特集
» 2021年06月16日 07時00分 公開

クラウドRPAの基礎知識 サーバ型との違い、メリット、テレワークへの効用

「RPAの予算や人材を確保できない」「テレワークでロボットを管理しにくい」といった課題の解決策として「クラウドRPA」が提示されるようになった。クラウドRPAと一口に言ってもさまざまな形態のサービスが存在する。オンプレミスのサーバ型とは何が違うのか。どのようなタイプがあり、メリットやデメリットは何か。基礎知識を紹介する。

[キーマンズネット]

クラウドRPAの基礎知識、なぜ今注目されるのか

 「RPA(Robotic Process Automation)の開発や運用を担える人材がいない」「対象業務が少なく投資対効果を得られない」「テレワークではRPAをメンテナンスできない」――これらの解決策として「クラウドRPA」がある。これまでサーバ型やデスクトップ型のRPAを中心に提供してきた大手ベンダー各社も2020年頃からクラウド型のRPAに注力している。

 クラウドRPAと一口に言ってもそのサービスや形態はさまざまだ。本ブックレットではクラウド型RPAとサーバ型との違いやクラウドRPAの3つのタイプ、導入するメリットやデメリットといった基礎知識を分かりやすく解説する。さらに、クラウドRPAを活用してテレワークでの生産性を上げる方法なども取り上げる。

ブックレットサマリー

  • クラウドRPAとは オンプレミスのサーバ型と何が違うのか
  • クラウドRPAの3つのタイプを整理
  • クラウドRPA、タイプ別のメリットとデメリット
  • テレワークで注目されるクラウドRPAとその効用
  • クラウド型RPA開発ツールの利便性

ブックレットのダウンロードはこちらから

 本ブックレット(全12ページ)は、キーマンズネットで掲載した解説記事を基に、製品名やその機能などをアップデートしたものです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。