特集
» 2021年07月21日 10時00分 公開

RPAに遅れてやってきたプロセスマイニング、市場が急成長する理由

コロナ禍において、プロセス・マイニングツール市場が高い成長率を示している。認知度も向上しているが、背景にどのようなイベントがあるのか。

[キーマンズネット]

 RPA(Robotic Process Automation)を導入する際に、必ずといってよいほど問題になるのが業務の可視化だ。どのようなフローで業務が流れ、誰が作業を担当し、どこにボトルネックがあるのか――棚卸の作業は骨が折れるが、これを支援するツールとして数年前からプロセス・マイニングツールの需要が伸びている。

 アイ・ティ・アール(ITR)は、国内のプロセス・マイニング市場規模推移および予測を発表した。プロセス・マイニングは、業務システムに蓄積されているイベントログなどのデータを基に、部門をまたぐ業務プロセスのパターンを可視化、分析する製品およびサービスだ。プロセスに関わる工数を算出し、例外処理、ボトルネック、職務分掌を抽出して全社規模の業務改善を支援する。コロナ禍において、高い成長率を示し認知度も向上しているが、背景にどのようなイベントがあるのか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。