「アウトルック予定表 連携 出張申請」に近い情報
「連携」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「連携」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「連携」に関する記事情報

地銀を巻き込み中小企業の経営改革に乗り出すfreee、金融機関のAPI連携で何が変わるか

freeeが銀行API連携をきっかけに、地方中小企業の経営革新や地銀のサービス開発支援に乗り出す。サービスのOEM提供も視野に、日本中の中小企業の経営力強化や資金調達支援をITと経営支援の両面から支える。

日本ラグビーを支えるのは“個人プレー”のチーム、「ONE TEAM」を目指した4人の挑戦

2019年、日本を熱狂させたラグビー。その裏には国内ラグビーチームの強化と普及に努める日本ラグビーフットボール協会の存在があった。しかし、IT化が進んでおらず連携の取れていない“個人プレー”のチームだった。協会職員を「ONE TEAM」にするために、4人の有志が立ち上がった。

RPAに150のAIモジュールを連携可能に、老舗RPAベンダーの意地と底力

老舗RPAベンダーのBlue Prismが、日本市場での活動強化を宣言した。決して、日本市場に早期に乗り出せたとはいえない同社だが、他社製のRPAツールからの移行案件も増えているという。どのような強みを推し出しているのか。

【専門家が解説】RPAの落とし穴とリスク 事例、成功のポイント

「RPAを導入したのに効果が出ない」「RPAの運用が予想以上に重労働だ」「ロボットが止まって仕事にならない」といった悩みを抱えるケースは少なくありません。RPA導入で企業がはまりやすい落とし穴やリスク、導入や運用のポイント、最新のAI連携事例を専門家が解説します。

“ポケモン”の管理はもう限界……G ドライブでもファイルサーバでもなくBoxにしたワケ

ファイルサーバでのデータ共有に限界を感じていたポケモンのBox導入の裏側を同社のIT部門が明かした。Boxと連携すると便利な外部ツール、複数のクラウドストレージの使い分けといった「試行錯誤の上で見いだした」ポイントも伝授する。

RPA+OCRで残業はどのくらい削減できる? パナソニック ソリューションテクノロジーの事例に学ぶ

世に先んじてRPAとOCRの連携に取り組み、業務効率化の効果を出したパナソニック ソリューションテクノロジー。その舞台裏には何があったのか。

“野良Slack”を組織に取り込み決裁時間を大幅削減 DeNAの現場はどう変わったか

エンジニアのコミュニケーションツールとして人気に火が着いた「Slack」。今では、開発の現場だけでなく業務部門での利用も進み、システム連携により業務を効率化するツールとしても存在感を増す。DeNAはSlackの利用を現場から組織に拡張したことで、現場の業務は大きく変わったという。

AI-OCRとは? OCRとの違い、選定ポイントと導入の注意点

RPAと連携することで自動化の範囲を押し広げるOCR(光学的文字認識)技術に注目が集まる。近年は、機械学習や深層学習といったAI技術を活用するAI-OCRが話題だ。果たしてその実力とは? OCRとの違いや失敗しない製品選定のポイント、導入の注意点を解説する。

RPA×AI連携を数クリックで――Connected-RPAが実現する世界

大手製薬会社のファイザーが、RPAとOCRの連携で22万時間分もの作業を削減しました。AIとの連携でも大きな成果を上げています。また、ある企業はSAPの2025年問題の解決策としてRPAの活用を考えています。RPAを上手に使っていく上で重要なトレンドを紹介します。

連携機能で250兆円経済圏の可能性を秘める「APIエコノミー」とは?

システム同士を連携させるAPI。多くの公開APIが利用できる「APIの銀行」となる存在も登場した。APIの今を解説する。

「連携」に関するIT製品情報

導入期間わずか3カ月で、10年使える経営管理基盤を構築できた理由

株式会社パシフィックビジネスコンサルティング

企業成長に伴い、システム刷新の必要性を実感していたセキュアでは、ERPとCRMを連携させた経営管理基盤をわずか3カ月という短期間で構築できた。その理由とは?

検証レポート:Pure StorageとVeeam連携によるバックアップ&リカバリーの実力

SB C&S株式会社

高速なオールフラッシュストレージと定評のあるデータ保護製品とで、バックアップ効率や復旧時間はどれだけ変わるのか。両者の連携による、ストレージスナップショットを利用したバックアップについて、その手順と具体的な効果を紹介する。

マーケ&セールスで相乗効果、コニカミノルタジャパンの営業力を高めた情報基盤

株式会社セールスフォース・ドットコム

コニカミノルタの販売や顧客サポートを担うコニカミノルタジャパン。マーケティングとセールスの分業を果たしたものの、その連携に課題を抱えていた同社が、集約されたリード情報を基にした一気通貫の営業活動を実現できた理由とは?

北欧の電力企業が実現したプロセス標準化とTCO削減、肝はERPベンダーとの連携に

IFSジャパン株式会社

エネルギー業界のニーズをITでどう充足すべきか。北欧最大規模のエネルギー企業、ハフスランドが取り組んだのは、ERPを核としてベンダーと共同開発することで機能を充実させるというアプローチだった。その成功の秘訣を紹介する。

高度なマルウェア対策には何が必要? EPPとEDRの違いとは

株式会社日立ソリューションズ

EDRは未知のマルウェアに有効な対策だが、検知率が低いアンチウイルスを導入していると、調査対応などの運用負荷が高くなるなどの課題もある。重要なことは検知率の高いEPPとEDRを連携し、運用全体を効率化することだ。

「連携」に関する新着セミナー

レガシーとの連携でDXを推進!脱属人化×安定稼働を実現する Syncsort DMExpressハンズオンセミナー

株式会社アシスト

2020/03/18(水)13:30~15:30

  • 大阪府
無料 | 定員10名 | データ分析

「連携」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。