クラウドERPとは? 基幹業務DXの実践例、企業事例を学ぶ クラウドERPの実践、事例、改革のヒント - キーマンズネット

クラウドERPの実践、事例、改革のヒント

クラウドERPとは

クラウドERPは、ERP(Enterprise Resource Planning)パッケージの機能をクラウド環境で利用できるようにしたものを指す。クラウドERPには(1)オンプレミス型のERPをクラウド基盤に移行したもの、(2)SaaS型で提供されるERPサービス、(3)オンプレミス型ERPの拡張としてSaaS型で提供されるERPサービスなどがあり、カスタマイズ性などに違いがある。いずれか1つの形態のみを採用する場合だけでなく、(1)と(2)のハイブリッド型やオンプレミスのERPとの併用を選択する企業もある。一般的にはオンプレミスと比較して初期投資を抑制して運用コストも削減できる点、最新の機能をすぐに利用できる点、周辺クラウドサービスとの連携やデータ活用に有利な点などが特徴とされる。

注目記事

人手不足が本格化するといわれる2025年。この年、企業の基幹業務を支えてきた古い「SAP ERP」の保守サポートが終了する可能性がある。導入プロジェクトをけん引してきた人材が不在になる前に検討しておくポイントは?

(2018年10月15日)

クラウドERP導入の基礎

IT導入完全ガイド:

ERPは企業の基幹システムであり、企業経営と密接に関係するものだが、そのERPもサービスを利用する流れにシフトしつつある。企業がクラウドERPに注目する理由と、基礎解説、導入のポイントについて探っていきたい。

(2018年7月17日)
IT導入完全ガイド:

ERPの導入やリプレースは企業全体の業務に関わるため、慎重に検討する必要がある。「部分導入か全体導入か」「基本機能だけで運用できるか」など考えるべき点は多い。本稿では導入前の確認ポイントを整理したい。

(2018年7月23日)

事業拡大や業務効率化を考えたとき、クラウド型で提供されるERPの利用は、検討したい選択肢の1つだ。だがクラウド型はどこから着手すべきかは考えておく必要がある。

(2017年6月19日)
IT導入完全ガイド:

クラウド型ERP、使うにはどんな準備が必要か。サービス提供者に頼める作業はどんなものがあるか。部分導入から全体導入まで定番シナリオをまとめた。

(2017年6月26日)

市場トレンド、調査資料

IT担当者300人に聞きました:

主要パッケージ製品やバックエンドのサーバ製品の保守サポート終了やクラウドサービスの隆盛など、ERPを取り巻く環境は節目を迎えつつある。加えて工数やコストを抑えて導入できるクラウドERPの選択肢も増えてきた。約1年前の調査と比較して変化はあっただろうか。

(2019年1月10日)
IT担当者300人に聞きました:

ERPの導入状況を定点観測。今回のアンケートでは、企業情報システムが直面する深刻な問題がいよいよ表面化しつつある兆候が見えてきた。皆が恐れていた事態が現実になりつつあるようだ。

(2019年1月17日)
「例の崖」が来る前に、赤くない会社が集う:

SAPユーザーのクラウド移行に主要プロバイダー3社がそろってシステム移行で協力する。2018年に経済産業省が発表した「DXレポート」に取り上げられたことで注目を集める基幹業務システムの「2025年の崖」。渦中の古いSAP ERPユーザーも「崖」から救うか。

(2019年5月16日)
「結局入力しなきゃ使えないんでしょ?」を克服する:

現場の細かな業務データをくまなく拾って会計監査などにも耐える業務フローを整備するには、大きなシステム導入でないとムリ? 「今と変わらぬ人員で効率よく運用したいなら入出力業務をなくしてしまえばよい」こんな潔ぎ良い提案が聞こえてきた。さて、どんな仕掛けか。

(2018年12月11日)

クラウドERP導入事例

事例で学ぶ!業務改善のヒント:

もう8年もERPを導入しようとしては頓挫してきた――失敗続きの導入プロジェクトが3度目にして、みごとに1年で成功した理由はどこにあったか。

(2018年6月20日)

突然のオーダー「2社2国をまたぐERP統合、10カ月で本稼働させてね」さてどうする? 旭化成グループのIT基盤を担う担当者に聞いた。

(2018年6月13日)
事例で学ぶ!業務改善のヒント:

在庫コントロールが難しい薬品業界にあって常時2万品目以上を取り扱うメーカーの業務改革。一度目に失敗した点を、どう改善したか。一大プロジェクトの奇跡を紹介する。

(2018年4月25日)

わずか2日でグループ10社の基幹系業務システムをクラウドに移行完了。バンダイナムコグループが実践した「リフトアンドシフト」。きっかけは保守切れ対応への疑問だった。

(2018年1月7日)
会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。