ニュース
» 2021年07月26日 11時00分 公開

みんな忘れている「オリパラ期間中はテレワーク」作戦が実はひっそり進行中

「テレワーク・デイズ」は働き方改革やBCP、訪日観光客の増加による交通機関への影響を緩和するために実施されてきた。そして2021年夏、コロナ禍と東京大会の中で企業の対応はどうなっているか。

[柴佑佳,キーマンズネット]

 総務省と厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府が東京都や関係団体と連携して実施する「テレワーク・デイズ」は、働き方改革や「オリパラ」期間中の交通混雑緩和を目的としていた。2020年のコロナ禍で緊急避難的なテレワークが普及し、現在は「コロナ疲れ」や「テレワーク疲れ」によるオフィス回帰の動きも見られる。

 ニューノーマル時代の働き方としてテレワークとオフィスワークを混ぜた「ハイブリッドワーク」が注目されるが、そのような中で2021年の夏も「テレワーク・デイズ2021」が実施されている。ひっそりと公開されている実態の数字を追った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。