「アラジンオフィス評価」に近い情報
「アラ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「アラ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「アラ」に関する記事情報

「ウェアラブルデバイス」シェア(2019年第4四半期、通年)

音声アシスタント技術の進展により2019年第4四半期および通年のウェアラブルデバイス市場は耳装着型デバイスが大きく躍進した。2019年第4四半期および通年で世界と国内のウェアラブルデバイス市場のトップ5を占めたベンダーはどこか。

EDRやSDPの動向は? 2020年以降のセキュリティトレンド大解剖

スマートフォン決済サービスへの不正アクセス被害や大量の情報漏洩(ろうえい)など、2019年もさまざまなセキュリティインシデントが発生し、あらためてセキュリティ対策の重要性が浮き彫りになった年だった。そこで今回は、2019年上半期に行った国内情報セキュリティ市場予測について見ていきながら、各カテゴリーでの動きや今後のセキュリティにおいて重視すべきポイントなどについて紹介する

顔認識は思い切って禁止! EUの決断は果たしてどうなるか:547th Lap

モバイルデバイスのロック解除や空港での入出国手続きなど、あらゆる場面で活用される顔認識技術。最近では、オフィスの入退室に用いる会社もある。この顔認識技術の活用が公共サービスに広がり”勝手に”顔を認識していたら、プライバシー問題が持ち上がるのも無理はない。

顔認識は思い切って禁止! EUの決断は果たしてどうなるか:547th Lap

モバイルデバイスのロック解除や空港での入出国手続きなど、あらゆる場面で活用される顔認識技術。最近では、オフィスの入退室に用いる会社もある。この顔認識技術の活用が公共サービスに広がり”勝手に”顔を認識していたら、プライバシー問題が持ち上がるのも無理はない。

顔認識は思い切って禁止! EUの決断は果たしてどうなるか:547th Lap

モバイルデバイスのロック解除や空港での入出国手続きなど、あらゆる場面で活用される顔認識技術。最近では、オフィスの入退室に用いる会社もある。この顔認識技術の活用が公共サービスに広がり”勝手に”顔を認識していたら、プライバシー問題が持ち上がるのも無理はない。

「たまごっち」がWi-Fiセキュリティを強化するかもって、どういうこと?:545th Lap

かつて小さなモノクロドット液晶を内蔵したタマゴ型のゲーム端末を子どもから大人まで持ち歩いていた。エサやりだ、トイレ掃除だとゲーム中の仮想ペットが鳴らすアラート音が会議中に鳴り響いたのも良い思い出だ。

Zoomとは? なぜ人気なのか 使い方や機能を試した

働き方改革や2020年のビッグイベント時のテレワーク体制の構築などを背景に、あらためてWeb会議を導入する意欲が高まっている。なかでも、後発ながらシェアを伸ばしているZoomミーティングにフォーカスを当て、Web会議のトレンドを追いかけてみたい。

ウェアラブルデバイスが男性の「あの悩み」を解決する?:531st Lap

活動量計やスマートウォッチに代表されるウェアラブルデバイスが普及したことで、毎日の行動を記録したり、かざすだけで電車や飛行機に乗れたりと、今まで不可能だったことが次々と可能になっている。だが、まさかこんなことまでウェアラブルデバイスで解決するとは夢にも思わなかったよ……。

音声認識技術とは? 議事録作成ツールの現在地、オンプレミスとクラウドの違いと選定ポイント

音声認識技術にあらためて注目が集まる。近年は、働き方改革を背景として、議事録作成支援ツールやコールセンターを中心にビジネスでの活用が広まっている。その実力とは? 認識精度やメリット、オンプレミスとクラウドAPIの違い、製品選定のポイントを解説する。

セキュリティビッグデータを視覚化、隠れた脅威を解明する「CURE」誕生

セキュリティ対策の専門組織として企業内での運用が進むSOCやCSIRTだが、組織として最も求められているのが、セキュリティ脅威の早期発見や攻撃行動が判明した場合の対応優先順判断(トリアージ)。膨大なセキュリティアラートや脅威情報の中から、ハイリスクなインシデントを発見して対処するスピードが重要となるが、そのスピードアップに貢献するのが「セキュリティ情報融合基盤」として開発された「CURE」だ。一体どんなものなのだろう。

「アラ」に関するIT製品情報

不正利用をリアルタイムに検知、特権IDのリスクを一掃する統合管理術とは?

マクニカネットワークス株式会社

作業者の特定の難しさ、過剰な権限付与による内部犯行リスクの増大など、課題の尽きない「特権ID」の管理。そこで注目したいのが、オンプレミス、クラウド、エンドポイントなど、あらゆる特権IDを横断的に管理できるソリューションだ。

情報活用ダッシュボード 「MotionBoard」

ウイングアーク1st株式会社

さまざまなデータを、必要なカタチで、シンプルに可視化。MotionBoardは、あらゆる“データ”と”人”をつなぎ、情報伝達と意思決定のスピードを加速させる。

IT資産管理にかかる工数の50%以上を削減させた方法とは

NTTテクノクロス株式会社

キーウェアソリューションズは、ソフトウェアライセンスをはじめさまざまなIT資産管理の作業負担や情報不備を解消するために管理ツールを導入し、業務を大幅に効率化した。

ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」

NTTテクノクロス株式会社

確実な台帳管理で、ソフトウェア利用における「リスクの低減」「運用や調達コストの削減」をサポート

クラウド録画サービス「Ciero」

パナソニック ネットソリューションズ株式会社

あらゆるビジネスシーンに必要な機能を備えた映像クラウドプラットフォーム

「アラ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。