「アルビオン 人事」に近い情報
「人事」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「人事」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「人事」に関する記事情報

ServiceNowとは何か、企業全体の働き方改革にどう効くか

ServiceNowがいよいよ非IT部門を含む日本企業の業務改革全般に本腰を入れる。ITサービスマネジメントで培った標準化と運用のノウハウを、人事やマーケティングその他、全社ワークフローの標準化に適用すべく、エコシステムを拡大する。

人材管理、人事管理の現状(2019年)/後編

「ベテランが抜けたけれど若手は育たない。業務の平準化はしていない」そんな企業が増えつつあるようだ。人材枯渇の危機的状況が明らかになった。

人材管理、人事管理の状況(2019年)/前編

人材/人事管理に関するIT投資、積極的な企業はそう多くはない。だが人事関連部門ではHR Techやタレントマネジメントに対応できない自社の現状に危機感を募らせているようだ。

データを仕事に生かせる日本企業は「たった3%」、課題は人事にある

ガートナー ジャパンの調査によると、日本では半数以上の企業がデータを利活用しているものの、ビジネスで成果を得ている企業は少ない現状が明らかになった。

三井住友銀行が挑むデジタル変革の裏側――AIを活用した業務改革

業務の効率化に頭を抱える企業は多く、三井住友銀行もその1社だった。ヘルプデスクや人事総務、顧客応対など行内には合理化すべき業務が多くあった。これらを効率化するために同社が選んだ選択肢とは。

「クラウド会計ソフト」シェア(2019年3月)

MM総研は、個人事業主を対象に実施したWebアンケートを基に、クラウド会計ソフトの利用状況をまとめた。導入状況やベンダーシェア、クラウド会計ベンダーの今後の事業チャンスとなる出来事を一挙に公開する。

「総務部付」から「事業部」へ ~組織規模と人事、予算、KPI~

「ぼっち開発」から「アジャイルチーム」に。規模と役割が変わると組織や予算はどう変わる? 筆者の経験をまとめた。

休職者の穴を埋めるストレス

残念ながらメンタルヘルス不調者が出てしまった職場。人事部門や産業医と相談しながら対応を進めますが、現場では抜けた1人の穴埋めが大きな課題となります。最終回は管理者の役割について考えてみましょう。

IT部門として理解しておくべきHRテクノロジー

労働人口減少への対応や働き方改革といった人事部門が直面する課題解決に役立つHRテクノロジー。トレンドについて徹底解説する。

人事管理システムの導入状況(2018年)/後編

キーマンズネット会員186人を対象にアンケート調査を実施した。人事・労務部門の課題や人事管理システムで重視するポイントなどが明らかになった。

「人事」に関するIT製品情報

人事部門の問い合わせ対応をほぼゼロに、事例で学ぶ「AIチャットbot」の実力

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社

社内の問い合わせ対応に時間を取られ、本業に集中できない――。そんな間接部門のよくある悩みを解決するのが「AIチャットbot」だ。社員からの初歩的な問い合わせを"ほぼゼロ"にしたという企業の事例を基に、その実力を探る。

紙の契約より70倍速い? メルカリなど3社に学ぶ人事部門の「電子契約」活用術

弁護士ドットコム株式会社

業務効率化やコスト削減にも大きな効果を発揮する「電子契約」は、労働基準法の改正などもあり、特に人事部門での採用が増えているという。メルカリなど3社の事例を基に、電子契約活用のポイントと導入効果を解説する。

Excelでの二重管理から脱却、双日オートグループ大阪の人事管理システム刷新術

株式会社アクティブアンドカンパニー

拠点との人事情報のやりとりや給与明細管理など、定型業務を多数抱える人事部門。しかし、この作業負荷が高いことが原因で、タレントマネジメントをはじめとする戦略的な業務に関わる時間が取れないケースは多い。これを解決する方法とは?

定型業務に忙殺される人事部門、戦略立案に注力するためには何が必要?

株式会社アクティブアンドカンパニー

拠点との人事情報のやりとりや給与明細管理など、定型業務を多数抱える人事部門。しかし、この作業負荷が高いことが原因で、タレントマネジメントをはじめとする戦略的な業務に関わる時間が取れないケースは多い。これを解決する方法とは?

定量と定性の両輪で正しく評価、企業も従業員も納得する人事評価の理想形とは?

SAPジャパン株式会社

企業にとっての重要な資源である「人材」。その人材を適正に評価するためには、定量的かつ定性的に構築された評価制度が欠かせない。タレントマネジメントの観点から、労使ともに納得できる評価システム構築のポイントを解説する。

「人事」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。