突然セキュリティ担当者になったときの心得

「突然セキュリティ担当者になったときの心得」の連載記事一覧です。

連載の最後に、セキュリティ担当者としての心構えについてお伝えします。

【松尾秀樹 , セキュアシステムスタイル】()

セキュリティポリシーも含めたルールを全社に浸透させるには、ある程度のコツやノウハウが必要です。まずは受け入れてもらいやすい環境を作ることから始めてみましょう。

【松尾秀樹 , セキュアシステムスタイル】()

セキュリティ担当者になれば、セキュリティポリシーを含めたルール作りに関わる機会が増えるはずだ。ルール作りのために欠かせない考え方について紹介しよう。

【松尾秀樹 , セキュアシステムスタイル】()

日常的にセキュリティ関連の仕事を行う筆者は、セキュリティを担当する組織の在り方について「少数精鋭であるべきだ」と考える。その理由とは。

【松尾秀樹 , セキュアシステムスタイル】()

これまであまり語られることのなかったセキュリティ担当者としてのキャリアパスについて考えてみよう。

【松尾秀樹 , セキュアシステムスタイル】()

技術的な知識の前に、セキュリティ担当に適した2つの素養がある。セキュリティ担当者にふさわしい人材を探す際に念頭に置くべきポイントとは何か。

【松尾秀樹 , セキュアシステムスタイル】()
会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。