ニュース
» 2021年08月23日 07時00分 公開

これから始める「Power Automate Desktop」 無償版と有償版の違い、習得ステップを解説

Power Automate Desktopを使い始めるに当たって、無償版と有償版の違いなど事前に知っておくべきこと、今までRPAに触れたことがないユーザーは何から始めればよいのかなどを解説する。

[吉村哲樹,オフィスティーワイ]

 2021年3月、MicrosoftはRPA(Robotic Process Automation)ツール「Power Automate Desktop」の無償提供を開始した。本稿公開時点(2021年8月23日)では、Microsoftの配布サイトから無償版をダウンロードでき、「Windows 10」のHome/Pro/Enterpriseで利用できる。

 2021年3月に公開されたWindows 10 Insider Preview ビルド21337には、Power Automate Desktopが標準搭載されている。また「Windows 11」初のプレビュー版「Windows 11 Insider PreviewのBuild 22000.51」にもPower Automate Desktopが搭載され、「Windows 11」に標準搭載されるものとみられる。

 本特集では、Power Automate Desktopをこれから使いたいと考える読者に向けて、無償版/有償版でできること、できないことや、習得のためのステップ、注意したいガバナンスリスクについて解説する。

Power Automateと「Desktop版」の違い

 「Microsoft製のRPAツールが無料で利用できる」ということで大きな話題を呼んだが、Power Automate Desktop自体はもともと同社のプロセス自動化ツール「Power Automate」の一機能として有償で提供されていた。無償版の提供開始後も有償版は引き続き提供されているが、この両者の間には違いがある。

 Power Automateは、主にクラウドサービスやアプリケーション同士をAPI連携させる「クラウドフロー」によってプロセスの連携、自動化を実現するサービスだ。本来ならこのクラウドフローだけで全ての業務プロセスの自動化を実現できれば理想的なのだが、場合によってはAPIを公開していないレガシーシステムが使われていたり、ローカルマシンで稼働するデスクトップアプリケーションが業務プロセスの中で利用されていたりするケースもある。

 そのような場合はクラウドフローだけではプロセス全体の自動化が実現できないため、やむなくデスクトップ操作を自動化するRPAの機能、いわゆる「デスクトップフロー」を取り入れる必要があり、そのために登場したのがPower Automate Desktopだった。

 Microsoftが提唱する理想的なプロセス連携のシナリオにおいては、あくまでもPower Automateで実現するクラウドサービス、アプリケーション間連携が“主”であり、Power Automate Desktopが提供するデスクトップ操作の自動化、つまりRPAの機能は“従”と位置付けられる。

図1 Power Automate Desktopを用いた業務自動化の一例(出典:内田洋行 太田浩史氏作成の資料)

無償版と有償版の一番の違いはどこにある?

 Power Automateのクラウドフローとの連携機能は、実は有償版のPower Automate Desktopでのみ提供され、無償版のPower Automate Desktopでは提供されない。つまり無償版ではPower Automateで構築するプロセス連携の中にRPAの機能を組み込むことはできず、あくまでもデスクトップ操作の自動化を単独で実行できるだけだ。

 さらに言えば、Power AutomateのプロセスからPower Automate Desktopのプロセスを呼び出したり起動したりすることもできないため、プロセスを実行するたびに人手で起動しなければならない。無償版と有償版の機能差、および利用に必要なハードウェアの最低要件をまとめたものが図2だ。

図2 無償版と有償版の比較図(出典:内田洋行 太田浩史氏作成の資料)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。