「なんネット」に近い情報
「なん」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「なん」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「なん」に関する記事情報

Microsoft Teamsの“チーム乱立”を防ぐには? Office 365の運用ルール作りにおける成否の分岐点

従業員の自由を奪うことなくOffice 365をの機能を業務に適用するにはガバナンスをどう考えればいいか。今回は、Microsoft Teamsのガイドラインを例に挙げ、Office 365の運用ルール作りのポイントを紹介する。

気付かないうちに乗っ取り完了? 最新のAndroid脆弱性が怖すぎる件:565th Lap

Androidスマートフォンにかなり危険な脆弱性が見つかった。なんでも"全て"のアプリを装いユーザーのデータや認証を奪うことが可能という。その真相とは。

紙文化の残っていた金融機関はどうやってテレワークに移行したのか――山口フィナンシャルグループ事例

企業がニューノーマルにシフトするために避けては通れない業務改善。山口銀行などを傘下に抱える山口フィナンシャルグループは業務改善に先んじて取り組んだことが功を奏し、テレワーク体制へ移行できたという。

Googleが提案する「脱・スマホ依存」方法がアナログすぎる件:548th Lap

スマホは今や生活に欠かせないツールだ。業務用のモバイルアプリも多数あり、業務連絡のついでについSNSを開いてしまう……なんてことも。あのGoogleが、そんなスマホ依存気味のわれわれを救ってくれるようだ。

HDD不正転売事件から学ぶ 情報保護・情報ガバナンス市場の実態

情報保護や情報ガバナンスの強化に向けて、企業ではさまざまな対策を実施しているが、その中心となるソリューションが、「暗号化・鍵管理」や「DLP」(Data Loss Prevention)、そして「eディスカバリーアプリケーション」などだ。これら情報保護対策につながるソリューションの現状と市場予測についてお伝えする。

何かとシバリが多い自治体のIT改革、渋谷区が採用した第4のネットワーク「コア系」ってどんなもの?

マイナンバー、住基台帳……「守るべき情報の巣窟」自治体のワークスタイル変革は、ネットワーク設計一つをとっても厄介なことだらけだ。いざというとき、庁舎にいなくても安全に行政が動く仕組みを作る渋谷区のICT基盤はどんなものか。

フェイクニュース撲滅に依存も解消? SNSは○○で生まれ変わる:539th Lap

FacebookやTwitterなど、SNSが生活の一部に定着した感がある。特に若者を中心に「もう使わない日常なんて考えられない」という人は少なくないのではないだろうか。だが社会問題も増えたわけで……。

こんなにチャットbotに置き換わるなんて……CRM市場動向

IDC Japanは、国内CRM市場の成長率を広告、コンタクトセンター、カスタマーサービスなど6つの分野に分けて調査した。6つのうち、どの分野が成長しどの分野が落ち込んだのか。

お前もか! Siriとの会話が第三者に盗み聞きされている疑惑が浮上:524th Lap

セキュリティやプライバシー保護にはかなり厳格な態度をとってきたAppleが、Siriの音声データを利用者の意図しない方法で使っていた可能性があるという。テロリストのスマホロックすら拒んできた会社が、まさかそんなことをするなんて。

「使えないマニュアル」はもういらない 操作レクチャーを自動化する「ナビゲーションツール」とは

業務システムは高機能化とともに操作も複雑化する。どの従業員でも簡単に操作できるようにマニュアルを作成するも、メンテナンスが滞りやがては「読まれないマニュアル」となっているケースもある。こうした操作マニュアルをシンプルにするのが「ナビゲーションツール」だ。

「なん」に関するIT製品情報

全ての自治体がサイバー攻撃の標的に――いま取り組むべきセキュリティ対策とは

トレンドマイクロ株式会社

自治体ではセキュリティ対策が進められているものの、巧妙化するサイバー攻撃に対して柔軟に対応できているとはいえない。今後、テレワークの浸透や、マイナンバーの利用拡大に伴う情報集中が進むと、格好のターゲットとなる可能性もある。

監査法人の声を基に開発、ガバナンス強化のための特権ID管理ソリューション

株式会社アシスト

特権IDの管理においては、アクセス権の管理でシステムの安全性を維持するだけでなく、ガバナンスを強化して監査対応業務をスムーズに実現できるかも重要になる。そこで有効なのが、特権IDのライフサイクル全体をカバーできる製品だ。

SI事業のBP発注を一貫して把握、ガバナンスを確立し業務を効率化

TDCソフト株式会社

SIerのキューブシステムでは、プロジェクトごとの発注件数が膨大で、見積もり依頼から検収までの一貫した状況把握が困難だった。IT企業に特化した購買管理製品で対処した。

マルチテナント対応文書管理基盤で内部統制厳格化、業務効率向上

日本電気株式会社

エア・ウォーターは200超のグループを持つ企業だ。同社で内部統制の厳格化や監査業務を円滑に実行できる環境を実現した、マルチテナント方式対応の文書管理基盤とは?

残業や休日出勤から労務担当者を解放、電子化とクラウドがもたらすメリットとは

株式会社SmartHR

新入社員の社会保険/労働保険手続きや年末調整、マイナンバー収集など、一年を通して忙殺される労務担当者。しかし、電子化の推進とクラウド労務ソフトの登場により、その状況は大きく変わろうとしている。

「なん」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。