ニュース
» 2021年06月24日 07時00分 公開

NECが実践して分かった「ERPの脱オンプレ」の成否を決める7つのステップとは?

企業の間で“脱オンプレ”の動きが進む。NECはサイロ化した基幹システムの刷新において、クラウドの道を選択した。当初は、SAP ERPからオンプレミスのSAP S/4HANAへの移行を検討していたが、それを振り切って完全クラウドシフトを決意した。

[唐澤正和,ヒューマン・データ・ラボラトリ]

 NECは、2025年までに社会にデジタル技術を浸透させる"Digital Inclusion"を目指し、自社においてもデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進しているところだ。自社グループの基幹システムを「SAP ERP」(SAP ECC 6.0)から「SAP S/4HANA」へ刷新するとともに、システム基盤に「Amazon Web Services」(AWS)を採用し、基幹システムの“脱オンプレ”を図った。

 NECの古殿隆之氏(NEC サービス&プラットフォームSI事業部 マネージャー)は、AWS移行の検討プロセスと意向のノウハウ、最適なクラウド移行を果たすための7つのステップを紹介した。移行プロセスを振り返り、順に解説していく。

オンプレでのSAP S/4HANA化をやめて完全クラウドシフトに

 NECが基幹システムのクラウド移行を実施した狙いについて、古殿氏は「SAP S/4HANA化するメリットを享受するとともに、ITインフラだけでなく運用や保守も含めたTCO(総保有コスト)の削減およびデータ量の増加、システム負荷の増加、変動への対応力の強化」を挙げ、次のように続けた。

 「ビジネスの成長に合わせてシステムを構築してきたため、基幹システムだけでも200を超えるシステムがあり、サイロ化されたシステムの運用に時間とコストを要していました。また、運用、保守スタッフの高齢化が進み、このままでは従来型のICT構造は維持できないと考えました。さらに、経営からの要請にタイムリーに対応できる柔軟なプラットフォームへの変革も求められました。そこで、SAP S/4HANAを中心に、段階的にシステム刷新を進め、クラウド移行によってシステム数の30%削減と、経営を支える戦略的ICTへの構造変革を目指しました」

(出典:AESサミットでの投影資料)

 クラウド移行に当たっては、機密性や連携性、可用性、費用の4点を判断要件に設定し、「情報セキュリティと処理性能、レスポンスをオンプレミスと同等のレベルで実現できるどうか。また、DR(災害復旧)、システムの維持、拡張コストの低減および最適化が可能であるかどうか」についてPoC(概念実証)を実施したという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。