「アイコムシステック」に近い情報
「アイ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「アイ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「アイ」に関する記事情報

LINE WORKSとBoxの合わせ技、創業100年の老舗が業務効率化の秘密を明かす

ITを活用した社内の働き方改革に取り組む井村屋。LINE WORKSとBoxの合わせ技によって、業務を効率化する方法を紹介した。同社の「アイちゃん」活躍。

ファーウェイの“あけおめ”に含まれていた「余計なモノ」:496th Lap

ここのところ頻繁にニュースのネタにされるファーウェイ。公式Twitterの新年のあいさつで大失態をしでかした担当者の命運やいかに?

RPAをやる時間もない――多忙すぎるメタルワンの「ロボットコンテスト」奮闘記

従業員にRPA活用を取り組むよう仕向けるにはどうしたらよいのか――「ロボットコンテスト」という一風変わったアイデアで、全社の”RPA熱”を高めた企業がある。

インターネット分離の“困った”を解決する最新製品の実力は?

業務ネットワーク環境とインターネット接続環境を異なるセグメントとして扱う「インターネット分離(アイソレーション)」。2つの最新製品に注目した。

業務効率を落とさない「インターネット分離」の基礎

標的型攻撃などのサイバー脅威対策として「インターネット分離(アイソレーション)」に注目が集まる。本稿では3つの方式について整理してみよう。

用語解説:ディープラーニング(Deep Learning、深層学習)

AIを活用したビジネス開発が活発だ。なかでもディープラーニングは注目を集めているが、その理由は? 私たちの業務はどう変わる? どこで使える? 基礎知識から技術応用のアイデアまでを解説する。

NTT研究所の先端技術を集約し事業拡大を狙う「NTTテクノクロス」誕生

NTTソフトウェア、NTTアイティが合併し、NTTアドバンステクノロジーの音響・映像事業を統合した新会社が誕生した。NTTの研究所の技術を集約したNTTテクノクロスは今後どんなソリューションで市場開拓を狙うのか?

クラウド時代はIDがますます重要に、オラクルが新サービスを提供

クラウド普及に伴って重要性が高まるアイデンティティー管理を、オラクルのクラウド基盤上で実現する2つの新製品を投入する。

ミズノが考えるゴルフクラブ作りの「最適解」

今日のクラブ作りの匠は、3D CAD設計と解析を繰り返し「飛ぶアイアン」を作るために必須な最適化処理ができなければならない。

AIを利用するだけならデータサイエンティストはもう要らない?

米Salesforce.comが自然言語処理や深層学習などの機能を組み込んだAI「アインシュタイン」を発表した。

「アイ」に関するIT製品情報

コンテナ化がゴールではない、アプリケーションのモダン化に至る最適パスとは?

日本アイ・ビー・エム株式会社

アプリケーションをコンテナ化することは、モダナイゼーションへの優れた最初のステップとなる。しかし、真のビジネス価値を引き出すためには、モダナイゼーションの段階をさらに先へと進める必要がある。

ネット通販に追随できる受発注管理を――老舗食器卸売企業の基幹システム刷新術

日本オラクル株式会社

老舗の食器卸売業であるアイトーは、新たに取り組んだネット通販事業が拡大するにつれ、自社開発の基幹システムに限界を感じていた。ネット通販のスピード感に対応し、膨大な受発注管理を効率化するため、同社が構築した新システムに迫る。

“データの収益化”に向けた第一歩、データドリブン時代のストレージ活用法

日本アイ・ビー・エム株式会社

デジタルトランスフォーメーションの取り組みにおいて、多くの企業が「データの資本化/収益化」を最優先事項としている。その実現に向けて解決すべきストレージの課題と解決策とは何か? 調査データを基に解説する。

安全性・信頼性・可用性を強化、Yahoo! JAPANに学ぶオブジェクトストレージ活用

日本アイ・ビー・エム株式会社

月間で約725億のページビューを誇る「Yahoo! JAPAN」。その運営を行うヤフーは、膨大なトラフィックにより限界を迎えつつあったストレージ環境をどのように改善したのか。同社の事例からクラウド時代に求められるストレージの条件を探る。

VMware製品による仮想化環境のクラウド移行、サービスに違いはあるのか

日本アイ・ビー・エム株式会社

VMware製品による仮想化環境をクラウドに移行する製品やサービスが発表され、オンプレミスのシステムをハイブリッド環境へと拡張するのは現実的になってきた。そこで気になるのがベンダーによるサービスの違いだ。どのような差があるのか。

「アイ」に関する新着セミナー

DX時代に向けた企業システムの攻めと守り ~データを制する者が勝利を手に~

株式会社アイ・ティ・イノベーション

2019/10/16(水)15:00~17:35

  • 東京都
無料 | 定員なし | 基幹系システム | 情報システム | データ分析

RPAツール「EzAvater」導入セミナー ~失敗しないRPAの選び方~

株式会社アイルネット

2019/09/26(木)16:00~17:30

  • 東京都
無料 | 定員10名 | PCソフト

【名古屋】通勤交通費の経費削減方法とアイディア。年間2,000万円を超えるコスト削減を実現。

株式会社クレオ

2019/11/14(木)15:30~17:00

  • 愛知県
無料 | 定員10名 | 基幹系システム

「アイ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。