特集
» 2021年06月21日 07時00分 公開

「Power Automate Desktop」のかんたん解説、Microsoftの無料RPAで何ができる?

MicrosoftがRPAツール「Power Automate Desktop」の無償提供を始めた。果たして何ができるのか。RPAの基礎から振り返り、簡単に解説する。

[Users Digital]

本記事は2021年3月17日の「Users Digital」掲載記事をキーマンズネット編集部が一部編集の上、転載したものです。(2021年6月24日3時18分 転載元コンテンツの内容変更に伴い、本記事も一部の記述を更新しました)

はじめに

 先日あるIT系のニュースを見て、正直驚きました。どのようなニュースかといいますと、MicrosoftがRPA(Robotic Process Automation)ツールの無償提供を開始したというニュースです。

 米Microsoftは3月2日(現地時間)、RPAツール「Power Automate Desktop」の無償提供を、Windows10ユーザー向けに始めた。オンラインイベント「Microsoft Ignite 2021」で発表した。

 Power Automate Desktopは、マウスのクリックやキーボード入力などの動作を自動で実行させられるツール。動作の組み合わせは、GUIのメニューをドラッグ&ドロップなど、コードを書かずに設定できる。ユーザーがデスクトップや「Microsoft Excel」などのアプリケーション上で行った操作を記録して再現することも可能だ。

 Power Automate Desktopは専用サイトで配布中。開発中の機能を早期提供する「Windows Insider」のプレビュー版にも今後数週間以内に搭載する。

 Microsoftは2020年9月に、Power Automate Desktopのプレビュー版を一部のユーザーに公開していた。同社はMicrosoft Ignite 2021で、Excelの数式をベースにしたプログラミング言語「Microsoft Power Fx」も発表しており、ローコードツールの普及や拡充を進めている。

出典:ITmedia NEWS「Microsoft、自社製RPAツールを全Windows 10ユーザーに無償提供 マウスクリックやキーボード入力をGUIで自動化」


 RPAや業務自動化という分野は、エンタープライズ市場でも注目されている分野で、2019年度は、企業向けソフトウェア分野で最も成長した領域であり、62.9%も伸びたそうです。そんな中、Microsoftが無償でRPAツールを提供するというニュースだったのです。

 働き方改革で、RPAや業務自動化という言葉は聞いたことはあるけど、「詳しくは分からない」という方もいらっしゃるかもしれません。「いざ業務自動化を!」と考えていらっしゃる方もおられるかと思います。

 本連載では、そもそもRPAって?という話を含め、Power Automate Desktopについて、複数回に分けて使い勝手などをご紹介したいと思います。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。