「アノマリ 検知」に近い情報
「検知」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「検知」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「検知」に関する記事情報

ハードウェアトロイとは? LSIに隠された不正回路を検知する技術に迫る

スパイウェアの代表格である「トロイの木馬」は、セキュリティに関心のある方ならご存じだろう。システムに潜伏し、あるきっかけで活動を開始し、システム内の情報を外イブ外部に流出したり、改ざん、破壊活動を行ったりする厄介なマルウェアだ。そのハードウェア版「ハードウェアトロイ」が猛威を振るいつつある。

「EDR」導入の前に知っておくべきこと

どうしても対策が後手に回るサイバー攻撃。脅威の浸入や行動を検知して対策につなげる「EDR」が注目を集めている。

アプリが鬼門になる、モバイル管理だけでは止められないマルウェアの撃退法

企業のモバイルを狙うマルウェアは、安全に見えるアプリに潜んでいる確率が高い。サイバー攻撃のターゲットになり得るモバイルデバイスを保護するには、新たに脅威を検知するという対策が必要だ。

レーダー画像から地面の空洞を検知、AIは業務をどう変えるのか

AIは業務どうを変えるのか。富士通がAI「Zinrai」を活用し、川崎地質とともにレーダー画像を解析して地面の空洞を検知した事例の他、2017年5月の「富士通フォーラム2017」内覧会で紹介された実例を見ていきたい。

なぜ中国のIPアドレスが攻撃に使われるのか

中国発のサイバー攻撃の検知に強い米セキュリティ企業が日本でのサービスを始める。サイバー空間における攻撃の40%は中国保有のIPアドレスからという理由とは。

世界で最も攻撃される企業、MSのセキュリティ対策を学ぶ

自社を狙うマルウェアが半年で200万件に達するというマイクロソフト。彼らはなぜ「サイバー攻撃の検知力」を重視するのか。

自動運転車両で100メートル先の歩行者を検知する「量子レーダー」とは

複雑な量子をレーダーに応用し、悪条件でも人やモノを捉える「量子レーダー」が誕生した。電波を使うレーダーと何が違うのか。

最新ネットワークカメラの実力、持ち逃げ犯や違法ドローンも即検知

2020年に向けネットワークカメラの進化がすごい。車の逆走やスプレー妨害、物品持ち逃げ、300メートル先のドローンも即検知し、4Kカメラの設置が実はコスト削減につながる。

「サンドボックス対策」されたマルウェアをどうする? サンドボックスの脅威検知の仕組み

1500万回無意味なCPU命令を繰り返したり、10時間行動を止めたりする「サンドボックス対策」型マルウェア。次々と進化する脅威を検知するためには、どうすればいいか。

標的型攻撃にまずは気付く「サンドボックス」最新事情

「気付く」ことすら困難な状況に発展した標的型攻撃。だが、不正なファイルを検知するための手法として有効といわれる「サンドボックス」が安価になってきたのは朗報か。

「検知」に関するIT製品情報

不正利用をリアルタイムに検知、特権IDのリスクを一掃する統合管理術とは?

マクニカネットワークス株式会社

作業者の特定の難しさ、過剰な権限付与による内部犯行リスクの増大など、課題の尽きない「特権ID」の管理。そこで注目したいのが、オンプレミス、クラウド、エンドポイントなど、あらゆる特権IDを横断的に管理できるソリューションだ。

高精度の検知を手軽に実現、Webサイトの脆弱性リスクを排除するクラウド型WAF

株式会社インターネットイニシアティブ

Webページ改ざんや情報漏えいが問題視される中、その原因の1つであるWebアプリケーションの脆弱性対策が多くの企業で課題となっている。そこで注目したいのが、運用管理を含めオールインワンのセキュリティ機能を提供するクラウド型WAFだ。

高度化するサイバー攻撃を低コストで-死角のないセキュリティ対策の実現法とは

日本情報通信株式会社

インシデントの検知と対応の迅速化に欠かせないSIEM製品。しかし、従来の製品は専門スキルを要することが導入のハードルとなっていた。そこで低コストかつ、セキュリティアナリストによる導入サポートも付随したサービスが注目されている。

ランサムウェア検知から復旧までカバーするセキュリティのススメ

丸紅情報システムズ株式会社

ランサムウェアの対抗策として有力視されている振る舞い検知型のセキュリティ。近年はクラウド型となり、専用サーバを用意することなく、検知・駆除から復旧まで対応するツールも現れている。

高度なマルウェア対策には何が必要? EPPとEDRの違いとは

株式会社日立ソリューションズ

EDRは未知のマルウェアに有効な対策だが、検知率が低いアンチウイルスを導入していると、調査対応などの運用負荷が高くなるなどの課題もある。重要なことは検知率の高いEPPとEDRを連携し、運用全体を効率化することだ。

「検知」に関する新着セミナー

【企業・研究機関向け】研究成果を盗用の疑いから守る!剽窃検知ツール「iThenticate」ご紹介Webセミナー

アシストマイクロ株式会社

2020/07/22(水)10:30~11:10

  • オンラインセミナー
無料 | 定員30名 | 情報システム | データ分析

「検知」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。