ニュース
» 2021年07月28日 07時00分 公開

次のワークスペースはどう作る? UC/コラボレーティブワークスペース動向

テレワークが常態化しつつある今、国内ユニファイドコミュニケーション(UC)/コラボレーティブワークスペース市場はどう動いているのか。2020年度の状況とともに2025年までの予測を見ていきたい。

[太田早紀,IDC Japan]

アナリストプロフィール

太田 早紀(Saki Ota):ソフトウェア&セキュリティマーケットアナリスト

ソフトウェア市場のアナリストとして、コラボレーティブアプリケーション、コンテンツワークフロー管理アプリケーション、CRMアプリケーションの市場動向や企業ユーザー動向の調査/分析、ベンダーの動向/戦略分析、将来の市場予測を担当、ベンダー/ユーザー企業に提言を行っている。


国内UC/コラボレーティブワークスペース市場とは?

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響から、働く環境が大きく変化している今、国内ユニファイド コミュニケーション(UC)/コラボレーティブワークスペース市場はどのように動いているのだろうか。IDCが発表した国内UC/コラボレーティブワークスペース市場の予測から、今後の動きについて見ていきたい。

 まずはこの市場に含まれるセグメントを見ておきたい。大きく分けて「IPテレフォニー」「IPカンファレンスシステム」「IPコンタクトセンターシステム」「コラボレーティブワークスペース」の4つのセグメントがある。

 IPテレフォニーは、IP電話やIP-PBXといったハードウェアを中心とした電話関連ソリューションだ。IPカンファレンスシステムは、ビデオ会議や電話会議などで利用されるハードウェアを中心としたもので、最近製品が出そろってきた「Zoomミーティング」や「Microsoft Teams」などに特化した専用端末もこのセグメントに含まれる。

 IPコンタクトセンターシステムは、コンタクトセンターの構築に必要なハードウェアやIVR(自動音声応答)などのソフトウェア、そしてコンタクトセンター構築のためのサービスなどが含まれる。

 そして、最も大きな市場となっているコラボレーティブワークスペースは、コラボレーティブアプリケーションおよびコンテンツワークフロー/管理アプリケーションという2つのセグメントに分かれる。前者は主にデスクトップ環境で利用されるWeb会議や電子メール、SNSやチャットといったコミュニケーションに関わるアプリケーションで、後者にはファイル共有システムやポータルなどコンテンツ管理に関するソリューションが含まれる。

49.8%と高い成長率を誇る領域はどこ?2020年の実績

 今回発表した2020年の国内UC/コラボレーティブワークスペース市場は、売上額ベースの市場規模は4084億7800万円で、年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は8.7%だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。