特集
» 2019年04月03日 10時00分 公開

ブレインパッドによるRPAサービスの特徴や事例を徹底解説

[RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

「RPAの導入でデータがどのように活用できるのかを知りたい」「RPAとAIを組み合わせて、もっと大きなビジネスを展開できないだろうか」といった悩みや課題を抱えていないだろうか。こうした悩みや課題を解決してくれるのが「株式会社ブレインパッド」だ。

ブレインパッドは、データによるビジネスの創造と経営改善に取り組んできた、データ活用に関するリーディングカンパニーである。近年ではAI(人工知能)の分野にも力を入れ、80名を超えるデータサイエンティストがAI活用のビジネスを支援・開発している。その一環として、AIを活用したRPAサービスも手掛けている。ブレインパッドでは、どのようなRPAサービスを提供しているのだろうか。詳しく紹介していきたい。

■記事内目次

  • ブレインパッドによるRPAサービスとは
  • ブレインパッドによる「RPAサービス」でできること・特徴
    • ブレインパッドによる「RPAサービス」でできること・特徴
    • 3つのライセンス形態を用意
  • RPAテクノロジーズとEC業務支援パッケージプランを共同開発
  • ブレインパッドによるRPAサービスの導入事例・実績
    • 事例1:データ収集・加工のコストを下げ、人力では不可能なデータ収集が可能に
    • 事例2:3ヵ月で約50のロボット稼働に成功
  • AIを付加して非定形業務の自動化もできるブレインパッドのRPAサービス

ブレインパッドによるRPAサービスとは

 ブレインパッドでは、「BrainRobo(ブレインロボ)」と名付けられたRPAサービスを提供している。このBrainRoboサービスは、BizRoboを利用した業務効率化の支援に加え、RPAに加えた高度活用を支援するサービスである。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。