特集
» 2021年07月19日 10時00分 公開

ノーコード/ローコードとは? メリットや両者の違い、導入のポイントを総整理

ノーコード/ローコード開発ツールが、ITの民主化を促すとして注目を集めている。ノーコードとローコードの違い、メリットやデメリット、導入形態、開発作業のイメージ、導入する際に気を付けるポイントなどを総整理する。

[吉村哲樹,オフィスティーワイ]

ノーコード/ローコード開発ツールとは? メリットを解説

 近年「ノーコード」「ローコード」という用語を頻繁に耳にするようになった。一般的にノーコードとは、プログラムコードを記述するコーディング作業なしに画面設計のみでアプリを利用できるツールや環境のことを指し、ローコードはわずかなコーディング作業のみでアプリ開発が可能なツールや環境を指す。こうしたアプリ開発の手法が注目を集める背景には、システム開発に掛けられる人手や予算に限りがある一方で、IT化による業務効率化の必要性が増し、ビジネス環境の変化に併せてスピード開発が求められている実情がある。

 ノーコード開発ツールのメリットの一つは、プログラム開発言語の知識を持たない業務部門の担当者であっても、自らアプリを開発できることだ。多くの企業では、経理や財務、顧客管理などの基幹業務にパッケージソフトウェア製品やスクラッチ開発のアプリを導入していても、それらでは網羅できないデータ管理や導入後の運用変更などのスキマ作業を業務担当者がExcelやAccessを用いて補っている。ExcelやAccessは複数人で情報を共有する用途には向いておらず、バージョン管理の面でも課題が多い。ノーコード開発ツールは、こうしたスキマ作業のニーズを、情報システム部門やエンジニアに依存することなく、業務部門が自ら解決するための手段として期待を集めている。これによってIT人材不足を解消でき、場合によっては外部委託にかかる時間やコストの削減にもつながる。

 一方のローコード開発ツールは、ノーコード開発の要素に加えてより高度なカスタマイズや、自動化処理機能、他システムとの柔軟な連携などが可能だ。さらにJavaScriptなどプログラム言語を追加機能として実装することで拡張性も広がり、プロの開発者が短期間で業務アプリを開発するための手段としても広く採用されている。さらに、最終的にプログラム言語でスクラッチ開発をする場合でも、ローコードツールを用いてシステムのモックアップやプロトタイプを短期間のうちに開発し、業務部門のユーザーに都度確認しながら仕様を固めるというアジャイル開発の用途にも活用されている。現場の要望を即時に反映して、よりニーズにマッチしたアプリを作成できるとの期待が強い。

「ノーコード」と「ローコード」の違いとは? できること

 ローコードとノーコードはひとくくりで語られることが多いが、それぞれ何ができるのか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。