「アラジン カーリース 契約 審査」に近い情報
「契約」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「契約」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「契約」に関する記事情報

ペーパレスだけじゃない課題山積の契約管理業務、コロナ前後で問題意識はどう変化したか?

新型コロナウイルス感染症の拡大前と後で、契約業務における課題意識はどこまで変わったのか。本稿では、業種別に課題意識の変化を見ていく。

請求書、契約書の電子化は何をもたらすのか? 導入事例で解説

紙の処理が少なくない基幹系業務を電子化することで、企業はどのような恩恵にあやかれるのだろうか。また、受発注者のどちらもが電子化を強く望むとも限らない。社外の関係先とどう連携し電子化を進めていけば良いのか。導入事例とともに解説する。

過去の契約書も自動でデータベース化、契約書管理クラウド「Marshall」がオープンβテストを開始

LegalForceは、契約書管理システム「Marshall」のオープンβテストを開始する。過去にさかのぼって契約書をデータベース化することで、契約書管理の工数を削減し、古い契約書を確認するために出社するといった問題も解消できるとしている。

紙まみれのバックオフィス業務、テレワーク移行はどう進めるべき? 社労士の提案

契約書や請求書、FAX取引……。バックオフィス業務の担当者はテレワークで対応できない業務だらけだ。だが、バックオフィス業務がうまく回らなければ事業が停滞してしまう。段階的テレワークの考え方を社労士の提言から考える。

無償で利用できるテレワークシステムをNTT東日本とIPAが提供、契約や登録も不要

NTT東日本とIPAは「シン・テレワークシステム」の無償提供を開始した。契約とユーザー登録なども不要だというがどういったものか。なお、NTT東日本によれば、「シン・テレワークシステム」の「シン」は「シンクライアント」と「新しい」の「シン」を意味するという。

電子サインと電子署名は何が違う? クラウド署名の基本、効力、メリットを把握しよう

最近よく耳にする電子サイン。電子署名や電子契約との違いはどこにあるでしょうか。ペーパーレスで仕事が速く進むと期待される電子サインの使いどころを周辺のキーワードと一緒に整理しよう。

契約書レビューAI、日本語リーガルテックの最前線~実務ユーザーに聞く「本当に使える?」

多様な働き方が増える中、多くの人をつなぐスタートアップ企業。華やかさの裏側にあるのは案件ごと、業務内容ごとに発生する大量の法務案件だ。AIを使い、専任担当なしでもリスクなく法務案件をさばく、契約書レビューAIのユーザー企業に実際のところを聞いてみた。

ZOZOがいきなり2000人追加採用でも雇用契約管理が破綻しないワケ

クラウド契約サービスによる契約業務効率化が注目を集めるが、実際に採用したユーザーはどう使っているか。異なる事業を展開する3社が、契約を変えたことでそれぞれの業務を大きく変革する。

「月間1万5000時間」を削減した人材企業、たった2人で何をした?

大手企業に勤める一児の母の加藤さん。「増え続ける申込書問題」を解決するために電子契約システムを構築することに。だが、かかった時間はたった1カ月、関わったのは2人だけ。なぜこんな短期間で実現できたのか?

「知的財産デューデリジェンスの標準手順書」とは? 中小ベンチャーの知的財産の守り方をGitHubで公開議論

知らない企業から訴えられたり、ライセンス契約を要求されたりといったリスクは大企業だけのものではない。中小ベンチャーが自社技術をちゃんと評価するために特許庁がガイドラインを公開レビュー中だ。

「契約」に関するIT製品情報

ITの請負や派遣の契約を見積もりから精算まで一貫して処理可能に

TDCソフト株式会社

IDグループでは、ITサービスの請負や派遣の契約締結業務が急増していた。グループ全体でデータを統合管理できる本製品で、見積もりから精算まで一貫して処理可能になった。

たった1つのツール導入で、危機的状況を回避。グローバルPPMの最適解を知る

サイフォーマ株式会社

リーマンショック直後の改革で、大口の新規契約を獲得できる状態に生まれ変わった、自動車部品サプライヤーのファウレシア。世界各地の拠点をつなぐ最適なツールとは?

どの組織でも起こりうる“調達不正”、検知/回避するための「4つの基本」とは

SAS Institute Japan株式会社

物品購入に代表される調達業務は、どの企業にとっても不正行為の原因となり得る。それを回避するには、業者の選定段階から契約締結後に至るまでの各プロセスで、対策が必要になる。

ダウンタイムは年25秒未満、“学習するストレージ”で運用と費用はどう変わる?

リコージャパン株式会社

これまでストレージに卓越した可用性を求める場合には、冗長性の高いハードウェアモデルをベースとした高額なオンサイトサービス契約が必要だった。しかし、予測分析が可能な“学習するストレージ”の登場で、この状況は変わりつつある。

4つの課題別に解説、契約書ファイルの閲覧権限を適切に管理する方法とは?

インフォコム株式会社

契約書を紙ベースから電子ファイルへと移行するに当たっては、ユーザーアカウント管理の手間をはじめとした、閲覧権限の管理が課題となる。そこで活用したいのが、詳細なアクセス権限設定やビュワー機能を備えたクラウド型のサービスだ。

「契約」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。