HRTechとは 事例、基礎知識、ツールの選び方が分かる HRの未来 研究所

HRTechの最新採用事例、基礎知識、ツールの選び方が分かる

HRTechとは

「HRTech」とは、人事を意味する「HR(Human Resources)」と、技術を意味する「Technology」を組み合わせた造語であり、Human Resources Technologyの略だ。HRTechは、クラウドやAI(人工知能)、ビッグデータ、モバイルなどの技術を活用し、従業員個人と組織のパフォーマンスを最大化することを指す。最近では、人事部門の業務効率化だけでなく、組織にどういったスキルを持つ人材が在籍しているかをクラウド上で管理し、プロジェクトごとにどういった人員配置をすべきかというマクロな活用例に加え、従業員個人のスキルアップやマインドセットをどう効率的に育成するかなど一人一人にリーチするようなミクロな事例も少なくない。

本ページでは、導入事例や実態調査、各ソリューションの導入ポイントといったトピックスを中心に、「HRTech」の押さえておきたい情報を一挙に紹介する。

TopStory

企業にも“3密回避”の行動が求められる中、そろそろ本格的に採用活動のオンラインシフトを考えなければならない。オンライン面接で応募者を引き付けるにはどうすればいいか。起こりがちなトラブルとは。本特集で詳細を解説する。

(2020年11月9日)

事例でHRTechを学ぶ

落ちこぼれの日本をグローバル標準に引き上げる:

世界30万社員の中でジョブ型が実践できていないのはほぼ日本のみ。日立の人事制度改革は、日本企業の組織変革ではなくグローバル企業から見て「落ちこぼれ」の日本地域を標準化することが目的だった。日立グループ人事トップが描く30万人の人材戦略とは。

(2020年10月1日)

今までは対面での面接が当たり前とされてきた新卒採用。だが、ここにきて採用活動における“常識”が大きく変わろうとしている。新卒採用活動の今を調査結果から見る。

(2020年10月8日)

かつて、新卒採用からおよそ4年でスキルの偏りが発生していたというSI企業クロスキャットは、人材管理のやり方にメスを入れた。そのことが功を奏し、コロナ禍で集団研修といったスキルアップ研修を組まなくとも個別具体の遠隔研修実施が可能となったという。クロスキャットの人事部に話を聞いた。

(2020年8月5日)

ITを駆使してグループ人材の活用に取り組むSMBCグループは、国内有数規模の人材管理およびタレントマネジメント業務にクラウドサービスをいち早く採用した。8万人超の従業員を抱えるSMBCグループは新たな人事プラットフォームを導入するに当たり、新システムへの要求のハードルの高さや既存システムとの兼ね合いなどの課題をどのようにくぐり抜けたのだろうか。

(2020年10月16日)

国内外の大学生、大学院生など数千人から応募があるというパナソニックの新卒採用。2020年、コロナ禍をきっかけに2021年卒の新卒採用を100%オンライン化した。同社の取り組みやオンライン採用活動をやって分かったことを聞いた。

(2020年7月29日)

カルビーが新たに打ち出した働き方「Calbee New Workstyle」。その実現の裏には、情報システム部門の活躍がある。コロナ禍が到来する直前に基幹系システムの移行に取り組んでいた同社の情報システム部に、システム移行と出社率管理アプリ開発を振り返ってもらった。

(2020年8月21日)

SaaSで最新のベストプラクティスを、といったところで使われなければ意味はない。改革の推進には社内のキーパーソンが簡単かつ効果的にシステムを使える仕掛けが重要だ。海外で実績のある手法で成果を上げる企業を取材した。

(2020年5月20日)

カルビーはオフィス勤務の従業員の出社率30%を実現するため、新たな業務アプリを開発、運用を開始した。

(2020年7月15日)
KeyConductors:

カゴメでは積極的なグローバル展開を進めるために従業員の働き方を多様化し、世界共通の人事制度を運用する「グローバル人事制度」を策定した。

(2016年9月7日)

グローバルで拡大を続けるニトリホールディングス。グループがさらなる組織強化のために着手したのは、人材マネジメントと、人材を発掘するためのある思い切った仕掛けだ。

(2019年7月5日)

HRTech製品導入のヒント、製品比較

企業にとって永遠の大きなテーマといえる「人材の生かし方」。ビジネス環境が急速に変化する中、注目されているのが「タレントマネジメント」だ。従来型の人事管理手法とどう違うのか? タレントマネジメントシステム5選とともに紹介する。

(2020年10月19日)
「ES書き方講座」に惑わされない採用が実現?:

慶應義塾大学とIGSは、3年間の実証研究「STARプロジェクト」を開始する。学生と企業のマッチングに向けた新たなデータ活用基盤を開発する。学生は情報提供依頼があった複数の企業に対して開示先や開示範囲、開示期間を自ら選べるようになる。

(2020年8月18日)

採用業務は従来、紙の履歴書や職務経歴書が重宝され、管理もExcelを使った手作業でという企業が多かった。そういった状況を改善するため、現在では40社を超えるベンダーから簡単に導入と運用可能な採用管理システムが提供されている。本稿は、採用業務が抱えている課題とそれを解決する採用管理システムの機能を紹介する。

(2020年7月20日)

昨今、注目を集めつつあるクラウド型人事管理支援システム。本稿はHCMシステムの中でも代表的な「Oracle Cloud HCM」について機能と特徴を説明する。

(2020年7月10日)

人材が集まる企業は何をしているのか。人手不足が問題視される中、企業と従業員あるいは求職者との関係は、これから大きく変わるかもしれない。企業が「人」と向き合うための新しい手法を理解しよう。

(2020年6月22日)
日本企業の人事制度はどう変わるか:

テレワークの推進や働き方改革の進展をきっかけに、経済界からも提言が出るなど、にわかに注目されるようになった「ジョブ型雇用」。社外でも通用するエンプロイアビリティの高い人材を育成しにくいとされる従来型の雇用と、ジョブ型雇用はどう違うのか。

(2020年8月3日)

新型コロナウイルス感染症の拡大をきっかけに、人材採用の方法は大きな様変わりを見せる。説明会もオンラインが当たり前になる中、対応に戸惑う企業もあるだろう。この中で注目を集めるのが「オンライン面接ツール」だ。オオンライン面接ツールの利点や、面接のオンライン化によって何が変わるかを整理する。

(2020年6月3日)
IT完全導入ガイド:

高いパフォーマンスを生み出す組織を作るには、従業員が力を発揮できる環境作りと適切な健康管理が必要だ。従業員の健康管理において、ストレスチェックは重要な役割を果たすが、実施するだけにとどまり、その結果を改善に生かそうとする企業は半数にも満たないという。企業は従業員の心のケアに対してどう向き合うべきか。

(2018年12月3日)
IT導入完全ガイド:

超人材売り手市場の現在、従業員の離職を防ぐためにも社員の仕事を適切に評価し、エンゲージメントを高めることが重要だ。そこで、今回は人事評価システム活用の重要性と選定のポイントについて紹介する。

(2018年6月4日)

調査レポートでHRTechの今を知る

ガートナーは国内企業のITソーシングに関する調査結果を発表した。同調査では、企業のIT戦略遂行における開発、運用保守などのアウトソーシングの位置付けやデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みにおけるベンダー活用の意向を尋ねた。

(2020年9月8日)

テレワークにおいて勤怠管理はどう変化したのだろうか。在宅勤務でも稼働時間を記録可能なシステムの導入率が増加しているものの、思わぬ不満の声が寄せられた。

(2020年8月6日)

規模や業種を問わず、多くの企業が注目する「リファラル採用」。採用決定率が高く、離職率は低いというメリットがある一方で、成功までにはいくつかの障壁がある。その打開策とは。

(2018年11月19日)

テレワークが長期に及ぶことで、従業員のモチベーションや帰属意識の低下が懸念されている。従業員が働くことに満足しているか、今抱えている課題とは何かを可視化、分析することはなぜ重要なのだろうか。

(2020年5月7日)

組織から離れる従業員やスタッフ。なぜ、人材流出は起こるのか、有効な改善策はないものか。本連載最終回は、組織離れに歯止めをかける施策について解説する。

(2020年4月30日)

アンケート結果では、人事・労務管理システムの導入率は7割を超えた。その一方で、リモートワークなど多様な勤務体系の管理への課題も明らかになり始めたようだ。

(2020年3月19日)

働き方改革の文脈で注目が集まっている「従業員満足度」。読者アンケートからは実施側の経営層と受け取り手の従業員間で、大きな溝があることが分かった。

(2020年3月26日)
会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。