ニュース
» 2021年06月28日 15時00分 公開

「Windows 11」は正直ガッカリ? Teamsが標準搭載に 新機能とアップデートまとめ

Windows 10を「最後のOS」だとしたMicrosoftが、それを覆すかのように「Windows 11」を発表した。Microsoftは“次世代のOS”とうたうが、SNSを見ると微妙な反応を示すユーザーもいる。ユーザーの期待を超えるものとなるか、はたまた“黒歴史”となるのか……。

[キーマンズネット]

 Microsoftは2021年6月25日(日本時間)、2021年後半に「Windows 11」を提供する予定だと発表した。現在使用するPCがWindows 11に必要なシステムの最小要件を満たしていれば、無償でアップグレードできる。同社では、現在販売中のほとんどのWindows 10搭載PCはWindows 11にアップグレードできるとしている。

 イベントの発表内容を基に、Windows 11の特徴をまとめた。

(出典:MicrosoftのWebサイト)

スタートボタンが左から中央へ

 生産性を向上させ、創造性を引き出すために、デザインと操作性を簡素化した。スタートボタンをタスクバーの中心に据え、必要なツールをすぐに見つけられる。

Windows 11ではスタートボタンが中央に(出典:MicrosoftのWebサイト)

TeamsがOSに統合、非Teamsユーザーとも会話可能

 タスクバーに「Microsoft Teams」(以下、Teams)のチャット機能を統合した。相手がTeamsを利用していなくてもテキストやチャット、音声、ビデオで連絡先の相手と接続できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。