「アラジンオフィス価格」に近い情報
「アラ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「アラ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「アラ」に関する記事情報

音声認識技術とは? 議事録作成ツールの現在地、オンプレミスとクラウドの違いと選定ポイント

音声認識技術にあらためて注目が集まる。近年は、働き方改革を背景として、議事録作成支援ツールやコールセンターを中心にビジネスでの活用が広まっている。その実力とは? 認識精度やメリット、オンプレミスとクラウドAPIの違い、製品選定のポイントを解説する。

セキュリティビッグデータを視覚化、隠れた脅威を解明する「CURE」誕生

セキュリティ対策の専門組織として企業内での運用が進むSOCやCSIRTだが、組織として最も求められているのが、セキュリティ脅威の早期発見や攻撃行動が判明した場合の対応優先順判断(トリアージ)。膨大なセキュリティアラートや脅威情報の中から、ハイリスクなインシデントを発見して対処するスピードが重要となるが、そのスピードアップに貢献するのが「セキュリティ情報融合基盤」として開発された「CURE」だ。一体どんなものなのだろう。

5G+IoT+高精細映像が創る「スマートハイウェイ」

渋滞なく、安全で効率よく、しかも快適なドライブができる高速道路。それが「スマートハイウェイ」だ。その実現のコア技術の1つがデータ通信技術。中でも最も期待が寄せられているのが5Gである。5Gがスマートハイウェイにどう組み込まれ、何が実現するのか。その先端実証実験のあらましを紹介する。【訂正あり】

「ウェアラブルデバイス」シェア(2018年第4四半期)

国内ウェアラブルデバイス出荷台数は前年同期比40.1%増の21万台だった。ウェアラブルデバイス市場成長の背景には、あのデバイスの存在があった。

「ウェアラブルデバイス」シェア(2018年第3四半期)

国内ウェアラブルデバイス出荷台数は前年同期比40.1%増の21万台だった。シェアトップ5ベンダーのうち、1位と2位以降で大きな差が開いた。この差は何によるものか。

「ウェアラブルデバイス」シェア(2018年第2四半期)

国内ウェアラブルデバイス出荷台数は前年同期比2.7%減の約16万8000台だった。一方、世界市場では同期比5.5%増と市場を拡大している。違いはどこにあるのか。

進化する脅威にどう立ち向かうか【第2回】

慢性的な人材不足に悩まされるSOCはセキュリティアラートやログの調査にへきえきとする。AIを取り入れたセキュリティソリューションはこの状況をどう変えられるか。

今、あらためて考えるテスト自動化【最終回】

開発における「テスト」と聞くとまずツールを考えるが、中にはテストに関連した機能を含むプログラミング言語もあるという。それがテストフェーズでどう活用できるのだろうか。

今、あらためて考えるテスト自動化【第2回】

テストを自動化するに当って、どのようなツールがあるのかを紹介したい。

今、あらためて考えるテスト自動化【第3回】

今までは、テスト自動化の基礎について説明をしたが、第3回では、テストを自動化するに当って、工程やツールの操作について説明したい。

「アラ」に関するIT製品情報

複雑化するソフトウェアライセンス管理、コストと工数を最適化する秘訣とは?

ウチダスペクトラム株式会社

IT環境が複雑化する中、ソフトウェアライセンスに関するコストと工数を最適化するためにはどうすればよいのか。コンプライアンスを維持する上でのポイントなどを解説するとともに、この取り組みにおける課題解決法を紹介する。

いまさら聞けない「RPA」 メリット、用途、動向を理解する

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

「RPA」という言葉を見聞きしたことがあるだけでは、その真価を引き出すことはできない。あらためてRPAで何ができるのかを確認し、主要ベンダーの取り組みを含めた動向を把握しておこう。

あらゆる脅威から機密データを保護、調査で見えた「暗号化戦略」成功への道筋

nCipher Security (Hong Kong) Limited

企業が保有する機密データを保護する上で、欠くことのできないものとなった「暗号化技術」。その導入と活用には、依然として幾つもの困難な課題が残されている。これらを解消し、企業の暗号化戦略を成功に導く方法とは?

オールインワン・セルフBIツール「LaKeel BI」

株式会社レジェンド・アプリケーションズ

データの分析・可視化だけでなく、あらゆるデータと連携し、データの収集・集計・加工、配信まで行える統合型BIツール。

労働人口減や残業規制……待ったなしの生産性向上を実現するRPAやOCRの活用法は

株式会社日立システムズ

労働人口の減少、残業時間への法規制強化などが進む中、生産性向上への取り組みは、あらゆる企業に欠かせないものとなりつつある。そのためにはRPAやOCRなどを組み合わせ、業務の効率化を図りたい。

「アラ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。