特集
» 2021年07月29日 10時00分 公開

「Google Workspace」早分かり 〜機能プラン、便利術、AppSheet〜

コロナ禍で再注目された「Google Workspace」の機能やライセンス料金について一覧表にまとめて整理した。さらに、脱Officeを目指すコープさっぽろが実践する4つの活用Tipsや、一部プランで活用できるノーコード、RPAツールの「AppSheet」についても紹介する。

[キーマンズネット]

「知りたい、使い倒したい」 Google Workspaceの解説書

 業務のオンライン化や円滑なコラボレーションをサポートするオフィスツールとして「Google Workspace」がある。テレワークが浸透したコロナ禍で、再び注目を集めたツールの一つだ。ここ数年の間で何度かリブランドが繰り返され、プランの内容も少しずつ変更されてきたため、あらためて機能たライセンスプランを一覧表で整理した。一部のプランで活用できるノーコードツールの「AppSheet」についても、メリットや他社ツールとの違い、RPA機能などを併せて解説する。

 Google Workspaceは、業務のオンライン化に資するとして各所でベストプラクティスが共有されており、脱オフィスを標ぼうするコープさっぽろもその活用によってDX(デジタルトランスフォーメーション)を推し進めている。ブックレットでは、「Google ドキュメント」や「Google スプレッドシート」によって脱ワークフローや会議の変革を成し遂げた同社のTipsも共有する。

ブックレットサマリー

  • Google Workspaceのライセンス体系と機能の早見表
  • 旧 G Suiteとの違いと注意点
  • 【事例】Google ドキュメントで会議を変革、脱ワークフローも
  • Googleのノーコード「AppSheet」のメリットやRPA機能を徹底解説

ブックレットのダウンロードはこちらから

 本ブックレット(全16ページ)は、キーマンズネットで掲載した解説記事を基に再構成しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。