ニュース
» 2021年07月08日 07時00分 公開

文書管理ツールの利用状況(2021年)/後編

文書管理に関するさまざまな声から、企業規模別に共通する課題点が見えた。複数企業の例から、課題解決のヒントを探る。

[キーマンズネット]

 キーマンズネットは2021年6月7日〜18日にわたり「文書管理ツールの導入状況」に関するアンケートを実施した。全回答者数140名のうち、情報システム部門が28.6%、製造・生産部門が23.6%、営業/営業企画・販売/販売促進部門が10.8%、経営者・経営企画部門が10.0%などと続く内訳であった。

 後編では、文書管理や文書管理ツールにおける課題を企業規模別に分類した。アンケートの声から得られるケーススタディは“中小企業”から“大企業”まで従業員規模別に分類し、文書管理を取り巻く課題を見ていくことで、規模ごとの傾向について分析を行った。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

 前編では、2017年に実施した前回調査と比べて導入率が緩やかに増加傾向にあることと、企業における文書データの活用意識の高まりを紹介した。一方、運用面を中心に現場からは不満も多く挙がり、文書管理ツールに求められる期待役割が発揮しきれていないという課題も見えてきた。そこで後編では寄せられたケーススタディを参考に、従業員規模別に文書管理を取り巻く課題について傾向を見ていきたい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。