「らぶ2quad nodvd 認証回避」に近い情報
「らぶ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「らぶ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説認証とは?

認証とは、クライアントPCや社内ネットワーク/システムへのアクセス、あるいはオフィス自体への入退室を行う際に、正規なユーザー本人か否かを判定することでセキュリティを確保する仕組み。IDとパスワードを入力させる方式の他、指紋認証などのバイオメトリクス(生体認証)、ワンタイムパスワード、USBトークン、電子証明書などが利用され、それらを組み合わせた二要素認証を用いる場合もある。

「らぶ」に関する記事情報

タブレットの導入状況(2019年)/後編

導入が進む業務用タブレットだが、社外でも安全に利用するためのセキュリティ対策と利便性のバランスに悩むケースも多い。企業ではどのような対策を講じているのか。また、実際にトラブルは発生しているのか。

「ウェアラブルデバイス」シェア(2018年第4四半期)

国内ウェアラブルデバイス出荷台数は前年同期比40.1%増の21万台だった。ウェアラブルデバイス市場成長の背景には、あのデバイスの存在があった。

RPA導入で必ず起こる、テストの問題とは

RPA導入で必ずぶつかる壁として「テスト」がある。いい加減にしたり、従来のシステムと同じ要領で行ったりすると、思わぬロボトラブルにつながってしまう。テスト時によくある7つの失敗事例とその原因を紹介する。

「ウェアラブルデバイス」シェア(2018年第3四半期)

国内ウェアラブルデバイス出荷台数は前年同期比40.1%増の21万台だった。シェアトップ5ベンダーのうち、1位と2位以降で大きな差が開いた。この差は何によるものか。

「RPA、取りあえずやってみよう」はダメ、正しい開発プロセスとは?

ユーザー部門自らが“取りあえず開発を始められる”ことが一つのメリットでもあるRPAだが、いつまでも考えなしに取りあえずやってみるだけでは、トラブルの絶えないロボが作られ続けることになってしまう。作り手の視点や、ちょっとした前準備が、現場で役立つ優秀なロボット開発につながるのだ。RPA開発の正しいステップとは何か――現場のユーザーでもできることを紹介する。

部下が病んでいく職場

部下が1人でやり遂げた仕事も「簡単な内容、できて当たり前」と考える、プライベートのトラブルが原因で仕事に影響を出すとは許せない……。こんな考え方をお持ちではありませんか。

実例で学ぶ、RPAが止まる4つの原因と回避の手引き

RPA導入企業の4割が「ロボットの業務が滞る」と悩む。彼らの前に立ちはだかるのは、ロボットの作り方に起因した4つの“ロボトラブル”だ。図や表、チェックリストで、その対策を分かりやすく解説する。

「ウェアラブルデバイス」シェア(2018年第2四半期)

国内ウェアラブルデバイス出荷台数は前年同期比2.7%減の約16万8000台だった。一方、世界市場では同期比5.5%増と市場を拡大している。違いはどこにあるのか。

壁だらけのロボット展開、RPAに求めるべき品質ってなに? 後編

ロボットが停止し、事業運営に影響を与える事故に発展した――RPA導入企業でこうした出来事が多発している。トラブルのないRPAを目指すなら、推進の各フェーズで必ず実践すべきことがある。

壁だらけのロボット展開、RPAに求めるべき品質ってなに? 前編

企業の高品質なRPA運用を支援するコンサルタントが、本当にあったRPAの事故の原因に切り込み、トラブルのない"優等生ロボット”をどのように実現するのかを解説する。

「らぶ」に関するIT製品情報

インフラ監視で陥りやすい8つの間違い、検出から解決までを迅速化するには

Splunk Services Japan

インフラ監視の現場は、複雑な管理項目と終わりの見えないトラブルシューティングに疲弊している。増え続けるサーバやデータに対応しようと多くの監視ツールが導入されたものの、かえってIT部門の負担が増しているのが現状だ。

マンガで分かる「VDI構築の注意点」 思わぬトラブルやコスト増大を避けるには

アセンテック株式会社

VDI環境の性能要件は企業ごとに異なるが、その導入において思わぬトラブルやコスト増大を招く原因には共通する部分も多い。実際のVDI環境構築事例を基に、サイジングやストレージ選定で失敗しないためのポイントを解説する。

ネットワーク監視マネージャ ThirdEye

株式会社ロジックベイン

大規模ネットワーク管理のコスト削減、トラブル対応迅速化を実現

故障や容量不足を事前予測、ストレージのトラブルを防ぐAI+ビッグデータ活用術

シネックスジャパン株式会社

データ喪失や容量不足といったストレージのトラブルは、従業員のモチベーションや顧客の信用を低下させる危険性がある。こうした悩みを解決するのが、AIとビッグデータを活用した「障害予知機能」で、トラブルを未然に防ぐストレージだ。

ドローンの空撮による地図生成をクラウドで驚くほど簡単に実現

SB C&S株式会社

太陽光発電設備を提供するサニックスでは、同設備を設置するために予定地の事前調査や測量を行っているが、後工程のトラブルを防ぐため、その精度をいかに高めるかが課題だった。そこで役立ったのがドローン測量のクラウドサービスだ。

「らぶ」に関する新着セミナー

そうだアシストに聞こう!JP1ジョブ管理製品のアセスメントとトラブル対応!

株式会社アシスト

2019/12/12(木)13:00~15:00

  • 東京都
無料 | 定員20名 | 運用管理 | 開発

「らぶ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。