イベントレポートアーカイブ

「イベントレポートアーカイブ」の連載記事一覧です。

ハンコもFAXもオフィスも……。私たちの労働環境はなぜこうも「昭和」だったのか。平成の30年間、私たちはなぜITを無視してきたのか。

【キーマンズネット】()

マツダは次の100年に向けて生き残りを賭けたデジタルトランスフォーメーションに挑む。そこでもマツダらしい他社との差別化が必要だという。マツダの考える「らしさ」とは。またCASEを支える基盤づくりにおける4原則とは。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

中小企業でもクラウド活用が進んでいる。情報が紙ベースで全社共有もままならなかった不動産、町工場、介護の現場を変えたIT活用とは? 「全国中小企業クラウド実践大賞」で表彰された3企業の取り組みを紹介したい。

【北原静香 , クロスラフ】()

「突然アップデートが始まり、更新が終わるまで数時間作業できない」……。Windows 10に移行して安心したのもつかの間、定期的にリリースされる更新プログラムに悩む企業は少なくない。業務に支障をきたさずWindowsアップデートするには? 3つの方法を紹介する。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

5Gや宇宙衛星、AIなど注目の最新技術は、どう現場で活用されるのだろうか? 2020年から運用や実証実験が始まる事例を取り上げたい。

【二瓶 朗 , キーマンズネット】()

2019年分の確定申告が2020年2月17日から始まった。新型肺炎(COVID19)流行の懸念もあり国税庁は電子申告を推奨、2020年分からは電子申告優遇措置も始まる。

【野依史乃 , キーマンズネット】()

LINEと同じ操作性で利用できる「LINE WORKS」は、これまで勤怠管理や日報を作成する機能などを提供してきた。新サービスでは、出張ワークフローをチャットで完結させるという。

【北原静香 , クロスラフ】()

ソフトウェア市場の拡大により、経費精算など特定の業務に特化した業務用アプリケーションが多数登場している。中には、会議室を予約するためだけのアプリケーションなどもある。ツールが分散した結果、業務を阻害している可能性もあるようだ。

【野依史乃 , キーマンズネット】()

システムの脆弱性を狙う攻撃は増加している。コストとリソースが膨大にかかる脆弱性対策には、管理ツールの活用が要だ。脆弱性対策の課題やツール選定の要点とは?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

花王のデジタルマーケティング施策を支えるデータサイエンス室は「10年使えるデータ活用基盤」を構築を目指す。ポイントは現場との議論の積み上げ方にあるという。その思想とデザインを聞いた。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

2020年は「as a Service」の考え方はSIerにも求められ、働き方改革も次のフェーズへと移るだろうとIDC Japanは考える。これに対して、組織は何を考え、どう意識転換するべきか。

【岡垣智之 , キーマンズネット】()

 RPA(Robotic Process Automation)やクラウド利用が進む中、「管理者権限の乗っ取り」というリスクが浮上している。これに対処する方法は。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

企業が持つさまざまなシステムがクラウドに移行する中、ネットワークインフラもクラウド的なオペレーションが求められるようになった。「Cisco Meraki」はこうしたニーズをひろう製品の一つとされるが、実際にどこまで「使える」のだろうか。先行する導入企業が本音で語った。

【北原静香 , クロスラフ】()

マイナンバー、住基台帳……「守るべき情報の巣窟」自治体のワークスタイル変革は、ネットワーク設計一つをとっても厄介なことだらけだ。いざというとき、庁舎にいなくても安全に行政が動く仕組みを作る渋谷区のICT基盤はどんなものか。

【キーマンズネット】()

グループ全体の「データドリブン組織」化を急ぐセブン&アイ・ホールディングス。データドリブンの先にある究極のサービス体験とはいったいどんなものだろうか。今、これから必要な人材像と合わせて話を聞いた。

【指田昌夫 , キーマンズネット】()

オフィススペースの施行を手掛けるオカモトヤは、従業員が満足する働き方に変えるために、経営層がPDCAを回しながら各種施策に取り組んだ。

【笹田仁 , キーマンズネット】()

インテリジェント・オートメーション(IA)分野で実績を持つKofaxが、同社のIAプラットフォームの機能強化と日本市場における戦略を発表した。他社のRPA製品とは何が違うのか。

【キーマンズネット】()

令和の時代にも残る昭和の資産の中で、「無くしたいのに無くせない」メインフレームやオフコンなどのレガシーシステム。マイグレーションのポイントは「バッチ処理」にあった。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

「つくるひとをつくる」を経営理念に掲げる三和建設は、組織と従業員の関わり方を重視する。しかし、メンバー層から上司への業務報告は一方通行で、経営理念と実際の現場の状況は懸け離れていた。

【笹田仁 , キーマンズネット】()

インテルがようやく次世代のPC向けプロセッサを発表した。中でも注目なのが、軽量PC向けに作られた「Ice Lake」と「Comet Lake」と呼ばれるプロセッサだ。

【二瓶 朗 , グラムワークス】()

何だか難しいイメージのある「データサイエンス」。そもそもAIとは何が違うのか。自社で実践する際のポイントは? 宇宙物理学を研究していたデータサイエンティストが、華やかに見える職業イメージとのギャップや業務の苦労話を通じて、データサイエンスのツボを余すところなく解説した。

【溝田萌里 , キーマンズネット】()

絶対にSaaSに業務データを入力しない勢との新しい戦い方が提案された。マニュアルもレクチャもSaaSと一体化してしまえ、という発想のもと、デジタル化定着を標榜するツールがある。

【原田美穂 , キーマンズネット】()

3〜4年のレンタル期間を経て返却されたPCを販売するリフレッシュPC販売サイト「Qualit」。今、個人だけでなく法人もリユースPCを求めるという。その背景を担当者に聞いた。

【二瓶 朗 , グラムワークス】()

もしも、買収先企業が知らぬうちにプライバシー情報を漏洩していたら? 数百億の制裁金も冗談ではない危険な世界を安全に航海するための指針は、どんなものか。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

情報システム部がけん引するRPAプロジェクトで2万時間に上る業務時間を削減した西友。情報システム部が主導するメリットや開発フローのポイントなどを「BizRobo! LAND 2019 TOKYO」で語った。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

老舗RPAベンダーのBlue Prismが、日本市場での活動強化を宣言した。決して、日本市場に早期に乗り出せたとはいえない同社だが、他社製のRPAツールからの移行案件も増えているという。どのような強みを推し出しているのか。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

Automation Anywhereが「RPA as a Service」というコンセプトを掲げ、クラウド環境でもロボットを展開、活用できる新製品を発表した。大企業だけでなく中堅・中小企業における自動化を助けるというが、具体的にどのようなメリットがあるのか。

【溝田萌里 , キーマンズネット】()

導入から約1年半でRPAの全社展開を果たした遠州鉄道。各フェーズで課題に見舞われたという、プロジェクトの全貌を「BizRobo! LAND 2019 TOKYO」で語った。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

顧客の満足度を測る新しい指標「NPS」は、今までの顧客満足度(CS)と何が違い、どう効果を生むのだろうか。効率の良いサービス開発に向け、顧客エンゲージメント指標を採用したKDDIの狙いを聞いた。

【指田昌夫 , キーマンズネット】()

RPAの失敗企業に共通してみられる、ある傾向とは。さらにAI-OCRを活用する際の盲点は。

【齋藤公二 , インサイト】()

AI(人工知能)を導入しようと考えるも、失敗に終わるプロジェクトは何が問題なのか。計画から導入までのプロセスに潜む陥りやすい落とし穴と注意点を説明する。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

かつて大手企業でRPA全社展開プロジェクトのリーダーを務めた竹内氏は、現在「現場スケール型RPA」の伝道師として活動する。RPAの適応領域を拡大するには「現場増殖型RPA」に変えることが必要だと言い、3つのポイントを挙げた。

【岡垣智之 , キーマンズネット】()

ServiceNowがいよいよ非IT部門を含む日本企業の業務改革全般に本腰を入れる。ITサービスマネジメントで培った標準化と運用のノウハウを、人事やマーケティングその他、全社ワークフローの標準化に適用すべく、エコシステムを拡大する。

【原田美穂 , キーマンズネット】()

グローバルで拡大を続けるニトリホールディングス。グループがさらなる組織強化のために着手したのは、人材マネジメントと、人材を発掘するためのある思い切った仕掛けだ。

【キーマンズネット】()

制御系も基幹系も、外部データも丸ごと分析するためのデータ基盤を持つ中部電力。カラスの営巣を見守る裏側で、巨大なデータ分析基盤を運用する。一体何をどう使っているのか。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

年々拡大を見せるAI市場。IDC Japanによると、2022年にはグローバルで792億ドル規模の市場になると見込む。同社は、国内のAI市場も右肩上がりになるだろうと見ているが、不安要素があるという。

【岡垣智之 , キーマンズネット】()

カブドットコム証券は業務分析に主要なセルフサービスBIツールを使いこなす。その中でも分析前の「もやっとした」情報にも使いやすい前処理ツールがあるという。活用例を紹介する。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

保険や金融業界でAI活用やRPAによる業務自動化が注目を集める中、中国で急成長を遂げる技術重視の保険会社は全く別の方法で顧客体験とサービスそのものを変えるアプローチを取る。大方のサポートは10分で自動処理可能なところまで作り込んでいるという。その詳細を聞いた。

【原田美穂 , キーマンズネット】()

1カ月当たり50万件、3000のデータベースから情報を取り出して従業員全員が仕事に生かすことは可能か……? 日本製鉄の大人気コンテンツ「ダッシュボード」が生まれるまでの奇跡を追った。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
法務部門の脱Excel:

クラウド契約サービスによる契約業務効率化が注目を集めるが、実際に採用したユーザーはどう使っているか。異なる事業を展開する3社が、契約を変えたことでそれぞれの業務を大きく変革する。

【原田美穂 , キーマンズネット】()
SIが諸悪の根源?:

日本企業のクラウド利用は進んでいる。なのに、どうにもコスト削減に結びついていない上にIT部門は煩雑なExcel仕事が増えがちだという。日本企業のITインフラの現状と課題を取材した。

【原田美穂 , キーマンズネット】()

業務の効率化に頭を抱える企業は多く、三井住友銀行もその1社だった。ヘルプデスクや人事総務、顧客応対など行内には合理化すべき業務が多くあった。これらを効率化するために同社が選んだ選択肢とは。

【岡垣智之 , キーマンズネット】()
「民主化」狙いの野心的なプランも登場:

マイクロソフトが企業活動全体のデータレイク作りに本気を出す。打ち出したのは「現場」データの取り込みだ。意欲的な新ライセンスで、現場と本部の断絶、エッジとコアの分断を解消する。

【二瓶 朗 , グラムワークス】()

「Office 365のデータはクラウドにあるから安心でしょ?」と思うユーザーも少なくない。だが、万が一データが消失したときのことを考えているだろうか。NTT ComはOffice 365ユーザー向けに新バックアップサービスを発表した。

【笹田仁 , ITmedia】()

シスコシステムズのネットワーク装置をECサイト「Amazon」で直接購入できるようになった。箱を開けて5分でゲストWi-Fi付きの無線LANアクセスポイントをセットアップできるという。全国の小規模事業主が気軽に顧客に「ギガ」を提供できるようになる。

【二瓶 朗 , キーマンズネット】()

RPAのロボットを月額数万円でダウンロードして活用できるサービスが生まれた。RPAのハードルはどれだけ下がるのか?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
今後必要なDXスキルはベンダーが教えてくれる時代に:

「Salesforceエンジニアになりたいならば全力で支援する」。今後数年続くと予想される「商機」にセールスフォース・ドットコムが本気でエンジニア確保に動く。

【原田美穂 , キーマンズネット】()

組織にとって業務の効率化が大きな課題となる中、いまだに効率化が進んでいないのが「会議」だ。NTTコミュニケーションズは、AIを活用して会議の効率化を図ろうと新サービスを発表した。これによって、どこまで会議はラクになるのだろうか。

【岡垣智之 , キーマンズネット】()

サイトを訪れた消費者への“おもてなし”を個別最適化しコンバージョン(成約)につなげるには、単なる“施策のベタ回し”ではダメだ。人の感情はその時々で変化するため、その瞬間に効果的な施策を打つ必要がある。NTTドコモは、AIを使ってこの課題をどう乗り越えたのか。

【岡垣智之 , キーマンズネット】()

ライオンがAI画像認識の技術を活用した口臭チェッカ―アプリを開発した。「AI活用ではデータの前処理に工数がかかる」「本開発に6カ月、費用は1000万円以上がかかるのが普通」といった知見を得たという。同社が語るAI活用の勘所とは。

【キーマンズネット】()

セブン銀行はAIによる業務再編を前提にATMを刷新する。将来は自社スタッフ全員が「電卓のように」AIを使う世界を目指すという。ATMが変わるだけで、どこまで企業が変わるかを聞いた。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

サイボウズ 代表取締役の青野社長は、グループウェア新時代を迎える今、使いやすさだけではダメだと語った。これからのグループウェアに求められるものとは。

【岡垣智之 , キーマンズネット】()

気が付けば、AIを取り入れることが目的化している。そういったケースは往々にしてあることだ。しかし電通はそうした「自己満足のAI開発」に警鐘を鳴らし、これからのAI開発に必要な視点を語った。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

大和研究所が10社もの企業からフィードバックを受けて開発したオンライン会議システム。なんでも音にこだわりがあるというが、その理由は?

【二瓶 朗 , グラムワークス】()

コモディティ化と海外メーカーの台頭をきっかけに、日本企業のPC事業撤退が相次ぐ中、2019年、新たなPCメーカーが誕生した。国産PCメーカーのDNAは受け継がれるようだ。

【二瓶 朗 , グラムワークス】()

ヴィーム・ソフトウェアは、マルチクラウド環境におけるバックアップとデータ保護を提供する「Veeam Availability Suite 9.5 Update 4」を発表した。ユーザー企業が直面する3つの課題を解決するという。

【岡田大助 , キーマンズネット】()

想定を超える人気のため出荷時期を変更したことで話題の2in1 PC。目新しい入力技術に注目が集まるが、実はその裏側で利用者の生産性向上を追求し、認知科学の成果を貪欲に取り込む技術者、研究者の本気が垣間見られるすごい成果が搭載されていた。

【二瓶 朗 , グラムワークス】()

製造工程が「ぶっ通しで20時間」もかかるエンジンを取り扱う三菱重工航空エンジン。受注が増える中でサプライヤー管理や品質管理、需要管理の工程を効率化した。IoTなどの未来志向の技術を、現場の効率化に還元する。何にどう効果があったのか。

【原田美穂 , キーマンズネット】()

パーソルテクノロジースタッフは、求人ニーズと求職ニーズをマッチングさせる業務の効率化を図ろうと、AI(人工知能)を活用したシステムの開発に着手した。しかし、その道のりは苦難の連続だった。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

今ある仕事の47%がAIに奪われる時代に、われわれは何をなすべきか。日本有数のAIベンチャーで法務や事業開発を担ってきた人物が語る、将来AIに仕事を奪われる側の人間がこの先生きのこる方法とは。

【原田美穂 , キーマンズネット】()

いまや企業評価サイトでも重視される残業時間。へたをすると企業ブランドを損ねかねない問題だ。3企業の事例から、課題別に勤怠管理ルールを含む「仕組み」の作り方を見ていく。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
複数税率やインボイス制度への対応法は:

「10%か、8%か」だけではない。2019年の消費税率引き上げをきっかけに、企業にとっては仕入れや請求書の発行、帳簿の記録を大幅に見直す必要がある大規模なルール変更が待ち構えている。猶予期間や救済策はどうなっているか、順を追って整理しておこう。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
2019年4月までに何を準備すればよいか:

違反企業には罰金が課される可能性もある「働き方改革関連法」。広範にわたる法改正があるが、果たして最低限、守るべきラインはどこだろうか。対策方法を聞いた。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
「結局入力しなきゃ使えないんでしょ?」を克服する:

現場の細かな業務データをくまなく拾って会計監査などにも耐える業務フローを整備するには、大きなシステム導入でないとムリ? 「今と変わらぬ人員で効率よく運用したいなら入出力業務をなくしてしまえばよい」こんな潔ぎ良い提案が聞こえてきた。さて、どんな仕掛けか。

【原田美穂 , キーマンズネット】()
イベントレポートアーカイブ:

2001年に創業した英Blue Prismは、主要なRPAベンダーの中では最古参の部類に入る。インテリジェント機能を強化した最新バージョンは業務自動化に何をもたらすのか。

【斎藤公二 , インサイト】()
イベントレポートアーカイブ:

無料グループウェアとして人気の「サイボウズLive」のサービス終了が迫る。乗り換え先に名乗りを上げたLINE WORKSはグループウェア的機能のほとんどを無料で開放する。

【原田美穂 , キーマンズネット】()

堅調に売り上げを伸ばすある成長企業は、毎月の請求書の山に苦しむ。だが、RPAを効果的に導入することで、管理部門の処理は劇的に変わった。大きな効果を生むためには、導入するだけではなく「一工夫」が必要だという。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
イベントレポートアーカイブ:

増税と同時に実施が検討される「キャッシュレス決済でポイント還元」案。中小規模の商店や小売り店にとっては「どう対応するか」が課題になる。LINEが決済サービスに加え、事業者サポートサービスを発表。競合がひしめく中、LINEらしさを打ち出した。「そもそもLINE Payで何ができるか」から見ていこう。

【キーマンズネット】()

IPベースのLPWAとして注目される「IEEE 802.11ah」がいよいよ日本国内での普及に向けて走り出す。1キロ先に動画を配信可能なポテンシャルに期待して57の企業・団体が結集した。

【原田美穂 , キーマンズネット】()
イベントレポート・アーカイブ:

学生インターン生が中心のRPA推進チームで、ロボットの開発や運用に従事するレイスグループ。なぜ「あえて」学生なのか。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
イベントレポートアーカイブ:

現場でRPAの活用が進まない――RPA導入に課題を抱えたGMOクリック証券は、ある施策によってRPA化をしぶる従業員の心をつかんだ。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

全世界に16万人の従業員を抱える富士通。全社的な働き方を見直し、改善するのは容易ではない。そこで考えた富士通ならではの取り組みとは。

【岡垣智之 , キーマンズネット】()
イベントレポートアーカイブ:

企業の人材採用を支援するある人材コンサル企業は、採用事業のバックオフィス業務を効率化するためにRPAの導入を決意した。だが、現場からの要望はとてもRPAだけで解決できるものではない。これをどう乗り切ったか?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
イベントレポートアーカイブ:

日本マイクロソフトは、2011年の震災をきっかけに自社の働き方がいかに非効率であったかを見つめ直した。徹底的な業務改善を実施したところ大きな成果につながったわけだが、何を実践したのか。

【岡垣智之 , キーマンズネット】()

事業の統廃合や買収、企業グループ間の移動はもはや当たり前によくある話。ワークフローを整理してすぐに成果を出さなきゃいけない時代に、IT部門に課されるお題はムチャぶりだらけ。どうすれば効率よくできる?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

ユーザーの利便性を落とさずに「インターネット分離」を運用できるケースは少ない。しかし、沖縄県3自治体に導入された、2つのブラウザを使い分けるソリューションは約2年の間「ほぼ問い合わせがない状態」という。

【土肥正弘 , キーマンズネット】()
イベントレポートアーカイブ:

自らを「しくじり先生」と名乗り、自社のRPA導入事例の失敗を語る人物がいる。ディップでRPA導入を進める進藤氏は、自らが経験した苦い教訓を基に、導入を成功させるためのポイントを偽りなく語った。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
イベントレポートアーカイブ:

情報保護に関する法令を厳罰化するなど、グローバルでは年々セキュリティに対する意識が高まっている。対して、まだまだ「ぬるま湯」の日本企業に足りないモノとは何だろうか。

【岡垣智之 , キーマンズネット】()

RPAの活用現場では、想定以上にコストがかかる、ロボットが止まる、他人が作成したロボットをメンテナンスできないといった問題が起きている。課題を解決するために、今からマネできるポイントを紹介しよう。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
イベントレポートアーカイブ:

サイバー攻撃を受けたとき、どう対処すればよいのか分からない企業も少なくないだろう。そこで、サイバー攻撃を受けた“そのとき”を疑似体験でき、対処法を学べる「サイバー攻撃の防災訓練」を一日体験してみた。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
イベントレポートアーカイブ:

サイバー攻撃を受けた企業はその後どうなるのか。本レポートでは、ネットワークセキュリティベンダーが発表した調査を基に、事後対応にかかるコストや倒産リスクとセキュリティ対応の穴について説明する。

【岡垣智之 , キーマンズネット】()

大手企業に勤める一児の母の加藤さん。「増え続ける申込書問題」を解決するために電子契約システムを構築することに。だが、かかった時間はたった1カ月、関わったのは2人だけ。なぜこんな短期間で実現できたのか?

【野本幹彦 , キーマンズネット】()

働き方改革のために導入したノートPCの6割は、とくに移動させる必要がなかったという調査結果が明らかになった。デルが提案する新しい法人PCラインアップとは。

【キーマンズネット】()
イベントレポートアーカイブ:

RPAツール「WinActor」の販売を手掛けるTDCソフトの佐野弘幸氏が、RPAを取り巻く最新事情とともに、導入に成功した企業はどのようなポイントを押さえているのかを解説した。

【二瓶 朗 , グラムワークス】()

経理担当者は本当に経理の仕事で忙しいのか。freeeは、中堅中小企業の経理業務を向上させるためにfreeeとRPAの連携を推奨する。会計業務量を従来の約30分の1に削減した実績もあるfreeeと、RPAを連携させる意義とは。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
イベントレポートアーカイブ:

たった5人の星野リゾート情報システム部は会社の急成長で悲鳴を上げた。予約サイトの機能追加が追い付かず「やるやる詐欺」という汚名を着せられたのだ。短期での機能追加を実現するために活用したものとは。

【野本幹彦 , キーマンズネット】()
イベントレポートアーカイブ:

毎日の小さな非効率も積み重なれば年間数万ステップ以上の工数に。カイゼンのサイクルが回り出したポーラが、3年かけて実現したのは「シナプス型」の組織風土。プロジェクト担当者が成功のコツを語る。

【野本幹彦 , キーマンズネット】()

大手を中心に進むRPA導入だが、コストや人手不足に悩む中堅中小企業でも活用するチャンスはある。ブレインパッドが、最適なRPA導入アプローチについて語った。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

突然のオーダー「2社2国をまたぐERP統合、10カ月で本稼働させてね」さてどうする? 旭化成グループのIT基盤を担う担当者に聞いた。

【唐沢正和 , ヒューマン・データ・ラボラトリ】()
イベントレポートアーカイブ:

最近よく聞く「デザイン思考」。コンセプトは分かるけれど、実際の行動方法はよく分からない、というのがホンネだ。トヨタ自動車が3年前から取り組んだのは、どんなことか?

【原田美穂 斎藤公二 , キーマンズネット】()
イベントレポートアーカイブ:

RPAの課題を乗り越えた企業では成果が上がっている。あの企業はRPAをどのようなステップで導入し、どの業務に適用しているのか。ブレインパッドが指揮した業界別の事例にRPA導入のポイントを学ぶ。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
イベントレポートアーカイブ:

最近よく耳にする「量子コンピュータ」。世界中で活発に研究が進んでいるが、さて何の目的で開発を? 富士通が提案する、いま目の前の課題を解決するために技術を使う話から「デザイン思考」のことを考えてみた。

【原田美穂 斎藤公二 , キーマンズネット】()
イベントレポートアーカイブ:

煩雑な業務を自動化するRPA(Robotic Process Automation)。導入企業は大企業が中心であるものの、最近では中小企業における関心も高まり、多様なニーズに応えるようにRPAツールの提供形態が登場している。

【溝田萌里 , キーマンズネット】()

近年、関心を集めている「HRテック」の分野。キーワードとして一般に浸透してきた印象だが、具体的に何を指すのだろうか。

【土肥正弘 , キーマンズネット】()
イベントレポートアーカイブ:

テックファームは、Beaconを活用した販促支援IoTソリューション「Minaklu(ミナクル)」の提供を5月から開始した。ユーザーの位置情報や会員属性に合わせて適切な情報発信を行い、施設内の買い回りを促進できるという。

【キーマンズネット】()
イベントレポートアーカイブ:

サイバー攻撃などに遭った際に求められるのは「すぐさま対応できる」ことだ。米国「SP800-171」ではどう規定しているか。概要を紹介する。

【斎藤公二 , インサイト】()
イベントレポートアーカイブ:

「Microsoft 365(M365)」は「テレワーク推進」の切り札になるという。「Office 365」などと何が違うのか。日本マイクロソフトの発表を整理する。

【原田美穂 , キーマンズネット】()
イベントレポートアーカイブ:

2018年3月「Think 2018」発表した内容を基に、日本IBMが国内での展開を整理した。Watsonの名の下で、データ基盤を強化する。全体の概要を整理した。

【原田美穂 , キーマンズネット】()
イベントレポートアーカイブ:

働きがいのある職場を作り上げ、業績も伸ばした企業が実施したのは、年単位の人事評価の廃止だった。なぜ、うまくいくのか。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
イベントレポートアーカイブ:

求めていた人材は、実は隣の部署にいた。情報連携のない従来型の人材調達ではよくあることだ。人材不足の今、それでは求める人材をなかなか獲得できない。そんな人材調達を効率化する人材シェアリングとは。

【岡垣智之 , キーマンズネット】()

もはやどの企業も必須で取り組む必要がある「働き方改革」。しかし、注意しないと、貴社も働きがいがある職場ではなく、ぬるまゆ職場になるかもしれない。分かれ目はどこにあるか。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
イベントレポートアーカイブ:

2020年には売り上げを現在の2倍にする。そう意気込んだベリタステクノロジーズが新製品として発表したのが2つのアプライアンス。このクラウド時代になぜ“ハコモノ”をリリースしたのだろうか?

【岡垣智之 , キーマンズネット】()
イベントレポートアーカイブ:

 4月3日、熊本市は、「クラウドソリューションを活用した働き方改革基盤構築プロジェクト」のスタートを宣言した。5年間の長期プロジェクトであり、自治体として最大規模の「働き方改革」への取り組みとなる。その背景と内実を取材した。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
イベントレポートアーカイブ:

日々進化するサイバー攻撃。今、標的となっているのはどこだろうか。アカマイ・テクノロジーズが発表したセキュリティレポートを通じて、最近の攻撃手口と被害について実態に迫る。

【岡垣智之 , キーマンズネット】()
イベントレポートアーカイブ:

名刺管理ツールの「Sanan」に新機能が追加された。AI技術によって出会うべき人をレコメンドする「スマートレコメンデーション」他、斬新でかゆいところに手が届く機能を発表。企業のイノベーションと働き方の革新を後押しするという。

【二瓶 朗 , グラムワークス】()
イベントレポートアーカイブ:

世界で8万社の企業で導入されているBox。日本法人のBox Japanが日本向けに新たなサービスを提供するという。新サービスに込められたBox Japanの狙いとは。

【岡垣智之 , キーマンズネット】()
イベントレポートアーカイブ:

「知能」としてのAIと、それを実行する「身体」となるロボットやRPAなどを組み合わせることによりビジネス課題を解決するポテンシャルを秘めている。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
イベントレポートアーカイブ:

2020年にサポートが完全終了となるWindows 7。IDC Japan アナリストの浅野氏がWindows 10への移行状況について「この状況はまずい」と語るが、その理由とは。

【岡垣智之 , キーマンズネット】()

「牛角」などの飲食店チェーンで知られるレインズインターナショナルは、海外製のBIツール導入に失敗、「導入1年後には誰も使わなくなった」状況に陥った。同社のBIツール活用の軌跡とは。

【溝田萌里 , キーマンズネット】()
イベントレポートアーカイブ:

 RPAのロボットは制作が簡単なこと、さまざまな業務に適応できることから、スケールに至るまでの期間が短い。ロボットが増えすぎて手に負えなくなる前に、あらかじめ課題とリカバリー方法を知っておく必要がある。NTTデータ イントラマート 久木田 浩一氏が課題を整理し「RPAとBPM(Business Process Management)を組み合わせる解決法を語った。

【溝田萌里 , キーマンズネット】()
イベントレポートアーカイブ:

働き方改革推進を追い風にさまざまなベンダーが参入するビジネスチャットツールかいわい。老舗ベンダーはOS化に商機を見いだすという。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
イベントレポートアーカイブ:

多様な機器や資材の移動を、組み立て加工の工場のように細かく把握して精緻に分析、「最適化するために必要なこと一式」をプラットフォームとして提供するコマツの挑戦。その世界展開をクラウドAIが支える。

【原田美穂 , キーマンズネット】()
イベントレポートアーカイブ:

新型aiboで注目されるソニー、実は2010年からディープラーニングへの取り組みを開始している。aiboにも搭載されているそのツールの特徴とは?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
イベントレポートアーカイブ:

HPEが「Aruba360 Secure Fabric」の本格展開を発表。このフレームワークにより、従来分離されたままだったネットワークとセキュリティの壁を乗り越え、真の多層防御を実現するという。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

「ドローンが社内をブーンと飛び回りだしたら、あなたは業務に集中できるか、それとも帰りたくなるか」。驚きのサービスが実現しようとしている。その狙いは?

【二瓶 朗 , グラムワークス】()

「RPAは業種に関係なく、ほぼ全ての分野に適応できる。このようなツールは他にないと思っている」と豪語するのは、アビーム の安部氏。同氏は、RPAを活用している企業の悩みとその解決策を解説した。

【溝田萌里 , キーマンズネット】()

「RPAを一度導入してしまえば、手放せなくなる」――そう強調するアビームコンサルティングが、RPA業界の動向や同社の知見を発表した。本稿では、同社が指揮したRPAの特徴的な導入事例や企業の導入状況を紹介する。

【溝田萌里 , キーマンズネット】()

GoogleやFacebook、Microsoftの技術者が知恵を絞った最新技術満載のサーバが簡単に手に入る時代に。「ODMダイレクト」のトレンドと技術動向を紹介する。

【原田美穂 , キーマンズネット】()

日本企業が持つデータのうち、55%は「何だかよく分からない」まま運用しているデータだという。この状況で個人情報保護法やGDPR対策に取り組むときに、運用と管理の両方を効率化する1つの提案が出された。

【原田美穂 , キーマンズネット】()

スマホのAIといえば「Hey Siri」などの音声アシスタントがおなじみだが、ファーウェイのAIは一味違う。ライカのレンズと連携することで実現する、新機能とは?

【太田百合子 , キーマンズネット】()

知らない企業から訴えられたり、ライセンス契約を要求されたりといったリスクは大企業だけのものではない。中小ベンチャーが自社技術をちゃんと評価するために特許庁がガイドラインを公開レビュー中だ。

【原田美穂 , キーマンズネット】()

「お隣の企業は働き方改革をしているのか」「どんな取り組みが効果的なのか」「実際のところ成功しているのだろうか」。働き方改革の重要性が叫ばれる昨今、こうした疑問を抱く企業も多いのではないだろうか。

【溝田萌里 , キーマンズネット】()

「Microsoft365」の中堅・中小企業向けラインがいよいよ「Microsoft365 Business」として投入される。どのような特徴があるのか、同時に紹介されたLTE-Advanced対応の「Microsoft Surface Pro」の詳細とともに紹介しよう。

【二瓶 朗 , グラムワークス】()

大手企業ではデジタルビジネス推進を目的にハイスペックIT人材の争奪戦が行われたり、戦略的にIT人材を育成したりという動きが広まっている。普通の会社は彼らにどう立ち向かうべきか。あるベンダーの提案を聞いた。

【原田美穂 , キーマンズネット】()

「会議室が足りない」「もっと増やせ!」クレームに苦しむ人も多いだろう。増設計画をする前に、会議室のリアルな利用実態を把握したい。そんな声に応える電子ペーパーが登場した。

【日下諒子 , キーマンズネット】()

「従業員をないがしろにする日本企業は間違っている」――従業員満足度と生産性の相関に着目したデルの働き方改革にはファシリティ改善と組織運営のノウハウが詰まっていた。ヒントは7つの働き方にある。

【原田美穂 , キーマンズネット】()

今までのロボットに足りなかったものは「小脳」。触覚と操作の記憶を流通させる「動作のインターネット」とは? リアルハプティクスの産業応用がどこまで進んでいるかを取材した。

【原田美穂 , キーマンズネット】()

1人で情報システム部門の担当者を務めるひとり情シスの苦悩は、古今東西で共通して深い。この状況を打破するべく、Dell EMCが立ち上がった。施策の中には、「終活ソリューション」といった耳慣れないものもあるが?

【溝田萌里 , キーマンズネット】()

体調を予言できるシステムがあったとしたらどうだろうか。「午後のあなたの体調模様は“土砂降り”です」と予報されようものなら、休憩時間が増えるのか。安全運行サポーター協議会の取り組みを紹介する。

【溝田萌里 , キーマンズネット】()

バーコードをスキャンすることで、商品の情報を多言語で表示させ、顧客に商品の魅力を伝えるサービスがある。バーコードを介して「伝える」とは一体どういうことか。

【溝田萌里 , キーマンズネット】()

働き方改革をちゃんと展開するには? 必要な道具を最小限に減らしながら、利便性を高め、コスト効率を良くするには「VDI 2.0」が効果的だと主張する企業がある。今までのVDIと何が違ってどう便利かを取材した。

【キーマンズネット】()

ガートナージャパンは10月12日、「日本におけるロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)に関する市場動向」を発表。調査の結果、日本国内におけるRPA導入企業は14.1%にとどまることが分かった。

【溝田萌里 , キーマンズネット】()

果たして貴社は「個人情報なんて持っていない」と言い切れるか? 対策にコストも時間も掛けられない中小企業が、まず手を付けるべきことは「状況把握」だ。

【原田美穂 , キーマンズネット】()

「謎のAI企業」なんて言っている場合ではない。米中がしのぎを削るAIの産業活用に日本企業が参加するために、13万人の「技術が分かる」企業人を生み出す計画が持ち上がった。

【原田美穂 , キーマンズネット】()

ビズオーシャンは10月3日、「IBM Watson」の音声解析機能を利用し、LINEのチャットbotと会話することでドキュメント作成ができるサービス「SPALO」の提供を開始した。

【溝田萌里 , キーマンズネット】()

「一生のうち、経費精算に52日を費やしている」。自らの手を煩わせることなく経費精算できないのだろうか。コンカーが約2年かけて自動化を目指す、夢の経費精算の世界とは。

【宮田健 , キーマンズネット】()

アマゾンジャパンは9月20日、法人・個人事業主向け購買サービス「Amazon Business」を開始した。企業が購買に対して抱えている課題を解決するという。ナビタイムや大阪大学がサービスに対する見解を語った。

【溝田萌里 , キーマンズネット】()

Amazonの倉庫ロボット「Kiva」に代表されるように、物流にも自動化の波が押し寄せている。吉野家に導入された“肘打ちできないロボット”、ニトリの“巨大コンテナロボット”などを紹介。

【溝田萌里 , キーマンズネット】()

世界10カ国の企業のCEOを対象に、KPMGコンサルティングが調査を実施。日本のCEOは何でこんなに悲観的、消極的なのか。実態があらわになった。

【日下諒子 , キーマンズネット】()

女子高生「りんな」を知っているだろうか。疲れたとメッセージを送れば「なんだか疲れることっていっぱいあるよね」と返してくれる。思いやりを持つ人気者の彼女だが、実は人間ではない。その性格の秘密に迫る。

【溝田萌里 , キーマンズネット】()

小売り大手ウォルマートが食品業界横断でブロックチェーンをお試し中。日本でもサプライチェーンでの取引台帳などに期待されており、次の2年で採用が広がる可能性があるという。何がうまみなのか。

【原田美穂 , キーマンズネット】()

NTTデータは8月31日、AW3Dの技術を使ったサービスの一環として「高精細3D都市データ」を9月1日より販売する。ゴルフ観戦にもこの技術が活用できる。

【溝田萌里 , キーマンズネット】()
イベントレポートアーカイブ:

業務自動化ロボットRPAを導入している住友林業情報システムが、活用事例を余すところなく共有した。チーム「バックオフィス三銃士」の結成、全グループへのロボット販売。遊び心と工夫を忘れない同社の試みを紹介する。

【溝田萌里 , キーマンズネット】()
イベントレポートアーカイブ:

「Hey Siri!」とiPhoneに話しかけたことはあるだろうか。実は、Siriの声にもPepperの声にもあの技術が使われていた。それだけではなく自動運転にも、報道でも、はたまた防災の分野でも活用シーンは広がるという。

【溝田萌里 , キーマンズネット】()
イベントレポートアーカイブ:

大和ハウス工業が建設中の巨大物流拠点DPL流山ではトータルな物流ソリューションが提供される予定だ。荷物運搬ロボットやトラックシェアリング、製品在庫の一括管理…新しい技術や概念が物流の在り方を変える。

【土肥正弘 , キーマンズネット】()
イベントレポートアーカイブ:

建設大手の大和ハウス工業が建設中の巨大物流拠点「DPL流山」は、近代化された大規模物流関連施設・設備をテナント各社でシェア可能にする画期的試みを開始する。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
イベントレポートアーカイブ:

運用管理の課題は、いつどのレポートを見ても同じで変化はない。レガシーなシステムを得意としてきたIBMもクラウドネイティブを意識して、判断の自動化、最適化など、人間の行動を軸に運用管理ツールを見直し中だ。

【キーマンズネット】()
イベントレポートアーカイブ:

電話ボックスの中で会議を行う光景を日本中で見かける日が来るかもしれない。ブイキューブとレノボ・ジャパンはコミュニケーションブース「テレキューブ」を発売した。

【溝田萌里 , キーマンズネット】()
イベントレポートアーカイブ:

あのファイル、どこいったっけ? あの人が探すとすぐに出てくるのに、どうして私が探すと見つからないのか。社内文書探索のノウハウ格差が、そのまま技能継承の断絶とならないようにするにはどうすべきか。

【キーマンズネット】()

心の「機微」を読み取るという意味で名付けられたKIBITは、少ない教師データで人間の「あやしい」という感覚を学ぶAIだ。営業、コンプライアンス、人事、労務、コールセンターなど企業のあらゆる業務で活躍する。

【溝田萌里 , キーマンズネット】()

働き方改革を推進したければ、コピーロボットに働かせればよい――NTT東日本が実践し始めたロボット出社と、その効果をレポートする。

【原田美穂 , キーマンズネット】()

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズがエンタープライズ製品の新ブランドを発表した。新社長が予測する2020年のIT市場とレノボの戦略とは?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

違反時、日本円にして最大25億円もの制裁金を課される可能性があるGDPR。施行は2018年5月に迫り、日本企業も準備を始める必要がある。しかし自力で対応できるものなのだろうか?

【高橋睦美 , キーマンズネット】()

ファーウェイ・ジャパンがクラムシェル型PCを発表。このタイミングで市場に振り込む意味は何なのか?

【キーマンズネット】()

「『会社に14時間いて頑張りました』ということがお客さまの満足度につながるわけではない」と話すヴイエムウェアの代表取締役社長ジョン・ロバートソン氏。柔軟に働ける環境作りに注力する同社の取り組みを紹介する。

【溝田萌里 , キーマンズネット】()

SOMPOホールディングスが、グループ独自にAI工場を設立。グループ各社のシステムには「エッジコンピューティング」の仕組みも取り入れる。内製型でAI人材や技術獲得を急ぐ理由はどこにあるか。

【原田美穂 , キーマンズネット】()

Googleがホワイトボードを再発明したらどうなる? 先行するSurface Hubを意識した価格設定も話題の「Jamboard」について、実機を見ながらその狙いを聞いた。

【吉村哲樹 , オフィスティーワイ】()

大手スポーツ用具メーカーのアシックスは、みちびきやGPS衛星から得た測位情報をスポーツに活用する施策を行っている。宇宙からのデータを使ってマーケットや事業を広げる1つの先例となるかもしれない。

【溝田萌里 , キーマンズネット】()

データが財産となった現代においては、宇宙に関係のない企業が、宇宙からのデータを解析し、新しい視点から付加価値を付けるというビジネスモデルを展開しつつある。本稿では、その事例を紹介する。

【溝田萌里 , キーマンズネット】()

コカ・コーラは、アプリを使って「シュッとかざしてがちゃんと出てくる」新しい経験を生むことで反響を呼んだ。その裏側には、ビーコンの仕組みを使った技術がある。ビーコン技術は売り上げ向上の鍵となるのか。

【溝田萌里 , キーマンズネット】()

約290万人が利用する資生堂のWebサービス「ワタシプラス」、資生堂ではこれらの会員情報をEC売り上げ拡大や、店舗送客などどのように活用しているのか。巨大なDMPの活用方法について詳しく聞いた。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

「RPA」とは、バックオフィスをはじめとする人間の業務を自動化する仕組みだ。NTTデータが語った昨今の動向や導入のポイント、同社の取り組みなどを紹介する。

【溝田萌里 , キーマンズネット】()

日本企業のクラウド利用は「虫食いだらけ。あと数年で立ちゆかなくなる時期が来る」――ではどうすればよいか? 世界中の企業の変革を支援した実績から導き出された「いま日本企業がやるべきこと」を聞いた。

【原田美穂 , キーマンズネット】()

日本にも「Surface Laptop」が登場。ついに3シリーズ展開となったSurfeceファミリーの概要と使い方をレポートする。Microsoftは日本市場でどんな戦略を打つのだろうか。

【宮田健 , キーマンズネット】()

「今後5年間でテクノロジーの進展が仕事に与える変化をどう捉るか?」という質問に、日本人の32%が「脅威」と答えた。技術が発展し、労働をとりまく環境が変化していく中、企業や労働者何をすべきだろうか。

【溝田萌里 , キーマンズネット】()

機器を液体につけて冷却する富士通の「液浸冷却技術」は、データセンターの電力消費を40%削減する他、機器設置スペースを50パーセント削減し、ファンを回さない静かなデータセンターを実現する。

【溝田萌里 , キーマンズネット】()

IoTデータをどう扱えばよいか分からないと悩んだことはないだろうか。「KDDI IoTクラウド 〜データマーケット〜」は、企業のIoTデータとKDDIが持つ分析サービス、各種データ群を組みあわせ分析を行うサービスだ。

【キーマンズネット】()

セルフサービスBIを使いこなす従業員が1100人もいるNTTデータ。ユーザー部門が主体となってダッシュボード制作やデータ分析やできるといわれるセルフサービスBI、そこで情シスが持つべき役割は何だったのだろうか?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

AIは業務どうを変えるのか。富士通がAI「Zinrai」を活用し、川崎地質とともにレーダー画像を解析して地面の空洞を検知した事例の他、2017年5月の「富士通フォーラム2017」内覧会で紹介された実例を見ていきたい。

【溝田萌里 , キーマンズネット】()

膨大なデータの処理や制御を行うためにAIの技術は不可欠である。富士通が志向するAIは「人に寄り添う」というコンセプトを掲げている。果たしてその真意とは?

【溝田萌里 , キーマンズネット】()

2018年5月より適用されるEUの一般データ保護規則(GDPR)の対応に悩む世界の企業は多い。日本は対応に後れを取っているとされる。どうすれば対応すべきなのだろうか。

【宮田健 , キーマンズネット】()

モノとカネを管理できる企業は多いが、ヒトの情報はどこまで管理できるのか。勘と経験を超えてヒトの能力を生かすHR Techのトレンドを取材した。

【キーマンズネット】()

NTTソフトウェア、NTTアイティが合併し、NTTアドバンステクノロジーの音響・映像事業を統合した新会社が誕生した。NTTの研究所の技術を集約したNTTテクノクロスは今後どんなソリューションで市場開拓を狙うのか?

【キーマンズネット】()

信用やトレーサビリティーを圧倒的に低コストで手に入れられると期待の新技術に国内外の企業が本気。企業間取引も通貨交換も、資本にものをいわせるだけではない世界がもうすぐそこに。その真価は?

【星暁雄 , キーマンズネット】()

世界的なIT企業や製造業だけでなく、日本の大手金融機関やSIerも注目するオープンソースの分散台帳ソフトウェア開発プロジェクトが日本で始めて「Meetup」を開催。最新の動向を追う。まずは基礎情報を整理しよう。

【星暁雄 , キーマンズネット】()

スイッチ製品「Cisco Catalystシリーズ」を5万円台で投入したシスコシステムズの「Cisco Start」戦略。成功を受け無線LANアクセスポイントを4万円台、x86サーバを25万円台で投入する。

【宮田健 , キーマンズネット】()

もう架空請求ができない。今どこにいるかもバレる。コンカーとJTB-CWTによる出張管理サービスとは何か。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

ソフトバンクが設置する全国40万カ所のWi-Fiアクセスポイントのデータ活用が本格始動。「ソーシャル・ビッグデータ」はどこまで使えるのか。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

3月9日、レノボ・ジャパンが「テレワークデー」を開催。レノボがテレワークをここまで注力する理由は「介護離職」と「単身赴任」の問題を解消するためだ。平均年齢46.6歳(男性)の企業が取り組むべき施策とは。

【宮田健 , キーマンズネット】()

IoTカメラプラットフォーム「Safie」が登場した。Safieは他のネットワークカメラと何が違うのか?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

やはり純国産を続けるのは厳しいのか? キヤノンITソリューションズがこれまで19年間独自開発を続けてきたセキュリティツールGURDIANWALLを、刷新することが判明した。

【キーマンズネット】()

若者の電話離れに伴い、企業は顧客対応方法の変革が必要だ。CRMも見直す必要がある。Salesforce Service Cloudは一体どのようなチャネルとつながるのか?

【キーマンズネット】()

AI技術はある種のブームのように注目されているが、その実装の違いを意識したことはあるか。過去の実績を学ぶモデルと自律的に学習するモデルではどんな違いがあるのか。

【谷崎朋子 , キーマンズネット】()

会議中に送っていたメールがバレる。「Office 365」のメールの使用時間とスケジューラーに設定されている予定の相関を分析してAIが働き方をレコメンドすると企業はどうなる?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

アジア圏の商習慣や関税ルールが盛り込まれたERPをSaaSとして利用できるように。中堅〜中小企業でも機械学習や予測分析などの高度なIT化にチャレンジできるようになるという。

【原田美穂 , キーマンズネット】()

レノボ・ジャパンがThinkPadの新製品発表会を開催。米国MIL規格をクリアするほどの堅牢(けんろう)性をもつThinkPadシリーズは、今回さらに剛性を高めた。

【綿谷禎子 , キーマンズネット】()

サブスクリプション型のビジネスモデルのサービス基盤に、東芝を含む複数の国内大手企業がZuoraを採用。本サービスを日本企業がこぞって利用する理由は何か。

【原田美穂 , キーマンズネット】()

富士通が、約16万人の従業員を対象にクラウドストレージサービス「Box」の導入を決めた。コンテンツ一元管理で得られる3つのメリットとは。

【岡田大助 , キーマンズネット】()
会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。