特集
» 2021年09月06日 09時00分 公開

「Windows 365」の使いどころは? Azure Virtual Desktopとの違いを徹底解説

2021年8月2日から正式に提供が開始された「Windows 365」。料金体系や使用感、Azure Virtual Desktopとの違いや使い分けのポイントを解説する。

[宮田健, 溝田萌里,キーマンズネット]

 「Windows 365」は、Microsoftのクラウドを介してWindowsのデスクトップ環境を利用できるDaaS(Desktop as a Service)の一つだ。

 「企業向けのクラウド版Windows」として、情報システム部門の管理工数を削減すると期待を集めるが、具体的にどのようなメリットがあるのか。また、同じく仮想デスクトップ機能を提供するAzure Virtual Desktopとの違いや使い分けのポイントは何か。日本マイクロソフトでWindows 365のプロダクトマネージャーを務める山本 築氏に伺った。

「Windows 365」の利用シーン

 Windows 365は、端末を選ばず仮想デスクトップ環境に接続して中断した作業を再開できることから、ハイブリッドワークと親和性が高い。Windows端末やiPad、Android端末に対応し、Webブラウザまたはリモートデスクトップクライアント(RDC)からアクセスできる。取材時のデモでは、コラボレーションツールである「Microsoft Teams」も、RDCを介してほぼレイテンシなく操作できていた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。