特集
» 2021年07月15日 10時00分 公開

G検定受験者の特性は? 受験した目的は?【2021年調査】

日本ディープラーニング協会は、G検定の試験実施レポートを公開した。どのような年齢層や業種、職種の人が受験しているのか。どのような目的で受験を決めたのか。

[キーマンズネット]

 AI(人工知能)の基礎的な知識が身に付くとして認知度を上げているG検定。正式名称に「JDLA Deep Learning for GENERAL」とあるように、エンジニアに限らず幅広い職種のビジネスパーソンを対象とした資格試験だ。キーマンズネットの読者調査においても興味があるとのコメントが寄せられたが、実際にはどのような年齢層や業種、職種の人が受験しているのか。どのような目的で受験に臨むのか。

 日本ディープラーニング協会(JDLA)は2021年7月7日、「G検定(ジェネラリスト検定)」の最新受験状況を反映した試験実施レポートを公開した。G検定を企業に広く認知させ、AI(人工知能)やディープラーニングのスキルを備えたデジタル人材を育成することが目的だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。