を「Interop Tokyo」の基調講演で解説した。

「アー」に関するIT製品情報

オフショア開発における顧客データの漏えいをデバイス制御で防止

株式会社ラネクシー

アールテクノ株式会社では、オフショア開発の際に顧客から預かる重要データを守るため、外部デバイス制御製品を導入。顧客企業の安心・信頼にもつながっている。

ラボ環境からスムーズな運用へ、ビッグデータ管理に不可欠な「3つの柱」とは?

インフォマティカ・ジャパン株式会社

企業の革新に不可欠な要素となったビッグデータだが、その可能性を最大限に引き出すには、適切なアーキテクチャが必要になる。その中で特に重要となるデータ管理の観点から、3つの柱となる要素と、具体的な運用環境の構築方法を解説する。

3分で分かる:導入目的から逆算して考える、BIツール選定の3つのポイント

ウイングアーク1st株式会社

BIツールの導入効果を高めるには、使用の“目的”を事前に明確化し、それを達成するために必要な機能を備えているかを重視して選ぶ必要がある。データ活用を成功に導くためのBIツール選定で、考慮すべき3つのポイントを解説する。

情シス/現場どちらが主導でも失敗しない、11社の事例に学ぶBI導入成功の秘訣

ウイングアーク1st株式会社

ビッグデータやIoTなど業務現場のデータ活用のニーズにより、情報システム部門だけでなく現場主導でBIツールの導入が増えている。データの可視化や分析にとどまらず、全社的な情報活用基盤を実現するには、どのような点に注意すべきか。

データ活用により業務改革を実現、りそな銀行など13社のBIツール活用術

ウイングアーク1st株式会社

「BIツールを導入したが、思ったほど成果が上がらない」という声がよく聞かれる。BI導入を成功させるには、データ活用の目的に応じた最適な方法を知ることが重要だ。ここでは多様な業界の13社の事例を基に、BI活用のヒントを探る。

「アー」に関する新着セミナー

【とにかく効率的に合格したいなら!】ITILファンデーション研修(1日コース)

株式会社アーク

2019/10/18(金)09:30~17:30

  • 東京都
88,000円(税込) | 定員24名 | 運用管理

AIジェネラリスト G検定受験セミナー

株式会社アーク

2019/10/23(水)09:30~2019/10/25(金)17:30

  • 東京都
198,000円(税込) | 定員24名 | 情報システム | 運用管理 | 開発

アーキテクチャ分析ツール「Lattix」ハンズオンセミナー

テクマトリックス株式会社

2019/11/25(月)13:30~17:00

  • 東京都
無料 | 定員8名 | 開発

「アー」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。