「アラジンオフィス評価」に近い情報
「アラ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「アラ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「アラ」に関する記事情報

セキュリティビッグデータを視覚化、隠れた脅威を解明する「CURE」誕生

セキュリティ対策の専門組織として企業内での運用が進むSOCやCSIRTだが、組織として最も求められているのが、セキュリティ脅威の早期発見や攻撃行動が判明した場合の対応優先順判断(トリアージ)。膨大なセキュリティアラートや脅威情報の中から、ハイリスクなインシデントを発見して対処するスピードが重要となるが、そのスピードアップに貢献するのが「セキュリティ情報融合基盤」として開発された「CURE」だ。一体どんなものなのだろう。

5G+IoT+高精細映像が創る「スマートハイウェイ」

渋滞なく、安全で効率よく、しかも快適なドライブができる高速道路。それが「スマートハイウェイ」だ。その実現のコア技術の1つがデータ通信技術。中でも最も期待が寄せられているのが5Gである。5Gがスマートハイウェイにどう組み込まれ、何が実現するのか。その先端実証実験のあらましを紹介する。【訂正あり】

「ウェアラブルデバイス」シェア(2018年第4四半期)

国内ウェアラブルデバイス出荷台数は前年同期比40.1%増の21万台だった。ウェアラブルデバイス市場成長の背景には、あのデバイスの存在があった。

「ウェアラブルデバイス」シェア(2018年第3四半期)

国内ウェアラブルデバイス出荷台数は前年同期比40.1%増の21万台だった。シェアトップ5ベンダーのうち、1位と2位以降で大きな差が開いた。この差は何によるものか。

「ウェアラブルデバイス」シェア(2018年第2四半期)

国内ウェアラブルデバイス出荷台数は前年同期比2.7%減の約16万8000台だった。一方、世界市場では同期比5.5%増と市場を拡大している。違いはどこにあるのか。

進化する脅威にどう立ち向かうか【第2回】

慢性的な人材不足に悩まされるSOCはセキュリティアラートやログの調査にへきえきとする。AIを取り入れたセキュリティソリューションはこの状況をどう変えられるか。

今、あらためて考えるテスト自動化【最終回】

開発における「テスト」と聞くとまずツールを考えるが、中にはテストに関連した機能を含むプログラミング言語もあるという。それがテストフェーズでどう活用できるのだろうか。

今、あらためて考えるテスト自動化【第2回】

テストを自動化するに当って、どのようなツールがあるのかを紹介したい。

今、あらためて考えるテスト自動化【第3回】

今までは、テスト自動化の基礎について説明をしたが、第3回では、テストを自動化するに当って、工程やツールの操作について説明したい。

無線LANの新たなセキュリティ規格「WPA3」とは何か?

無線LANのセキュリティの根幹をなす暗号化には細心の注意を払うべきだ。2018年6月、Wi-Fiアライアンスは「WPA3」を発表した。

「アラ」に関するIT製品情報

マシンデータ活用ガイド:58のケース別に使い方と得られる効果を徹底解説

Splunk Services Japan

膨大なデータがめまぐるしく行き交う現代のビジネスにおいて、組織のあらゆる活動が記録されたマシンデータは、これまで顧みられなかった。しかし、今後はマシンデータをIT運用やセキュリティに活用する必要性に迫られていくだろう。

IT資産統合管理 コア ITAMソリューション

株式会社ギガ

IT機器から物品、設備まで 会社のあらゆる資産をまとめて管理

求められるのは犯罪者を凌ぐイノベーション、4つの観点からみる企業保護の要件

レノボ・ジャパン株式会社

あらゆるデバイスがリスクにさらされる今日、企業の保護にはイノベーションで犯罪者をしのぐ信頼できるプロバイダーが欠かせない。セキュリティの柱となる4つの観点から「Security by Design(計画的なセキュリティ)」の要件を紹介する。

セキュリティファーストの要求に応える、アクセス権限管理のあるべき姿とは?

ゾーホージャパン株式会社

セキュリティ意識のさらなる高まりにより、世界的にセキュリティ規格や規則が増加している。こうした背景から、ファイルサーバのアクセス権管理には、必要な監査に耐え得るような、あらゆる面での可視化の実現が求められている。

高速分析基盤からAIまで対応、簡単・高速・低コストな「自律型DB」の実力とは?

日本オラクル株式会社

短期間でのDB構築を実現し、セキュリティやチューニングの自動化など“簡単で誰でも使える”機能を備えた「自律型DB」。高速分析基盤からAI・機械学習などあらゆるデータ分析ニーズに応えるその実力を、ユーザーの声を交えて解説する。

「アラ」に関する新着セミナー

【オンラインセミナー】EDRを実装した次世代アンチウイルスとは? ~最新のマルウェア・ランサムウェア対策~

サイバネットシステム株式会社

2019/07/26(金)10:30~11:30

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | エンドポイントセキュリティ

【オンラインセミナー】EDRを実装した次世代アンチウイルスとは? ~最新のマルウェア・ランサムウェア対策~

サイバネットシステム株式会社

2019/12/11(水)10:30~11:30

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | エンドポイントセキュリティ

「アラ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。