「アジャイル開発」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「アジャイル開発」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説開発とは?

ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大に伴い、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレーターが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。 一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアに掛かるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守に掛かるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

「アジャイル開発」に関するIT製品情報

開発速度とセキュリティを両立、柔軟な対応も可能な脆弱性診断サービスの仕組み

株式会社Flatt Security

近年増えているアジャイル開発は、仕様変更や機能追加が容易なことからビジネス環境の変化に強い一方、セキュリティの維持が難しくなるという課題もある。オンライン生体認証サービスの事例から、その解決策を探る。

アジャイル開発を始めたい企業必見、NRIのノウハウが詰まったソリューション

株式会社野村総合研究所

ビジネスの環境変化が加速し、アジャイル開発の需要が高まっているが、開発体制の変革は一筋縄ではいかない。こうした中で注目されているのが、経験の浅いチームでもスピーディーに適用できるアジャイル開発導入・実践サポートサービスだ。

アジャイル開発をERPで実現? “攻めのIT戦略”を実現するためのポイントは

日本オラクル株式会社

さまざまな情報を一元管理し、必要な情報をリアルタイムに把握できるERP。中でも導入や運用が容易なクラウドERPを導入し、膨大な情報を経営戦略や意思決定に生かす“攻めのIT戦略”へと転換する動きが活発化している。

「auでんきアプリ」を4カ月でアジャイル開発、KDDIが選んだプラットフォームは

ギットハブ・ジャパン合同会社

KDDIでは、アジャイル開発を実践する中で、スピード感とコラボレーションの欠如を解決するため、開発プラットフォームの刷新に取り組んだ。従来環境の課題を解消し、わずか4カ月での「auでんきアプリ」の開発を実現したその実力に迫る。

高性能カーナビの開発にコンテナを活用、パイオニアが選んだクラウド基盤は?

日本情報通信株式会社

クラウド上でルート情報を探索する高性能カーナビのため、パイオニアはアジャイル開発環境にDockerを採用し、旧システムの有効活用を図った。必要となったのがDockerを管理するプラットフォーム、信頼性・運用性を備えたクラウド基盤だ。

「アジャイル開発」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。