5分でわかる最新キーワード解説

「5分でわかる最新キーワード解説」の連載記事一覧です。

人の生死や資産に直結する領域にまで手を伸ばそうとしているAIだが、その判断や予測の精度を左右する機械学習の品質については気掛かりなところ。そこで登場したのが、世界でもほとんど例のない、汎用的な品質管理ガイドラインだ。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

2020年6月、政府機関のクラウドサービス調達にフォーカスしたセキュリティ評価制度「ISMAP」がついにスタートした。ISMS認証などの評価制度や各種基準とは何が違い、民間企業などではどう生かせるのか? 制度のポイントを整理しておこう。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

2020年6月22日、日本のスーパーコンピュータである「富岳(ふがく)」が性能で世界No.1の座についた。これは2011年の「京(けい)」以来の快挙。今回は「富岳」の実像を紹介する。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

高齢者などに配慮して製品を設計する「アクセシブルデザイン」とは。2019年に新たに制定された4規格の内容とともに紹介する。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

ガラスのように透明なのに、ある時は電波を反射し、ある時は電波を通す、そんな制御ができるのが「透明・動的メタサーフェス」。微細な2次元構造を組み付けた大面積材料が可能にする5G時代の電波活用技術とは?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

Web媒介型攻撃対策プロジェクト「WarpDrive」が提供してきたエンドユーザー向け対策ソフトウェア「タチコマSA」のモバイル版「タチコマ・モバイル」が公開された。今までの防御策と何が違うのか。一体どんなものなのだろう。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

電子回路の微細化によってプロセッサの性能を向上してきたが、それも限界を迎えつつある。その代わりとして期待されているのが、チップ内部への光回路実装だ。NTTと東京工業大学が「全光スイッチング技術」の開発に成功した。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

2018年10月に「Wi-Fi 6」の登場が話題になってから1年3カ月で今度は「Wi-Fi 6E」が発表された。どちらも無線LAN規格「IEEE 802.11ax」に基づいた認証プログラムだという。分かりやすくなったようで、実はそうでもない「Wi-Fi」、ここで「6E」の正体とともに、無線LAN規格 全体のイメージを確認しておこう。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

災害が発生した場合、現在の場所から一番早く到達できる避難番所はどこか? 自宅からでも迷ってしまう避難場所と移動経路を短時間に探してくれる技術に、新しく「粘菌アルゴリズム」が追加された。GIS(Geographic Information System)との組合せで複数経路を一度に探索可能なその新手法とは?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

2040年には少なくとも1兆ドル超の市場に成長すると予測される宇宙産業。これまで国家や既存航空宇宙産業の他に異業種企業やベンチャー企業が続々と参入しているが、なかでも懸念されるのが「宇宙サイバー攻撃」だ。人工衛星を機能不全に陥らせる攻撃の手口と影響とは?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

「あちらを立てればこちらが立たぬ」というジレンマは仕事でも生活でもよくあることだ。お互いが自分の目的に最適だと思う行動計画が相反するとき、どう折り合いをつければよいのか。そんな古くからの悩みを解決し、みんなが得する最適行動へと導いてくれる「自動交渉AI」が実現しそうだ。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

「あのお宅のご老人、最近外で見掛けないけど大丈夫かしら」などと心配してくれるご近所の代わりをIoTデバイスが務める地域の見守りシステムが誕生しそうだ。Wi-SUNとWi-Fiなどを組み合わせた「データの地産地消」により、高齢者見守りなどを低コストに適時実施できるようにするのが「すれ違いIoT通信」。一体どのような仕組みなのか。同技術を開発した国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)に取材した。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

スパイウェアの代表格である「トロイの木馬」は、セキュリティに関心のある方ならご存じだろう。システムに潜伏し、あるきっかけで活動を開始し、システム内の情報を外イブ外部に流出したり、改ざん、破壊活動を行ったりする厄介なマルウェアだ。そのハードウェア版「ハードウェアトロイ」が猛威を振るいつつある。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

5G通信のサービス開始が迫る中、ネットワーク事業者と関連機器ベンダーによる5Gインフラの標準化が急ピッチで進む。今回は、無線アクセスネットワーク(RAN)のオープン化とインテリジェント化を推進するO-RAN Allianceの活動の一端を紹介する。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

セキュリティ対策の専門組織として企業内での運用が進むSOCやCSIRTだが、組織として最も求められているのが、セキュリティ脅威の早期発見や攻撃行動が判明した場合の対応優先順判断(トリアージ)。膨大なセキュリティアラートや脅威情報の中から、ハイリスクなインシデントを発見して対処するスピードが重要となるが、そのスピードアップに貢献するのが「セキュリティ情報融合基盤」として開発された「CURE」だ。一体どんなものなのだろう。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

渋滞なく、安全で効率よく、しかも快適なドライブができる高速道路。それが「スマートハイウェイ」だ。その実現のコア技術の1つがデータ通信技術。中でも最も期待が寄せられているのが5Gである。5Gがスマートハイウェイにどう組み込まれ、何が実現するのか。その先端実証実験のあらましを紹介する。【訂正あり】

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

早くも「5G」の次世代無線通信システムの議論が始まっている。それが「6G」に先駆けてさらなる高速・大容量通信を追求する技術研究開発「Beyond 5G」だ。「5G」に潜むボトルネックとその解決策とは?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

数時間はかかるスマホ充電や電気自動車への実用的な充電が数秒〜数分でできるかもしれない。東京工業大学と岡山大学の研究チームがリチウムイオン電池充電の桁ちがいな超高速化を実証した。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

まるで自分の両手のように自在に動く「二人羽織」ロボット。今後、どういった活用が期待されるのだろうか。開発の背景を聞いた。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

SNSなどソーシャルサービスの「ブロック機能」を悪用する新手のアカウント名奪取の手法「Silhouette(シルエット)」。秘密をばらされなくなければ送金を……なんて事態は避けたいところ。そのための具体的な対策とは?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

組織ネットワークをグラフィカルに視覚化するとともに、脆弱性情報を常時入手して、リスクのある箇所を自動発見、警告を行う脆弱性管理プラットフォーム「NIRVANA改弐(ニルヴァーナ・カイ・ニ)」とは。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

リアルタイム移動需要予測サービスは、モノや人の移動状況を捉えて近未来の移動需要を予測する技術だ。タクシーや公共交通、運輸、物流最適化、交通渋滞・混雑緩和や事故・災害対策にも大きく貢献する可能性を秘める。多様なデータの関係性を見いだせる技術の詳細とは。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

多数の無線デバイスが同時接続しても遅延を最小限にして十分な品質で通信できる「超多数接続・低遅延」技術として国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が開発に取り組んだ「STABLE(ステーブル)」について解説する。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

システム同士を連携させるAPI。多くの公開APIが利用できる「APIの銀行」となる存在も登場した。APIの今を解説する。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

コンセント不要で充電や給電が可能なマイクロ波空間伝送技術を利用した「ワイヤレス電力伝送(WPT)」を徹底解説する。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

既に5Gの5倍、LTEやWi-Fiの約100倍にあたる100Gbpsの無線伝送に成功した「OAM−MIMO多重伝送」技術。一体どんなものなのか?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

次世代無線通信技術標準「5G」のフェーズ1仕様が確定した。「eMBB」「mMTC」「URLLC」と呼ばれる3つの技術に注目だ。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

仮想通貨NEM流出事件で注目の「ダークウェブ」。犯罪行為の温床になる仕組みから、本来の意義までを徹底解説する。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

サプライチェーンの「発注課題」に着目した、自己競争により学習を行うビジネス向けAI技術「自己競争AI」が登場した。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

世界初のサイバー防御演習自動化システムが民間利用できる「CYDERANGE」が登場した。セキュリティ人材不足の軽減になるか?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

IoTデバイスへの給電を不要にするバッテリーレスの「EnOcean」。数キロをカバーするエリアへと進化した新たなEnOceanの実力とは?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

カーナビの道案内機能を超えた高精度3D地図情報が自動車運転を可能にする「ダイナミックマップ」。信号の状態も分かるかもしれない。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

2017年末の性能ランキングで高順位をマークしたプライベートスパコン「MN-1」。汎用GPUが開く、ディープラーニングの新機軸とは?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

脳が感じた内容を、本人以外の人にも理解できる形で推定できる技術「fMRI」。夢の言語化さえ可能になるという仕組みとは?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

脳と機械を接続する技術の総称であるBMIに関して研究者達が提言した「BMI倫理綱領3基準」。未来を見据えた提言の意味とは?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

車載プラットフォームのオープン標準を目指すプロジェクト「Automotive Grade Linux」。その全容を徹底解説する。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

1巻で現行テープの約22倍という大容量化を実現した「スパッタテープ」。テープストレージの進化はまだまだ続く。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

民間企業ヤフーが自前で作ったスパコン「kukai」が世界省エネランキングで2位になった。225倍の性能を発揮するスパコンの全貌とは?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

偽装した監視用環境に攻撃者を誘い込むサイバー攻撃誘引基盤「STARDUST」をNICTが開発した。攻撃者を丸裸にする仕組みとは?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

移動体の状況が把握できるオープンな地理空間情報記述とアクセス方法を定めた国際標準仕様「OGC Moving Features」とは一体何か?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

ドローンの操縦制御と映像通信を乗っ取りや盗聴から防ぐ動画データ完全秘匿中継技術が登場した。ワンタイムパッド暗号とは何か?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

個人データの開示範囲が制御できる「PPM」を活用した電子レシートが登場した。レシートで財布がパンパンにならなくなるかも。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

耳に特化したパーソナルデバイスを利用する「ヒアラブル」技術が登場した。デバイスから語りかける執事のような世界が実現するか。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

AI技術の最先端研究開発と社会実装を加速するクラウドコンピューティング環境「ABCI」。AI特化の計算パワーの実力とは?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

コンピュータ自体を水没させて冷却電力をほぼゼロにする水没コンピュータが登場した。省エネデータセンターの構想とは。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

約7年ぶりのメジャーバージョンアップとなったBluetooth。データレートが2倍、エリアが4倍となる新たな規格の動向やいかに。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

拾った音をリアルタイムに話者ごとに分離する「分離集音」技術が登場した。10人の訴えを聞き分けたという現代版、聖徳太子が降臨するか。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

常温処理ながら従来型コンピュータの約50倍ものスピードで問題解く「量子ニューラルネットワーク」の実力を探る。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

大陸間データ伝送で約150Gbpsの速度を実現し世界最高記録を樹立した。立役者となった新ファイル転送プロトコル「MMCFTP」とは?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

620Gbpsもの大規模DDoS攻撃を引き起こした「Mirai」の亜種が登場するなど「IoTマルウェア」が本格化した。その傾向と対策とは?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

省電力で広い版をカバーするIoTネットワークに新たな選択肢「SIGFOX」が登場した。既存方式との違いやそのメリットを詳しく解説する。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

新素材カーボンナノチューブ(CNT)を用いた注目の不揮発性メモリ「NRAM」が登場した。既存メモリ技術と比較する。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

生活シーンから得られる情報を総合的に判断して認証する「ライフスタイル認証」。手間なしで高セキュリティ、両立は可能なのか。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

普通のシングルコア、シングルモード光ファイバーで10倍の速度向上を実現する「帯域ダブラ」。高速化の最新トレンドを徹底解説する。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

組織内LANへのマルウェア侵入を想定した実践的サイバー防衛演習「CYDER」。組織内CSIRT担当者を養成する訓練の全容とは?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

マイナンバーカードのチップ内にある「マイキー」を活用して、企業や個人にもメリットがある仕組み作りが進行中だ。その実態とは。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

耐震安全性向上と被災家屋の復旧早期化を目的とする「知能住宅」が登場した。産官学連携による建築物に対するIoT応用はいかに?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

複雑な内部構造まで記述できる新3Dデータフォーマット「FAV」が登場した。体積とピクセルを組み合わせて表現する。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

短時間での解析が困難だった「ゲリラ豪雨」を正確に予測できるシステムをNICTが開発した。高精度で結果を導き出す技術とは。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

目に見えない特殊な光「エバネッセント光」で造形することで、マイクロサイズの工場構築も夢じゃない。驚きの造形技術に注目だ。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

つるつるのディスプレイにボタンの存在を感じさせる。触覚フィードバックの技術「ハプティクス」がVRやARの世界を広げる。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

電界制御では1テラHzの動作が限界と考えられる中で、光の制御で「ペタヘルツ高周波」の世界への扉が開く。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

シビレエイの発電器官を発電デバイスに応用した「シビレエイ発電機」が登場した。近未来の発電手法がいよいよ実現なるか。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

複雑な量子をレーダーに応用し、悪条件でも人やモノを捉える「量子レーダー」が誕生した。電波を使うレーダーと何が違うのか。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

海水を噴き上げてアンテナにするという画期的な技術「海水アンテナ」が登場した。応用に期待が持てる新たなアンテナの形に注目だ。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

既存帯域ではこれ以上の高速化が望めない無線LAN。これから拡張が期待されるミリ波帯超高速通信のトレンドに迫る。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

基幹ネットワークの高速化が期待される中、1波長当たり1Tbpsを超える超高速伝送技術が登場した。既存速度のおよそ10倍を達成する。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

人体の電波反射をグラフ化して、混雑度レベルを自動判定する「混雑監視レーダー」が登場した。魚群探知機ならぬ「人群」探知機の全貌とは?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

スマートフォンとBLE対応IoTデバイスとの連携をシンプルにする新プラットフォームが登場。日常生活にIoTがやって来る日も近い。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

復号時に読み取られることを回避すべく暗号化したままデータ分類を行う「暗号化データマイニング」が登場。暗号化の限界突破となるか。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

単一ベンダーでしか構築できなかったストレージ仮想化をソフトウェア定義で実現するSDSが登場。SDNからSDSへ、どこまで広がるか?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

話題のブロックチェーン技術、聞いたことはあるけど詳しくは知らない。ブロックチェーン技術の基礎とは?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

従来1TBが限界とされてきた光ディスクの限界を超え、5インチのディスクなら2TBもの大容量を実現。その100倍も夢じゃない驚きの技術とは?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

映像記録用光ディスクの次世代規格「Ultra HD Blu-ray」がいよいよ登場。2016年に普及元年となる新規格、美しさに限界はない?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

第4次産業革命を支えるIoTの重要な要素技術であるM2M国際標準「oneM2M」。リリース1規格の全貌を徹底解説する。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

さまざまな機器とスマートデバイスをWeb技術でつなぐ「デバイスWebAPI」が登場した。オープンソース「GotAPI」動向も含めて最新動向を解説する。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

4G規格「LTE Advanced」の次に来る新規格「5G」の全容がいよいよ見えてきた。5Gが掲げる新たなモバイルの世界とは。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

何もない空間から接触感が得られる新たな触覚インタフェースが登場した。遠隔地でも「触れる」体験が実現可能な驚きの技術とは。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

パーソナルデータ管理と利用を組織任せにしない新情報管理手法「分散PDS」が登場した。自分で個人情報をどう守るのか。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

人間の身体、五感、頭脳の能力をITをはじめとする技術で拡張した「超人スポーツ」が登場した。未来の五輪へ、新ジャンルとなるか。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

洗濯したって、ハイヒールで踏みつけたって大丈夫な次世代トランジスタが登場した。ウェアラブルの新たな可能性を開く。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

病気で出すことが難しい「本人の声」を取り戻す音声合成技術研究プロジェクト「ボイスバンク」が始動した。音声合成の最前線に迫る。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

将来500億デバイスを超えるIoT時代に備えた新たなネットワーク体系「情報指向ネットワーク」の本質とは。詳細を徹底解説する。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

1万本分の2時間ハイビジョン映画をわずか1秒で送信できる新たな光ファイバーが限界を超えて登場した。先行する日本の速度技術に注目だ。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

材料を何かにスプレーすれば発電できる新型太陽電池が登場した。ビル壁面だけでなく、ドーム型の屋根だって太陽電池パネルになる。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

複雑化したレガシーソフトのコンポーネント判別やプログラムとデータ間の依存関係を可視化できる「ソフトウェア地図」が登場した。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

光で超伝導状態のオン、オフができる世界初の「光駆動型超伝導トランジスタ」が登場した。外部電源不要の超伝導技術がITの未来をどう変えるか。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

遠隔地で開催のスポーツやコンサート映像を高臨場感で再現するイマーシブテレプレゼンス技術が登場した。その仕組みを徹底解説する。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

GPS電波が届かない地下街や建物内でも位置が高精度で分かる「地磁気データ屋内測位」技術が登場した。おもてなしのキラーアプリになるか。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

LSI製造プロセスで生まれる超微細な個体差を暗号鍵に利用する「LSI個体差暗号技術」。画期的な暗号技術を徹底解説。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

遠赤色光を利用して光変換と蛍発生を行うタンパク質を応用し、研究が進む「タンパク質光スイッチ」の全貌を解説する。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

組み合せ最適化問題を従来の1800倍のエネルギー効率で計算可能な新型半導体コンピュータが登場した。汎用CPUとの違いを徹底解説。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

地上アナログ放送の停波で空いた920MHz帯を利用する日本発の無線「Wi-SUN」。乾電池で10年間駆動も夢じゃない、驚きの規格を解説する。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

不正行為の証拠発見を人間の数千倍のスピードで実行できる人工知能が登場した。訴訟大国の米国でビジネスを行う際には要チェックだ。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

無意識に行う運転操作を解析することで、渋滞の前兆予測を可能にする技術が登場した。渋滞回避の救世主となるか。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

H.264/AVC規格のデータ圧縮率を2倍に高める映像符号化技術「HEVC」が登場した。4Kや8K普及に弾みをつける高度な技術とは。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

物体の状態を一切損なわず、可視光でID情報を付加できる「情報発信LED照明」が登場した。。新たな照明技術がもたらす未来とは。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

指紋で人物を特定するように、工業製品の表面形状で本物がかどうかを特定する「物体指紋技術」が登場した。偽物撲滅につながるだろうか。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

強い刺激臭を持つアンモニアが燃料の「アンモニア発電」はエネルギーに革命を起こすのか。次世代クリーンエネルギー最先端に迫る。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

立体的なナノ構造で光の屈折率を変えることで透明マント実現に近づく「3次元メタマテリアル」技術が登場した。詳細に解説する。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

衛星が常に日本の真上にあることで、GPSの測位誤差を現在の数十メートルから数センチに縮める「準天頂衛星測位システム」の全貌に迫る。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

淡水と海水の絶妙な浸透圧で発電する「浸透圧発電」が登場した。太陽光よりも高効率という実力に迫る。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

ソースコードなど開発関連の膨大な電子化情報を分析する新たなマイニング手法「MRS」が登場した。バグ予測やコード再利用に使えるのか。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

宇宙空間と地表で電波の代わりにレーザー光を用いたデータ通信を行う「宇宙光通信」。宇宙でのネットワーク技術確立はもうすぐか。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

USBインタフェースで最大100ワットまで給電できる「USB PD」が登場した。新しい給電方式に注目する。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

欧米やアジア諸国との激しい競争の真っただ中にいる日本のロボット産業。新たな規格「ISO 13482」が巻き返しの起爆剤になるか。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

リチウムイオン電池の7倍のエネルギー密度を実現する新たな二次電池が登場した。これまでにない大容量電池の未来とは。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

標的型攻撃による遠隔操作被害を防ぐセキュリティ対策「チョークポイント監視」が登場した。IPSとの違いは何か。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

CPUとGPU一体化の能力をフルに発揮するためのプラットフォーム「HAS」が登場した。潜在能力を引き出すための新たな試みに注目する。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

巨大な光生成装置や、ほぼ絶対零度で動作する計測装置。現在の1000倍以上の大容量通信を目指す「スクィーズド光」に迫る。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

中央制御装置なしで端末同士がネットワークを自動構成する「PAC」が登場した。IEEE 802.15.8規格の標準化を目指した動きに注目する。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

折れ曲がりや破断があって大丈夫。有線と無線のハイブリッド技術「電波ホース」が登場した。シンプルながら驚きの技術に迫る。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

黒潮などの巨大海流を発電エネルギーとして利用する「海流発電」。70%の設備利用率が期待できる新世代の発電技術に迫る。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()

従来のレーザー読み書きヘッドの仕様のまま1枚当たり1TB記録を視野に入れる新規格「Archival Disc」。その規格概要を探る。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

SSDの寿命を22倍、性能を33倍向上させる「ReRAM搭載SSD」が登場した。ハイブリッドメモリが新たなストレージとなるか?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

日本の大手ICTベンダー5社が手を組み、総額60億円をかけて挑む「O3プロジェクト」。日本の技術が世界のネットワークを席巻するか。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

回線が届かなくてもスマートフォンにデータ転送できる新技術が登場した。端末過密環境でこそ本領発揮する通信インフラの新たな形とは?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

若気の至りでネット上に書き込んだ、あの情報を何とかしたい。「忘れられる権利」に関するEUや米国、そして日本の状況は?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

ギガビット対応のIEEE 802.11acが抱える干渉問題などに対処すべく新たに研究が進む「協調無線LAN」。その最新動向を探る。

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

大規模災害時の通信インフラとして、電話通信を確保し、小さなデータセンターとしても機能するという「ICTカー」。その実態とは?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

「OCP(Open Compute Project)」とは、Facebookが主導するデータセンターのハード仕様をオープン化する試みだ。一体何が変わる?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
5分で分かる最新キーワード解説:

レーザー光を当てることで波面の角度を変える「光磁石」によるスイッチング技術。驚きの超高密度記録への期待も高まる新技術とは?

【土肥正弘 , ドキュメント工房】()
会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。