すご腕アナリスト市場予測

「すご腕アナリスト市場予測」の連載記事一覧です。

2020年4月現在、世界規模で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が猛威を振るっており、日本においては緊急事態宣言が発出されるなど、ビジネス環境での変化も避けられない状況だ。ここで、COVID-19の最新状況を考慮した国内ICT市場予測について見ていきたい。

【寄藤 幸治 , IDC Japan】()

企業におけるパブリッククラウド活用の動きも鮮明になってきた。しかし、システムだけでなくクラウド活用においてもSIer依存体質が色濃く残る国内企業には幾つかの課題がある。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

いよいよ日本でも商用5Gサービスが開始される。ソフトバンクやNTTドコモ、KDDI、楽天モバイルが5Gサービスの提供を発表している。いったい、5Gに対する期待値はどれほどなのか。対応デバイスの動向とともに、市場の展望について概観する。

【菅原 啓 , IDC Japan】()

購買行動に大きく影響を与える顧客体験、いわゆるCX(カスタマーエクスペリエンス)はマーケティング戦略の重要な要素の一つだ。CXの定義、取り組む企業が留意すべき点について考える。

【川辺謙介 , ガートナー ジャパン】()

スマートフォン決済サービスへの不正アクセス被害や大量の情報漏洩(ろうえい)など、2019年もさまざまなセキュリティインシデントが発生し、あらためてセキュリティ対策の重要性が浮き彫りになった年だった。そこで今回は、2019年上半期に行った国内情報セキュリティ市場予測について見ていきながら、各カテゴリーでの動きや今後のセキュリティにおいて重視すべきポイントなどについて紹介する

【登坂恒夫 , IDC Japan】()

情報保護や情報ガバナンスの強化に向けて、企業ではさまざまな対策を実施しているが、その中心となるソリューションが、「暗号化・鍵管理」や「DLP」(Data Loss Prevention)、そして「eディスカバリーアプリケーション」などだ。これら情報保護対策につながるソリューションの現状と市場予測についてお伝えする。

【登坂恒夫 , IDC Japan】()

国内のIT人材不足が叫ばれる中、企業はグローバル・ソーシングに取り組む必要に迫られている。日本におけるグローバル・ソーシングの実態について概観しながら、グローバル・ソーシングに求められる3つの勘所を紹介する。

【中尾晃政 , ガートナー ジャパン】()

スイッチやルーターなどネットワーク機器は成熟した市場の1つではあるものの、モバイル環境の広がりによって無線LANを中心に市場そのものは活発だ。5Gの動きも含めた、ネットワーク機器市場の今を見てみたい。

【草野賢一 , IDC Japan】()

シグニチャベースのアンチウイルスソフトが限界を迎えるなか、EDRをはじめとした新たなエンドポイント対策が広がり始めている。無償提供されているWindows Defenderの利用も踏まえ、これからのエンドポイント対策の最適解について考えてみたい。

【登坂恒夫 , IDC Japan】()

脅威にさらされている企業ネットワークが健全な状態かどうかのアセスメントを行うための侵入テスト、いわゆるペネトレーション・テスト。これまでは単なる侵入テストでシステムの脆弱(ぜいじゃく)性を調査する手法だったものが、今では具体的な脅威をベースとした疑似攻撃を仕掛けることで、SOCをはじめとした社内体制の強化につなげる動きが主流となっている。今回は、そんなペネトレーション・テストの実態について、現状の動向を踏まえながらそのトレンドついて見ていきたい。

【高野敦史 , ガートナー ジャパン】()

全てのものをインターネットに接続する手段であるIoT(Internet of Things)。第4次産業革命におけるキーテクノロジーの一つであり、企業変革をもたらすキーフレームとしての役割を持つIoTは、既に多くの企業で積極的に活用されていることだろう。ただし、インターネットに接続可能なIoTデバイスだけに、これまでのITと同様、セキュリティに対しては配慮が必要だ。そこで今回は、そんなIoTセキュリティにおける現状と、理解しておきたいセキュリティの考え方について紹介したい。

【松尾正克 , デロイトトーマツ サイバー合同会社】()

業務に必要なPC環境を検討する上で、多くの企業が選択肢の一つとして考えるであろう、VDI(Virtual Desktop Infrastructure)をはじめとしたクライアント環境の仮想化。今回は、クライアント仮想化ソフトウェアやDaaSなどのクライアント仮想化サービス、モバイル仮想化ソリューションなどの動向を踏まえながらクライアント仮想化の勘所について見ていく。

【渋谷 寛 , IDC Japan】()
すご腕アナリスト市場予測:

第4次産業革命のキーテクノロジーの1つとされるAI(人工知能)。実装に必要な技術の多くがオープンソースで公開されており、多様なサービスに組み込まれるようになった。意識せずにAIを活用する“AIの民主化”が広がる状況だ。本稿ではAIの民主化の現状を概観し、AI活用の課題や企業が活用するための勘所について考えていく。

【阿部貴裕 , デロイト トーマツ コンサルティング】()
すご腕アナリスト市場予測:

少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少をはじめ、育児や介護との両立といったニーズの多様化などの課題に対応するべく進められている「働き方改革」。長時間労働の是正など多くの企業で取り組みが進められているが、この働き方改革を進めるなかで、プリンタや複合機から出力される紙、いわゆるプリントにはどのような影響を与えるのだろうか。今回は、多くの企業が取り組む働き方改革が普段のプリント量にどんな影響を与えるのか調査した結果をお伝えしよう。

【石田英次 , IDC Japan】()
すご腕アナリスト市場予測:

データ分析に関するプロジェクトが多く立ち上がる中、BIやDWHに触れた経験を持つ人も多いはず。そこで今のBIについて振り返りながら、今後強化していくべき方向性について考えたい。

【堀内 秀明 , ガートナー ジャパン】()

 VR(Virtual Reality:仮想現実)やAR(Augmented Reality:拡張現実)の技術が広がりつつあるが、実際の法人活用はどんな状況かのか。ビジネス領域におけるAR/VR動向を見ていく。

【菅原 啓 , IDC Japan】()
すご腕アナリスト市場予測:

 サーバ仮想化が広く広がっているなかで、ネットワーク領域でもその環境に適用できるようネットワーク仮想化に関するさまざまな技術が登場している。そんなネットワーク仮想化に関する利用動向について見ていきたい。

【草野賢一 , IDC Japan】()
すご腕アナリスト市場予測:

 業務システムのクラウド化が進展することで注目されているクラウドセキュリティ。利用するクラウドサービスに応じて実装する方法や選択するソリューションが異なるものの、今回は、IaaSやPaaS、SaaSといったパブリッククラウド利用時に検討したいセキュリティ対策を中心に、現在の市場動向から将来的な予測、その課題まで含めて、クラウドセキュリティを概観していきたい。

【登坂恒夫 , IDC Japan】()

大企業のみならず、中堅・中小企業においても「RPA(Robotic Process Automation)」による業務の自動化に期待が集まっている。だが、「RPAを導入すれば、無駄な手作業が簡単になくなる」というわけではない。市場調査データを分析していきながら、「こんなはずではなかった」とならないためのRPA活用の留意点について見ていくことにしよう。

【岩上由高 , ノークリサーチ】()
すご腕アナリスト市場予測:

企業の情報資産を災害から守るために有効なデータセンター。今回は外部のデータセンターサービスに関するユーザー調査を大公開!

【吉井 誠一郎 , IDC Japan】()
すご腕アナリスト市場予測:

ソフトウェアに関するライセンス監査では、実施企業の60%以上で追加費用が発生するという結果が出た。監査の実態に迫る。

【海老名 剛 , ガートナー ジャパン】()
すご腕アナリスト市場予測:

労働人口減少への対応や働き方改革といった人事部門が直面する課題解決に役立つHRテクノロジー。トレンドについて徹底解説する。

【小野 隆 , デロイト トーマツ コンサルティング】()

メインフレーム時代の「第1のプラットフォーム」、クライアントサーバ時代の「第2のプラットフォーム」の次に来る、第3のプラットフォーム向けITサービス市場が大きく成長を始めた。

【キーマンズネット】()
すご腕アナリスト市場予測:

緩やかな右肩下がりの成熟市場であるネットワーク機器市場が2017年には急伸した。その理由を探りながらネットワーク動向に迫る。

【草野賢一 , IDC Japan】()
すご腕アナリスト市場予測:

2018年5月に開催されたブロックチェーン関連カンファレンス「Consensus 2018」で分かったブロックチェーンの最新動向を紹介する。

【亀津敦 , 野村総合研究所】()

深刻な人手不足で企業から注目されるBPOサービスだが、もはや人海戦術では生き残れない。そんなBPOの動向を徹底解説する。

【吉井 誠一郎 , IDC Japan】()
すご腕アナリスト市場予測:

顧客との関わりを考えていく上で重要なCRMだが、中堅・中小企業においての状況は? 調査データを基に概観する。

【岩上由高 , ノークリサーチ】()

複雑化するインフラへの柔軟な対応が求められるWAN環境。最適な環境づくりの担い手として注目されるSD-WANの最新動向とは?

【小野陽子 , IDC Japan】()
すご腕アナリスト市場予測:

単純作業などの業務自動化につながるRPAが話題となる中、新たな時代に求められる人材やスキルとは?

【田中淳一 , 日本RPA協会】()
すご腕アナリスト市場予測:

モバイル決済において存在感を強めるQRコード決済。国内対応状況やその導入意欲など、アンケート結果をアナリストが徹底分析。

【上田綾乃 , トーマツ】()
すご腕アナリスト市場予測:

IoTデバイスの通信方式として有力なLPWAだが、どう選ぶべきなのか。IoT化推進のための勘所について詳しく解説する。

【ガートナー ジャパン】()
すご腕アナリスト市場予測:

ビジネスでも注目されつつあるチャットボット。歴史やトレンドを解説しつつ、ユースケースを含めた活用の可能性について概観する。

【長谷佳明 , 野村総合研究所】()
すご腕アナリスト市場予測:

急成長を続けるハイパーコンバージドシステム。市場から求められる理由とともに主要ベンダーの動向について徹底解説する。

【宝出幸久 , IDC Japan】()
すご腕アナリスト市場予測:

テープ運用の経験がない、そんな世代も珍しくないテープストレージが活路を見いだすアーカイブ需要。テープの復権はあるのか?

【森山正秋 , IDC Japan】()
すご腕アナリスト市場予測:

IT管理や運用を担う「ひとり情シス」の実態を明らかにつつ、限られた人員でインフラ整備を効果的に行うための方策について解説する。

【岩上由高 , ノークリサーチ】()
すご腕アナリスト市場予測:

市場拡大を続ける中国において、2017年6月1日に施行された「中国サイバーセキュリティ法」。急務となる日本企業の対策とは?

【薛 梓源 , デロイト中国】()
すご腕アナリスト市場予測:

新たなユーザーインタフェースとしてクローズアップされているAI技術。音声アシスタントやチャットボットなど最新動向を解説する。

【樋口陽介 , アクセンチュア】()
すご腕アナリスト市場予測:

業界再編の兆しもある複合機市場だが、ベンダー動向を整理しつつ、複合機ビジネスの今を詳しく概観する。複合機の未来はどうなる?

【石田英次 , IDC Japan】()
すご腕アナリスト市場予測:

既存IT資産の移行先ではなく、これまでカバーできなかった隙間を補完する「業務支援クラウド」が大きな潮流に。その実態に迫る。

【岩上由高 , ノークリサーチ】()
すご腕アナリスト市場予測:

仕事を奪う略奪者として警戒される向きもある「RPA」。その実態について迫りながら、RPAがどう役立つのか、ポイントを解説する。

【安部慶喜 , アビームコンサルティング】()
すご腕アナリスト市場予測:

2020年後半に終了となるISDNの「ディジタル通信モード」。いまだ300万回線超が契約中のISDN、その移行に向けた最適解とは?

【草野賢一 , IDC Japan】()
すご腕アナリスト市場予測:

ペーパーレス化が叫ばれて数十年、劇的に紙が減ったと感じる人はわずかだ。進まないペーパーレス化の実態をアンケートから読み解く。

【早川泰弘 , 矢野経済研究所】()
すご腕アナリスト市場予測:

PCが中心のビジネスにおけるクライアント環境も「IoT」時代には新たな視点が必要になる。今後のクライアント環境を考える。

【岩上由高 , ノークリサーチ】()
すご腕アナリスト市場予測:

マイナス成長が続くIT市場だが、2020年に向けての動向はいかに。企業のIT投資トレンドと今後5年先の動きをアナリストが概観する。

【廣瀬弥生 , IDC Japan】()
すご腕アナリスト市場予測:

企業のクラウド活用は一般的となったが、IaaSやPaaSの活用領域は想像以上に狭い。その理由と領域拡大のために必要なものとは?

【安井 望 , デロイト トーマツ コンサルティング】()
すご腕アナリスト市場予測:

メディアも世間も賑わせる人工知能だが、本当に新しいビジネス価値を生み出しているか。AIの虚像をアナリストが一刀両断する。

【亦賀忠明 , ガートナー ジャパン】()
すご腕アナリスト市場予測:

2020年には13兆円を超える市場規模になると予測されているIoT。産業別ユースケースとテクノジーの広がりについて詳しく解説する。

【鳥巣悠太 , IDC Japan】()
すご腕アナリスト市場予測:

東日本大震災や熊本地震など、災害によるサプライチェーン断絶を防ぐための柔軟で強靭(きょうじん)なサプライチェーン構築の考え方を大解剖。

【西川俊之 , アビームコンサルティング】()
すご腕アナリスト市場予測:

強い組織を作るには「SMAC」を念頭に置いたコミュニケーション基盤が重要に。そのポイントをアナリストが徹底解説する。

【鵜澤 慎一郎 , デロイト トーマツ コンサルティング】()
すご腕アナリスト市場予測:

企業買収が進み、異業種も参入するなど無線LAN業界は激変の時を迎えている。無線LAN業界の今をアナリストが徹底分析する。

【草野賢一 , IDC Japan】()
すご腕アナリスト市場予測:

デジタルワークプレイスを実践する上で欠かせないエンゲージメントの重要性と、これからの時代に必要な情報共有の在り方とは?

【志賀 嘉津士 , ガートナー ジャパン】()
すご腕アナリスト市場予測:

2016年7月28日で期限を迎えるWindows10への無償アップグレード。導入状況や留意点から、Windows10へ移行すべきかどうかを考察する。

【岩上由高 , ノークリサーチ】()
すご腕アナリスト市場予測:

標的型サイバー攻撃など従来の境界防御の限界が見えてきた今、セキュリティに求められる新たな姿とは? アナリストが徹底解説。

【登坂恒夫 , IDC Japan】()
すご腕アナリスト市場予測:

スマートデバイスが普及する中、標的型攻撃対策などIT資産管理の役割や形態も大きく変化している。実態を徹底解説。

【岩上由高 , ノークリサーチ】()
すご腕アナリスト市場予測:

グローバル競争を勝ち抜くためにもタレントマネジメントは日本企業に不可欠なもの。その現実とツール選びの勘所を解説する。

【鵜澤 慎一郎 , デロイト トーマツ コンサルティング】()
すご腕アナリスト市場予測:

BYODという概念だけでなく、CYODやCOPEといったスマートデバイス管理の在り方も。デバイス管理のあるべき姿をアナリストが解説する。

【城田真琴 , 野村総合研究所】()
すご腕アナリスト市場予測:

情シスと業務部門が持つジレンマの解決に貢献するノンプログラミング開発。その特徴や普及状況、導入事例まで、その実態に迫る。

【片山治利 , ガートナー ジャパン】()
すご腕アナリスト市場予測:

2015年9月3日に成立した「改正個人情報保護法」。一体何が変わったのか、企業で対応すべきポイントとは。基本を徹底解説する。

【北野晴人 , デロイト トーマツ サイバーセキュリティ先端研究所】()
すご腕アナリスト市場予測:

クラウドやモバイルなど第3のプラットフォーム時代に見る、ユーザー部門のIT予算の動きとは。アナリストが徹底解説する。

【木村聡宏 , IDC Japan】()
すご腕アナリスト市場予測:

「第三の産業革命」とまでいわれるほどの潜在力を持つ3Dプリンタ。国内ベンダーの動向やその用途など市場動向をアナリストが解説する。

【三谷智子 , ガートナー ジャパン】()
すご腕アナリスト市場予測:

Apple Watch市場投入で活気づくウェアラブルデバイス。新たなデバイスのビジネス活用について、アナリストがその未来を予測する。

【亀津敦 , 野村総合研究所】()
すご腕アナリスト市場予測:

2016年1月から始まるマイナンバー制度だけに、対策が急がれる。何をすべきか具体的な対策をアナリストの視点から整理する。

【岩上由高 , ノークリサーチ】()
すご腕アナリスト市場予測:

国内市場規模およそ9兆円に達した「IoT」だが、IT部門ではどう取り組むべきか。事例も交えつつ企業システムに及ぼす影響を解説する。

【鳥巣悠太 , IDC Japan】()
すご腕アナリスト市場予測:

各社、捉え方が違うBYODをあらためて整理しながら、ワークスタイル変革にBYODが与えるインパクトを考察する。

【渋谷 寛 , IDC Japan】()
すご腕アナリスト市場予測:

SaaSやシンクライアント導入、OS XやChromeOS、Windows10の登場など2015年はクライアント環境が激変する。企業の最適解について考察する。

【藤吉栄二 , 野村総合研究所】()
すご腕アナリスト市場予測:

DropboxやBoxなどさまざまなオンラインストレージサービスが登場したが、その使い分けの心得とは? アナリストが勘所を伝授する。

【岩上由高 , ノークリサーチ】()
すご腕アナリスト市場予測:

クラウドなど昨今のITプラットフォームの大転換により、あらためて価値が再認識されているBPM。そんな活性化するBPMの今に迫る。

【草地 慎太郎 , IDC Japan】()
すご腕アナリスト市場予測:

モバイルやソーシャルなどが全盛の今、スイッチやルーターなどネットワーク機器の市場はどう変化したのか。動向を探る。

【草野賢一 , IDC Japan】()
すご腕アナリスト市場予測:

Windows Server 2003のサポート完全終了まであと10カ月、この節目に中堅・中小企業が検討すべきクラウド活用について徹底検証。

【岩上由高 , ノークリサーチ】()
すご腕アナリスト市場予測:

ビジネスロジック内のルールを体系的に管理することで開発工数削減を実現するBRMS。誕生から15年、あらためて脚光を浴びる理由とは?

【津島靖彦 , イルミナード】()
すご腕アナリスト市場予測:

クラウド時代に問い直される情シス部門の存在価値。「データサイエンティスト」の役割を担うことで広がる情シスの未来とは?

【眞鍋 敬 , IDC Japan】()
すご腕アナリスト市場予測:

故意か否かにかかわらず頻繁に発生している内部からの情報漏えい。メカニズムを学びながら、企業での具体的な対策を解説する。

【益子 るみ子 , 情報処理推進機構】()
すご腕アナリスト市場予測:

近年はUDPプロトコルを用いる「DNS」「NTP」などを利用したDDoS攻撃が増殖中。実際の攻撃手法を学びながらその対策に迫る。

【西部喜康 , 日本データ通信協会テレコム・アイザック推進会議】()
すご腕アナリスト市場予測:

日本でも広がりつつあるオフショア開発だが、本来の目的に達しないケースも。そんなグローバルソーシング成否の分かれ目とは?

【足立祐子 , ガートナー ジャパン】()
すご腕アナリスト市場予測:

2013年5月に成立した通称マイナンバー法。企業にどんな影響があるのか、その基礎知識とともにその対応について徹底解説する。

【八木晃二 , 野村総合研究所】()
すご腕アナリスト市場予測:

2015年7月14日に迎えるWindows Server 2003のサポート切れ。Windows Server 2012に移行か、別の選択肢か。その最適解とは?

【入谷光浩 , IDC Japan】()
すご腕アナリスト市場予測:

スマホが携帯電話を置き換えたように、タブレットがノートPCの代わりとなる日は? 企業でのタブレット導入シナリオに迫る。

【岩上由高 , ノークリサーチ】()
会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。