ニュース
» 2021年08月25日 11時00分 公開

弁護士が解説「マッチングアプリからの個人情報漏洩」の問題点と法務部門がとるべき対応

マッチングアプリのサーバが不正アクセスを受けた。漏洩した可能性がある情報には、現在ではユーザーから提供を受けることが禁止されている書類も存在した。企業は通例通り「1件あたり500円前後」の補償をすべきか。それぞれの問題を、過去の判例や最新の法規制に基づいて弁護士が解説する。

[キーマンズネット]

本記事は2021年7月27日のBUSINESS LAWYERS掲載記事をキーマンズネット編集部が一部編集の上、転載したものです。

サマリー

  • 個人情報の保存期間を考慮、決定するための3つの要素
  • 本人確認書類の管理法と、漏えい時に求められるステークホルダーへの対応
  • セキュリティリスクの最小化へ向け外部専門家へも相談を

© BUSINESS LAWYERS

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。