RPAで失敗しない、“優等生ロボット”の育て方・付き合い方

「RPAで失敗しない、“優等生ロボット”の育て方・付き合い方」の連載記事一覧です。

RPAで失敗しない、“優等生ロボット”の育て方・付き合い方:

RPAがよく止まるという悩みを抱える企業は多い。原因の1つは、行うべきテストができていないことにある。必要な情報や条件を整理することが難しいテストを、ユーザー部門や開発担当者がどう行えばよいのか――ポイントを解説する。

【西本 浩平 , SHIFT】()
RPAで失敗しない、“優等生ロボットの育て方・付き合い方:

RPA導入で必ずぶつかる壁として「テスト」がある。いい加減にしたり、従来のシステムと同じ要領で行ったりすると、思わぬロボトラブルにつながってしまう。テスト時によくある7つの失敗事例とその原因を紹介する。

【西本 浩平 , SHIFT】()
RPAで失敗しない、“優等生ロボット”の育て方・付き合い方:

ユーザー部門自らが“取りあえず開発を始められる”ことが一つのメリットでもあるRPAだが、いつまでも考えなしに取りあえずやってみるだけでは、トラブルの絶えないロボが作られ続けることになってしまう。作り手の視点や、ちょっとした前準備が、現場で役立つ優秀なロボット開発につながるのだ。RPA開発の正しいステップとは何か――現場のユーザーでもできることを紹介する。

【樋口 匡 浜村佳史 , SHIFT】()
RPAで失敗しない、“優等生ロボット”の育て方・付き合い方:

RPA導入企業の4割が「ロボットの業務が滞る」と悩む。彼らの前に立ちはだかるのは、ロボットの作り方に起因した4つの“ロボトラブル”だ。図や表、チェックリストで、その対策を分かりやすく解説する。

【樋口 匡 西本 浩平 , SHIFT】()
RPAで失敗しない、“優等生ロボット”の育て方・付き合い方:

ロボットが停止し、事業運営に影響を与える事故に発展した――RPA導入企業でこうした出来事が多発している。トラブルのないRPAを目指すなら、推進の各フェーズで必ず実践すべきことがある。

【菅 仁 , SHIFT】()
RPAで失敗しない、“優等生ロボット”の育て方・付き合い方:

企業の高品質なRPA運用を支援するコンサルタントが、本当にあったRPAの事故の原因に切り込み、トラブルのない"優等生ロボット”をどのように実現するのかを解説する。

【菅 仁 , SHIFT】()
会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。